睡眠不足で過食になる!?驚くべきスイッチのしくみ

睡眠の時間が不足すると過食してしまうって知っていますか?

ストレスで過食してしまったり睡眠不足になるのは知られていますが、睡眠不足もまた過食を招く原因になります。

フラワーエッセンスは植物の物質的成分ではなくエネルギーを利用するため、直接身体に作用するものではありませんが、心に調和っと安らぎを与えることで結果的に身体にも良い効果をもたらすことがあるんです。

過食と睡眠の関係、また睡眠不足で過食を防止するためのフラワーエッセンスをご紹介します。

1.睡眠不足は過食の元!?

「仕事で満足な睡眠が得られない」「睡眠を削ってまでやることがある」「休みの日に寝溜めする」など、毎日忙しく動き回っていると日本人は睡眠を軽く捉えているところがあります

世界的に見ても日本人の睡眠時間は欧米の7~8時間と比べて明らかに短く、平均して5~6時間だといいます。

睡眠は食欲に関するホルモンに影響を及ぼして過食になるって知っていますか?

睡眠時間が減ることにより過食の行動が現れます。睡眠が足りていないからといって必ず現れるわけではないのですが、過食自体は多くの人に現れる行為なんです。

でも、どうして睡眠は過食に結び付くのでしょうか?

それは「睡眠と過食」というより、「睡眠とホルモン」の結び付きが関係してきます。

睡眠時間が不足すると脳が十分に休まっていないために極度のストレス状態になります。すると過食を増進するホルモン(グレリン)が増え、満腹感をもたらすホルモン(レプチン)が減ってしまいます。

この反応によって睡眠不足になると食欲は増すのに満腹感は得られなくて結果過食になったり過食気味になったりします。

理想とされる睡眠時間は個人差はありますが平均7~8時間といわれています。

寝溜めという言葉がよく使われていますが、”人間は本来、寝溜めが出来ない生き物“って知っていますか?

休日に睡眠が長くなるのは、単に普段の睡眠が足りていないため皺寄せが来ていたり、夜更かしをして体内時計が狂って睡眠自体の質が落ちているだけなんです。

2.タンパク質より脂肪分

睡眠と過食の関係について、短い睡眠の後、どれだけ食べれるかという実験が行われました。

4時間の睡眠の後に食事をしてもらったところ、十分に睡眠を取った翌朝よりも多く食べたといいます。

しかも、情報を処理するのに必要な脂肪分を多く摂り、身体に朝が来たことを認識させるのに必要なタンパク質は少なく摂ったとも。

つまり、睡眠が十分に得られなかったため、眠っている間に前日吸収した情報の処理がしきれず、脂肪分を身体が欲したということになります。

実は私もつい先日、夜中に目が覚めてそこから睡眠が浅くなって朝になってもスッキリせず、前日に貰ったフライドチキンを食べてしまいました(|| ゜Д゜)タイムリーな記事です(笑)

こうした睡眠不足で朝から脂っこいものを過食する日が続くと肥満リスクや生活習慣病にも影響してきます。

過食してしまうくらいスッキリしないなら寝ればいいと思うかもしれませんが現実問題として仕事に行かなければいけない日はそうも言ってはいられません。

もし寝直したとしても体力の回復などのメリットが十分に得られない場合もあります。何より朝方の睡眠というのは、太陽の光が入り寝ても熟睡出来ないため、夜、陽が落ちてから早めに寝ることをオススメします。

3.過食しないためには

過食を抑えるためには普段の生活から見直して質の良い睡眠を摂る必要があります。

日の光を浴びる

日の光を浴びることで朝である事を身体が認識し体内時計を整えます。そして日が傾くと身体を休めるために睡眠モードに導いてくれます。日の光は一日の生活リズムを正しくするために大切な役割があり、夜に眠気がきちんと来るからこそ朝は過食しなくて済むんです。

一日30分でもいいので日の光を浴びるようにしましょう。

栄養バランスはしっかり摂る

タンパク質は身体に朝が来た事を認識させる役割があります。卵や大豆製品、乳製品などはその代表です。朝食の定番とされる和食の献立(納豆・鮭・卵・味噌汁・ご飯)はその役割を担うにはピッタリなので睡眠不足を感じた朝はこの献立にすると過食防止になるのではないでしょうか。(ご飯は雑穀米にするとミネラルも摂取出来ますよ。)

昼の運動

日中、運動する事は身体を覚醒モードにし、夜は休めるために自然に睡眠モードになります。夜の運動は身体が覚醒してしまい、睡眠の妨げになりますが、日中であれば夜には徐々に鎮静化していくため心地よい睡眠がとれます。

朝に過食しないためには夜はしっかり睡眠を摂ることを心がけましょう。

目覚まし

目覚ましのスヌーズ機能というのは1回で起きれない人には一見画期的のように思えますが、5分起きに鳴るため睡眠時間をただ減らしているだけともいえます。そもそも何故、朝起きられないのでしょうか?それは夜更かしや不規則な生活が続くことで体内時計が狂ってしまい時差ボケのようになっているのが原因です。夜は寝るのが遅くなり、ケド朝起きる時間は変わらないとなると過食してしまうのは明らかです。

朝起きられないなら夜早めに寝る習慣をつけることが過食防止には大切です。

心地よい睡眠に入る為にホッとするオレンジのアロマオイル♪

4.フラワーエッセンスのご紹介

フラワーエッセンスという花療法を知っていますか?

自然界の花や植物には波動というエネルギーが備わっており、それを水に転写しただけの食品なのですが、時に人の心を癒す働きがあります。

フラワーエッセンスは植物の物質的成分ではなくエネルギーを利用するため、直接身体に作用するものではありませんが、心に調和っと安らぎを与えることで結果的に身体にも良い効果をもたらすことがあるんです。

睡眠不足や過食してしまうときなど、フラワーエッセンスは心の問題に優しく作用し、これまでの考え方や捉え方が変わることがあります。

✳フラワーエッセンス初級講座パート1✳

フラワーエッセンスって何!?フラワーエッセンスを使うことで何が起こるの?など、花の波動水の魅力を分かりやすく解説しています。

最近では某コスメ雑貨店を中心に注目が集まり、悩める人の力にもなっています。

詳しくはこちらのページをご覧ください⇒フラワーエッセンスについて

過食してしまうとき、「改善しよう↑」と捉えるか「どうせムダ↓」と捉えるか。フラワーエッセンスが変えてくれるのが、こういった染み付いてしまっている自分の考え方なんです。

睡眠不足による過食を防止する

フラワーエッセンスは使う人の意志に反応します。

「~なりたい」という、思うのみの意思から「~なる」という、志す意志になったとき、フラワーエッセンスは精神面に穏やかに作用します。

例えば…

ラディアントビューティー(by PacificEssences)

睡眠不足で寝ている間に処理しきれなかった情報を処理し翌朝過食しないよう手伝ってくれます。

スポンジ(by Pacific Essences  )

マインドと魂から不純物(疲労)を取り除き自由になる助けをします。

睡眠が足りていないとき、寝溜めすればいいと思っていませんか?フラワーエッセンスはあなたの意志に反応し、力になってくれますよ。

フラワーエッセンスに興味がある、使ってみたいという方はこちらをご覧ください。

フラワーエッセンスセッション

5.まとめ

いかがでしたか?

以上が「睡眠不足で過食になる!?驚くべきスイッチのしくみ」でした。

ストレスで睡眠不足になったり過食になったりするのは知られていますが、睡眠不足で過食になるのは以外な落とし穴ですよね。

でも、ホルモンの関係を知ると睡眠も軽視してはいけないと感じるのではないでしょうか。

朝、タンパク質は摂れていますか?

理想は上記のような和食ですが、忙しくて難しいときは乳製品やゆで卵だけでも朝食に取り入れるようにしてみてくださいね。

自分の今までの考え方を変えてくれるのがフラワーエッセンスです。花の波動で考え方が変わるなんて、なんだか素敵じゃないですか?

もし、人生悩んでいることがあったら試しに使ってみませんか。

ここはそんな心に悩みを抱えている人の為のブログです。

こちらの関連記事もご覧ください。

睡眠が浅いときにオススメのアロマ、使い方や注意事項とは