腸が痛いと下痢になる、吐き気や熱の症状から考えられる事とは

「お腹が痛い」と一般的に言いますが、その理由として具体的にどこが原因なのかが分からないのが背景ににあります。(同じお腹でも胃が痛かったらちゃんと胃が痛いって言いますよね。)

しかし、つながりを探ると下痢や便秘、、ガス溜まりが関係している事が多く、これらは腸内で引き起こされることから「腸が痛い」という事になります。

腸が痛いと下痢を引き起こすばかりでなく、食べ物が逆流して吐き気まで伴うことになります。

今回は、腸が痛いと下痢や吐き気がする症状について知っていきましょう。

1.「腸が痛い」とは

がどうなると私たちは痛いと感じるか知っていますか?

腸は便を作る大切な器官で、腸内環境がどうなっているかによって下痢にも便秘にもガス溜まりにも影響を与えます。また、腸が原因の病気によっては吐き気を伴うケースもあります。

「腸がどうなると痛いと感じるか」は、それを知るためにはまず、下痢になるしくみを知らないといけません。

下痢になる仕組み

腸というと私たちが認識しているのは小腸と大腸の2つ。消化器官の流れとしての順番は胃→小腸→大腸の順となり、これらの器官すべてで消化や吸収が行われます。

胃で消化された食べ物は小腸で更に消化吸収が行われ、大腸に到達する頃には水分の多いおかゆや雑炊のような状態になっています。そこから水分の吸収が行われ、程よい硬さにまとまった便となります。大腸の長さは約1.5m。固まっていく便を肛門の手前の排便待機場所・直腸にスムーズに運ぶために大腸の粘膜からは水分が分泌されます。

大腸では固形にするための「水分の吸収」と直腸まで便を運ぶための「水分の分泌」の両方がバランスよく行われており、これらが保たれてこそ正常な排便が出来るようになっています。

また逆を言うと、水分の吸収と分泌のバランスが崩れてしまうと下痢や便秘になってしまうんです。

下痢は何らかの原因で水分が便と共に多く排出した結果といえます。

考えられることとしては、、

  • 消化されてきた食べ物が大腸を速く通過してしまい水分が吸収しきれなかった。
  • 大腸の粘膜が炎症を起こすなどの病気で水分の吸収力が低下した。
  • 腸から分泌される水分や粘液が通常よりも量が増えた

お腹が痛いと感じるとき、場合によっては吐き気がしたり冷や汗が伴う事もあります。腸が痛いと感じるのは下痢で腸内の水分量が増え、腸壁が内側から圧力をかけていることを内臓の神経が察知し、痛いと感じるよう脳に伝えているからです。

下痢を起こしてお腹が痛い時、腸では体内の水分だけでなく塩分も失われており、脱水症状になりやすい状態になっています。白湯や常温のミネラルウオーター、スポーツドリンクなどでこまめに水分補給を行うようにしましょう。

また、下痢になると腸機能が過剰になっている可能性があるため、負担のかかる食事は良くありません。おかゆやうどんなど消化にいい食事を心がけましょう。また、コーヒーなどのカフェインはもちろん、炭酸飲料やビールは腸を刺激して痛いと感じてしまう恐れがあるためおススメ出来ません。

 2.下痢だけじゃない、吐き気や熱の症状もある病名は

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群の症状としては、腸が過剰になったり鈍くなったりして痛い下痢や便秘、ガス溜まりに悩まされるようになります。

下痢で腸が過剰反応して痛いと思うだけでなく、便秘で腸に便が長く停滞することで腸内が狭くなり痛いと感じたり、ガスが腸内で溜まって内側から圧迫され痛いと感じる事もあります。

これらは日常の生活面でも影響があり、過敏性腸症候群になったという事はすでに慢性化している可能性が高いと言われています。痛いレベルも鈍いものから差すような激しいものまであり、ときには吐き気さえ伴います。

過敏性腸症候群は何らかの原因で腸の機能が乱れる事便が正常に作られなくなり起こります。

検査をしても問題がないのに関わらず、下痢や便秘、ガス溜まりによる圧迫や吐き気が繰り返される症状です。

その原因として、睡眠不足や偏った食生活といった生活習慣の乱れや人間関係や日常でイラっとする出来事など日々のストレスの蓄積が関係しています。ストレスが溜まると過食や偏食、夜遅くまで飲み歩くようになり、それが朝まで残っているとおきた途端に吐き気に見舞われ、出し切ってしまうと吐き気も治まることが多いといいます。

また、夜遅くまで起きていることでお腹が空いてしまい、うどんやカップラーメンを食べてしまっても寝ている間は体内の機能も必要最小限しか動いていないため、消化不良を起こし起床と共に吐き気が起こる人も。

ストレス社会といわれる現代に急増している病気で、働き盛りの20~40代に多いとされていますが、真面目な人や繊細な性格の人責任感の強い人であれば子供からシニア世代まで発症しやすい、日本人の気質とも密接に関係しています。

緊張すると腸が刺激されることで痛いと感じたり不安になるあまり吐き気がする人も。

市販薬で下痢止めやガス溜まりの緩和剤なども売られていますが、これらはあくまでも下痢や便秘、吐き気といった症状を一時的に止めるためで過敏性腸症候群を根本から治すものではありません。改善するためには原因を知り、それを取り除かないと下痢や吐き気が治ったとは言えないんです。

胃腸炎

具体的にはノロウイルスやロタウイルスといった感染性胃腸炎と精神的なストレスが原因による神経性胃腸炎が挙げられます。

感染性胃腸炎は、腹痛や激しい吐き気に襲われると胃が痛いと感じるほどの嘔吐が止まらなくなり、下痢や熱を伴うケースもあります。個人差はあるものの、一度に何度も抑えられないほどの吐き気がして嘔吐してしまう事が多いですが潜伏期間は短く発症しても1~2日もあれば回復します。

感染者の嘔吐物や使用したものから感染する接触感染や飛沫感染が多く、主に冬に猛威を振るいます。

また、夏に猛威を振るう細菌性食中毒O-157も実は感染性胃腸炎の一種で発症すると胃腸の激しい痛みを訴え、吐き気や嘔吐、下痢を起こします。学校や施設など集団で発症することが多く、場合によっては死亡するケースもあります。

万が一、家庭で胃腸炎に発症した人が出たら、嘔吐物には触れず、感染者が触ったものにはハイターなどで消毒をするなどマスクをして感染のリスクを減らす事を心がけましょう。

3.下痢や吐き気を催す腸の役割

は胃から運ばれてきた食べ物を消化吸収し、不要物を体外に排出する役割があります。その他にも精神面と強いつながりがあり、「腸は第二の脳」といわれている程です。

腸の、動の面では大腸が大きく関わっていますが、静の面では小腸が大きく関わっています。

つまり、ストレスの影響を受けやすいのは小腸という事になります。

小腸にはセロトニンという神経のホルモンを分泌する役割があり、このホルモンが腸内環境を左右するといわれています。

セロトニンは精神面での安定や安心、安らぎを与える効果があり、別名「幸せホルモン」と呼ばれています。このセロトニンが少ないと精神的に不安定になってストレスを感じやすくなり、腸内環境を悪くするんです。また、身体の免疫機能とも関係していて、ウイルスや生活習慣病、アレルギーといった異常にしても小腸は大切な器官といえます。

免疫機能が下がると腸が痛い原因を作るのはもちろん、下痢や便秘、ガス溜まりにもなりやすく場合によっては吐き気にも見舞われます。腸全体を強くしてこそ、健康な体に近づく一歩なんです。

腸全体を強くする細菌

腸内にはウイルスを撃退する善玉菌、有害物質を発生させる悪玉菌、優勢な菌の味方をする日和見菌の3種類が存在しています。

割合としては日和見菌が一番多く、善玉菌が優勢であれば腸内環境も安全なのですが、もし、悪玉菌が優勢になってしまうと日和見菌は悪玉菌の味方をしてしまい、腸内環境は悪くなるばかりです。

加齢とともに進む善玉菌の減少

善玉菌として有名なのが乳酸菌やビフィズス菌です。特にビフィズス菌は乳幼児期が一番のピークで、その後年々減少していきます。

そのため、悪玉菌の割合は小学校に上がる頃から年々減少していき、還暦を迎えるころには多くの有害物質を作り出し免疫機能の低下も起こしやすいといえます。

ビフィズス菌を増やす

加齢だけではありません。ビフィズス菌はストレスや不規則な生活によっても減少してしまいます。

つまり、逆を言うとストレスを解消したり不規則な生活を改善すれば善玉菌を増やせるという事です。

オリゴ糖はビフィズス菌のエサとなるため、オリゴ糖を増やすことがひいてはビフィズス菌を増やすことにつながります。バナナや玉ねぎ、ゴボウ、大豆に代表されて含まれているため、これらの食材を日頃から積極的に摂るようにしましょう。

また、乳酸菌もビフィズス菌を増やす役割があると言われています。乳製品や発酵製品に含まれているので積極的に摂り、お腹が痛い事や下痢や吐き気を防止し強い腸を作りましょう。

✳フラワーエッセンス初級講座パート1✳

フラワーエッセンスって何!?フラワーエッセンスを使うことで何が起こるの?など、花の波動水の魅力を分かりやすく解説しています。

4.フラワーエセンスでストレス解消

ビフィズス菌はストレスによっても減少するという事は、ストレスを少しでも解消すれば減少を防げるのではないでしょうか。

ケイポックブッシュ(by AUSTRALIAN BUSH FLOWER ESSENCE)

諦めやすい人に、計画の全体像が見え、結果としてやり遂げることを助けてくれます。また、仕事の全計画を理解するサポートをしてくれるため、テクノロジーや機械関係の仕事をしている人にも適しています。

スピニフェックス(by AUSTRALIAN BUSH FLOWER ESSENCE)

病気に対してどうすることも出来ないと感じている人を助けてくれます。特にしつこく再発する病気や症状に悩まされている人に適しています。

 

今回は自分の体調にどこか諦めを感じている人に向けたエッセンスをご紹介しました。腸が痛いのを慢性的なものだから、自分の体質だからとどこかあきらめてはいませんか?治る可能性があるのならすぐにとは言いませんが少しずつ、いろいろ試してみませんか?

もちろん、目標によって合うエッセンスは違ってきますので、自分に合ったエッセンスは他にあるかもしれませんね。

5.まとめ

いかがでしたか?

以上が「腸が痛いと下痢になる、吐き気や熱の症状から考えられる事とは」でした。

病は気からともいうように自分の体質や体調は気分一つで変わるものです。

例えば、何か緊張することがあったとき、腸は痛いし、ドキドキして吐き気さえするときがありますが、その理由は知らず知らずの内に呼吸が浅くなってしまっており、深呼吸をすると落ち着きます。

下痢や便秘が続くのはどんな時ですか?何か苦痛に感じている事はありませんか?

諦めない事こそが自分の望む未来を切り開く方法なのではないでしょうか。

 

こちらの関連記事もご覧ください。

腹痛が続くと危ない!!女性は便秘になりやすい