下痢になるのは腸の痙攣によるもの

下痢は誰にでも起こりますよね。

一過性のものだったり慢性的なものだったり、下痢といってもその原因や起こるシーンはいろいろあるように下痢にもいくつかの種類があるって知ってますか?

その時、腸では何が起こってるんでしょうか。腸が痙攣するタイミングとは?

今回は腸の痙攣と下痢について知っていきましょう。

1.過敏性腸症候群にはタイプがあった。

「下痢」といっても原因や症状は様々で、通常、食べ物や飲み物が大腸で水分やミネラルが吸収され、残りを便として排泄します。健康的な便というのは水に浮かび黄褐色でバナナ状の形をしているといいます。

しか何かしらの原因で便が水分を大量に含み一日に何度も便をもよおすことがあり、これがいわゆる下痢といいます。

食べ過ぎや飲み過ぎにより下痢になることはあります。暴飲暴食は腸内環境が悪くなっているので下痢になることはあります。それに対しての対処もしないといけません。(例えば、食べた方がいいもの・いけないもの)

下痢の場合には水分補給も大切になっていきます。下痢だけでなく腹痛や嘔吐が起こった場合には食中毒などの病原菌だろうかと疑って慌ててしまいますが、そういうときのために下痢についてある程度の知識を知っておくといいですよね。

過敏性腸症候群は大腸の蠕動運動機能が痙攣により乱れることで下痢や便秘、腹痛などの症状を起こします。の神経が精神的ストレスや緊張により、便通に異常を起こしますが症状によっていくつかのタイプがあります。

交代性便通異常

便秘と下痢を交互に繰り返すタイプで痙攣性結腸ともいいます。自律神経が乱れて腸が緊張し、痙攣します。キュッっとくびれて腸が急に細くなり便の通過が妨げられるため便が硬くなってしまい便秘になります。

お腹がキリキリと苦しくトイレに入っても便もガスも出ず、出たとしてもウサギの糞のようなコロコロとした小さなものであることが特徴です。

また、腸が痙攣により蠕動運動が活発になり過ぎるために便が短時間に頻繁に送られ下痢となることもあります。そのときも腸は強い痙攣が起こりキューンと腹痛がします。

痙攣性の便秘は食後に強い腹痛を伴うのが特徴で、普通の便秘であれば腹痛が伴うことは少ないと言えます。

このタイプは社会人などの働き盛りの世代に多く、仕事や人間関係、不規則な生活などにより知らず知らずの内にストレスを感じ、蓄積させてしまう人にみられます。

神経性下痢

食べた物と関係なく、腸が蠕動運動をして伸びきっているときに痙攣して通常よりも活発に動くために下痢や軟便が起こります。腹痛はあったとしても排便後は収まります。

下痢は慢性的に起こる場合が多く、重症になるといつどんなときに下痢を催すか分からないため会社の出勤途中や学校に行く途中にすぐに入れそうなトイレを確認しておかなければいけません。中には途中で数回トイレに駆け込む人もいます。

休日に家でのんびりしているときや、平日帰宅したときなどリラックスしているときは下痢の症状はなく通常の排便になっていることが多いです。

頻繁に下痢になること以外には身体的な苦痛がないのも特徴の一つです

粘液性下痢

激しい腹痛を起こし、大量の下痢と粘液を排出します。正常便と粘液の排泄を繰り返すタイプと下痢と粘液の排泄を繰り返すタイプの人がいます。

腸から始まる

生きていく上で大切な栄養を体内に摂取し、不要なものは体外へ排出するのは基本中の基本です。しかし、そこにストレスが加わると腸内環境が悪くなって下痢や便秘の様に腸を初め、身体の機能は正常に働かなくなることもあるんです。

腸を正常に働かせるには善玉菌が必要不可欠で摂り入れることによって腸の機能が正常化し、下痢も改善されます。

腸内環境を整える

ジャンクフードやコンビニ食品には添加物がたくさん含まれており腸内の環境を悪くしてしまい、消化機能が低下する他、免疫力も低下します。腸内が弱くなることで腸が正常に働かなくなり、下痢になってしまいます。

季節に合った旬の野菜や善玉菌を増やして腸を正常な状態に戻すことが下痢を改善することに繋がります。

2.慢性下痢型とは

慢性下痢とは、その名前の通りいつでもどこでも下痢になるタイプで特に食事をした後に下痢になりやすい事があげられます。慢性下痢型は腸の蠕動運動中に痙攣して活発になることで下痢になるため、食べ物が腸に入るとすぐに消化しようとしてしまうんです。慢性下痢型の人は食べると腸から排泄までが通常より短時間で行われるため、痩せ型であることが特徴でもあります。

腸が痙攣すれば消化機能が早くなるため食べ物から栄養や水分を吸収できません。水分を吸収できなければ便は水分を多く含んだまま下痢となって排泄されてしまいますが栄養素を全く吸収できないわけでもなく、体重が急激に減ることはありません。しかし、食べる量や食品によっては体調を崩したり体重が減ってしまう事もあります。(ちなみに私はカップメンを食べるとすぐに腹下しをします・笑)

下痢型の場合、水分不足を気にしなければいけません。一度にたくさんの水分を摂ると腸を刺激しすぐに排泄されてしまうため、少しずつたくさんのむようにしてください。

水分であれば何でもいいわけでもありません。コーヒーや緑茶などカフェインが入ったものや身体を冷やすものは腸を冷やしてしまいます。ハーブティーやルイボスティーはオススメですし、白湯もお腹には優しいですよ。

食事も味が濃いものや塩分の強いものは余分な水分を溜めこむため良くありません。パンやパスタには口に入る前に多くの塩分が加わります。ケチャップやマヨネーズ、ソースにドレッシングといった調味料にも気をつけましょう。

一番いいのはお米です。ゆっくりよく噛んで食べるようにしましょう。

3.下痢になる原因はストレス

下痢は健康な人でも起こりますが、慢性的に続く原因の多くはストレスが関係していると言われています。病院で検査をしても特に問題がなく過敏性腸症候群と診断されます。この病気は腸の痙攣により下痢だけでなく便秘になる人もいれば、下痢と便秘が交互になる人もいます。

下痢の原因がストレスの場合、それによって引き起こされる症状でまたストレスとなり負の連鎖を生むことになります。

通勤途中やテスト前、大事な場面でトイレに駆け込みたくなる事がよくあり、自分でも原因が分からず精神的に参ってしまいうつ病になる人もいます。リラックスしているときには下痢が起こりにくい事から精神的に弱いと言われることも。

下痢が続く場合には一度病院へ行ってみましょう。それによって回避できる症状かも知れませんし重篤な症状の可能性もあります。ストレスは誰にでもありますし、ストレスがあっても下痢にも便秘にもならない人は腸内環境がいい人なのでしょう。

腸ではたくさんのホルモンも作られます。そのホルモンがたくさんあるとストレスに強く、下痢にならないんです。昼間、陽の光を浴びるとセロトニンという安心や精神の安定を図るホルモンがたくさん分泌されます。これが不足するとうつ病などの精神疾患に陥ったり自律神経が乱れたりします。自律神経の乱れは腸に悪影響を与えストレスに弱く、腸を痙攣させて下痢を引き起こしてしまいます。

腸の痙攣を回避するためには生活習慣を見直して自律神経を整え、セロトニンをたくさん分泌させる事が必要不可欠なんです。

4.フラワーエッセンスにレスキューしよう

✳フラワーエッセンス初級講座パート1✳

フラワーエッセンスって何!?フラワーエッセンスを使うことで何が起こるの?など、花の波動水の魅力を分かりやすく解説しています。

下痢はちょっとの心的要因により腸を痙攣させ軟便を促進してしまいます。そのため、緊急時に心を落ち着かせ、ポジティブに物事を考えられるようにフラワーエッセンスで気持ちをシフトさせてみませんか?

サーフグラス(by Pacific Essences)

弱々しい人や強情な人、プライドが高い人の極端な状態を中和し正反対のものを受け入れてうまく溶け込むようサポートしてくれます。恐れを軽減し心に勇気を与えます。安定性と柔軟性に根ざした真の勇気と強さを与えてくれます。

パイナップル(by スピリットインネイチャーエッセンス)

自分への自信や自分の能力への信頼を思い出させてくれます。不安や自己への疑い、内気な状態に。

 

下痢になる人は自分に自信がないために不安になってしまったり緊張しすぎる人が多い傾向にあります。上記の2本はそんな人にピッタリなのではないでしょうか。自分の目標によっては他にピッタリのエッセンスが見つかるかもしれませんね。

5.まとめ

いかがでしたか?

以上が「下痢になるのは腸の痙攣によるもの」でした。

下痢型といってもさらに細かくタイプがあるって知ってましたか?

下痢タイプでも便秘タイプといっても腸が痙攣して蠕動運動を乱すことに変わりはありません。どちらも腸内環境を整える事がお通じを改善させる一歩なんですね。

 

こちらの関連記事もご覧ください。

ガスが溜まりやすい!?それって腸が痙攣してるカモ