職場で起きている嫌がらせのアレコレ、どう対策する?

職場での嫌がらせっていつの時代になっても尽きることがありませんよね。

しかも原因はほんの些細な出来事だったり、考えてもまったく思い浮かばないこともあります。

一度職場で始まるとどんなに小さな嫌がらせでも対策しておかないと次第にエスカレートしたりいじめに発展する場合もあります。

職場で嫌がらせなどトラブルに巻き込まれたときの対策は?また、それらを乗り越えるためのフラワーエッセンスをご紹介します。

1.職場の嫌がらせとは

職場で嫌がらせは受けていませんか?

一日の半分以上の時間を過ごす職場という狭い空間は私生活とは違った特別な世界観がありますよね。このような場所では変な力関係が生まれ嫌がらせが起きやすいといいます。

誰でも嫌がらせはされたら困りますよね。

嫌がらせはイタズラとイジメの間程度のものがネチネチと続く事をいいます。たとえ小さなものであったとしても、何日も続くならストレスも溜まってきます

そもそも職場自体が仲良しグループではありません。

お給料をもらうため、生活していくため、やりがいを得るために集まっているので当然気の合わない人も出てくるでしょう。そんな人と多くの時間を多くの日数一緒にいることになるんです。

職場で起こる嫌がらせは何らかの対策を早い段階でしておかないと次第にエスカレートし、いじめに発展したり、自らが職場を去ることにもなりかねません。

また対策を講じたことで関係がより悪化することも考えられるため、どの様な対策を講じるのかも重要になってきます。

~嫌がらせの種類~~~

  • 社内連絡が来ない
  • 嫌味を言われる
  • 本人を前にして悪口や陰口と言う
  • 仲間外れ
  • 大量の仕事量を押し付けられる
  • ミスを押し付けられる
  • 理不尽な指示をされる
  • 権力を振りかざす

など

2.職場で嫌がらせされてしまうありがちな原因

職場で嫌がらせをされてしまう原因はどんなものがあると思いますか?

職場での嫌がらせは突然始まります。

される側は皆、嫌がらせする人の突然の行動に「え、何!?」「ちょっと待ってどうしたの?」「意味分かんない」と戸惑いますよね。

職場での嫌がらせの原因はほんの些細な事が原因である事が多く、嫌がらせをして相手を困らせたい自分の思い通りにしたいと思っている心理の表れだといいます。

‘‘アイツの企画が採用された‘‘、‘‘同じことをしたのにあいつだけが評価された‘‘、‘‘○○さんだけ贔屓されてズルい‘‘と、嫉妬や自信のなさから自分をレベルアップするのではなく、相手を下げようとしてしまいます。

人には無意識の内に自分が決めた境界線があります。

そこを他人が越えたからといってその人の責任ではありませよね。しかし、境界線を越えたことによって相手を警戒し自分に対しての危険人物のように思ってしまいます。

上に行こうとする向上心やモチベーションを上げようとせず、自分には出来ない・なれないといった限界を勝手に決めてそこから飛び出した人を妬んで嫌がらせをするのは御門違いです。

職場はそういう事をするところではありません。

しかし、職場はお友達だけの世界ではないために嫌がらせが起きやすいともいえ、対策が必要になってくるんです。

対策は職場で自分を守ってくれるものと捉えましょう。

3.対策を考える

職場での嫌がらせは仕事への影響や周囲の人間を巻き込みたくないという思いから自分で対策できるなら、出来れば大事にしたくないというのが私たちの心理ですよね。

しかし、職場という仕事をする場所で私情を挟んで嫌がらせをしてくる人自身がそもそも間違っているんです。

我慢しているとストレスになっていろんなところに影響が出る可能性がありますので、そうなる前に対策出来るなら早めにしてしまいましょう。

自分で原因になるような事を思い返してみる

いつ頃から職場で嫌がらせが始まったのか、その直前に相手と何を話したのか思い返してみましょう。嫌がらせの原因は自分の思いもよらない所にあったりするものです。日記やメールを読み返してみてもいいでしょう。それで心当たりがない場合は周囲に相談してみましょう。

職場以外の人に相談する

職場の中で相談すると誰が見えない所に嫌がらせの協力者がいる可能性もあります。嫌がらせが悪化してしまう場合もあるため、社外の人に話してみるのも立派な対策だと思います。

フラワーエッセンスはアロマと一緒にディフューザーで使うのもオススメ!

これはあくまで一例なので有効な対策か対策として役に立たないかどうかは相手の性格を見極めたうえで判断する事をおススメします。

相手の事を認める

考え方やこれまでの仕事ぶりを認めたりその上で頼る。嫌がらせを受けていると抵抗があるかもしれませんが相手によっては効果がある場合も⁉

無反応

職場での嫌がらせに対して過剰に反応せず、あえて無反応を貫くというのも一つの対策です。反応しそうなのをグッとこらえるだけでも飽きたり物足りなさを感じて回数が減っていくといいますが、人によっては無反応に起こってしまう人もいるようなので注意が必要なようです。

直接聞く

嫌がらせをする理由を本人に直接聞いてみるのも対策といえます。もし自分に原因があると分かったときはきちんと謝罪をしましょう。しかし、直接聞いてきたことで逆上するタイプにはおススメ出来ません。

上司に相談

上司に相談する場合は嫌がらせの証拠は集めておく事が大切です。どの様な嫌がらせか、メールやメモ、日記も重要な証拠になります。出来れば録画や録音も用意できるといいでしょう。また異動システムのある会社なら異動願を出してみるのも対策になります。

辞める

これは最終の対策にとっておきましょう。就活は大変ですし退職理由として詰まる所になるので、辞めずに済むなら対策としてそれに越したことはありません。しかし、異動がない中小企業などの場合、嫌がらせの辛さから逃げるように辞めてしまう人もいるようです。

4.フラワーエッセンスのご紹介

フラワーエッセンスという花療法を知っていますか?

自然界の花や植物には波動というエネルギー(気)が備わっており、それを水に転写しただけの食品なのですが、時に人の心を癒す働きがあります。

アロマのように成分は一切入っておらず副作用もないため、赤ちゃんやお子様、妊婦さんにも安心して使っていただけます。

職場で嫌がらせにあっているときなど、フラワーエッセンスは双方の心の問題に優しく作用し、これまでの考え方や捉え方が変わることがあるんです。

✳フラワーエッセンス初級講座パート1✳

フラワーエッセンスって何!?フラワーエッセンスを使うことで何が起こるの?など、花の波動水の魅力を分かりやすく解説しています。

最近では某コスメ雑貨店を中心に注目が集まり、悩める人の力にもなっています。詳しくはこちらのページをご覧ください⇒フラワーエッセンスについて

職場で嫌がらせにあっているとき、「対策しよう↑」と捉えるか「ただ辛い↓」と捉えるか。フラワーエッセンスが変えてくれるのが、こういった染み付いてしまっている自分の考え方なんです。

嫌がらせの対策を考える

フラワーエッセンスは使う人の意志に反応します。

「~なりたい」という、思うのみの意思から「~なる」という、志す意志になったとき、フラワーエッセンスは精神面に穏やかに作用します。

例えば…

ブルールパン(by Pacific Essences )

明晰さと正確な思考

きちんと現実を理解できずに混乱しているときに意識をフォーカスして物事の本質をはっきり見る事、物事をシンプルに明瞭に考える事を助けます。

ルチレイテッドクォーツ(by PHI Essences  )

悩みのルーツを見つけ出す助けに。感情経験の場所である太陽神経叢が強くなるので、感情的に安定する。

職場で嫌がらせにあっているとき、対策しようと、フラワーエッセンスはあなたの意志に反応し、力になってくれますよ。

フラワーエッセンスに興味がある、使ってみたいという方はこちらをご覧ください。

フラワーエッセンスセッション

5.まとめ

いかがでしたか?

以上が「職場で起きている嫌がらせのアレコレ、どう対策する?」でした。

一言に嫌がらせと言っても程度の軽いものから重いイジメレベルのまであります。そのため、対策も状況に応じて様々あり相手の性格をよく見極めたうえで行うのが重要になってきます。

上記の対策は程度の軽いものですが、それによって逆効果になる可能性もあります。

嫌がらせは一度始まると簡単に収まるものではありません。

一人での対策や解決が難しいと感じた時には誰かに相談したり力を借りたりしてみましょう。

自分の今までの考え方を変えてくれるのがフラワーエッセンスです。花の波動で考え方が変わるなんて、なんだか素敵じゃないですか?

もし、人生悩んでいることがあったら試しに使ってみませんか。

ここはそんな心に悩みを抱えている人の為のブログです。

 

こちらの関連記事もご覧ください。

独身は会社を辞めたいと思ったらいつでも辞められる。30代の再出発!