年や遺伝のせいと思っていたその白髪、実は精神的ストレスが原因だった!?

白髪の生え始める場所は人それぞれ。

こめかみから白くなる人もいれば中心部から生える人もいます。

また、生え始める時期もそれぞれですよね。若白髪という言葉があるように早いうちから生える人もいれば年をとっても数本程度しか生えずいつまでも黒々としている人もいます。

白髪が出来るのは精神的ストレスが関係していた?

今日は白髪と精神的ストレス、白髪の生える場所について知っていきましょう。

1.白髪のメカニズム

髪の毛は頭皮にある毛細血管から栄養を受け取って伸びていきますがこのときに作られたばかりの髪の毛は最初は無色の白髪なんです。これに色素細胞が作ったメラニン色素が混ざって黒髪や茶髪、金髪になります。

しかし、色素細胞がストレスにより自律神経が乱れたり何らかの原因で正常に活動出来なくなるとメラニン色素が作れなくなり無色の白髪のまま伸びていく事になるんです。

ということは…

色素細胞が正常に活動すればメラニン色素が白髪に混ざって元の髪色に戻るのでしょうか?

白髪はどうやってできるの?

白髪が加齢により中年期から生えてくるという考えはもう昔の話。

最近では若白髪と言われている通り白髪の低年齢化が起こっているのを知っていますか?

加齢に負けず、精神的ストレスによって白髪が生える若い世代が増えているんです。

忙しい毎日にじっくり鏡を見ている余裕もなく、いつの間にか白髪が部分的な場所にだけ集中して生えているのに気づいてショックを受けた記憶がありますよね。

女性は受容の生き物なのであらゆる精神的ストレスやプレッシャー、刺激や攻撃を受け止めてしまうんです。

人間関係による精神的ストレス、仕事による精神的ストレス、育児や子育てによる精神的ストレス、夫による精神的ストレス、災害による精神的ストレスなど数々の場面で強いストレスを感じることはありませんか。

精神的ストレスの感じやすい環境にいると自律神経が乱れて白髪が増加してしまうんです。

また、白髪が生える場所って人によって違いますよね。

全体的に白くなる人もいれば部分的な場所にのみ集中する人もいます。

実は、部分的な場所に集中するのにはワケがあるんです。

白髪を単に年齢的なものと思っていませんか。白髪はそのままにしておく必要はありません。

精神的ストレスによる白髪だって対策をすれば髪色が戻る可能性があるんです。

2.精神的ストレスによる影響

白髪が生えることの一つとして自律神経が影響していることが考えられます。

強い精神的ストレスを受けたりストレスの蓄積などによって自律神経が乱れ交感神経を優位にします。それにより極端に血管を収縮させ筋肉を固くし血流を悪くして栄養の運搬を鈍らせ、色素細胞の原料となる栄養が毛根まで届かなくなってしまいます。

白髪は精神的ストレスによって血流が鈍くなり栄養が毛根まで届かない事が影響しています。

また、頭皮自体を傷めつけるのもよくありません。

例えばドライヤーや整髪料、白髪染めは使っていてもダメージがないように思えますが、頭皮からすると乾燥や毛穴が詰まる原因になり負担になっているんです。紫外線は夏だけでなく、1年を通して常に降り注ぐので頭上から頭皮を刺激し続けている状態です。

シャンプーも頭皮に直接つけてはいけないって知ってますか?

シャンプーは髪を洗う為のものですが直接つけて泡立てるのはご法度なんです。頭皮の汚れを落とすには、シャンプーをつける前にお湯で良く洗うだけで大概の汚れは落ちます。そのあとにシャンプーをよく泡立てたものを髪につけるんですよ。

白髪の生える場所には意味がある

白髪が生えるとき、部分的な場所ごとにまとまって生えていませんか?

全体的にではなく、部分的な場所に白髪が急増した人は精神的ストレスによって白髪が増えた可能性があります。

実はその場所には意味があるんです。

白髪が急増した場所、どの場所に集中して生えているかによって体の不調が分かるんです。

  • 頭頂部・・・胃の病気や不調(消化不良・胃潰瘍など)
  • 頭頂部(左)・・・肝臓の病気や不調(イライラする・バセドウ病など)
  • 頭頂部(右)・・・腎臓の病気や不調(むくみ)
  • つむじ・・・肺や心臓の病気や不調(呼吸器系のトラブルなど)
  • 前頭部・・・肛門の病気や不調(痔や便秘)
  • 額やこめかみ・・・目の疲れ
  • 耳の周り・・・歯や歯茎の病気や不調(虫歯・歯肉炎・歯槽膿漏)
  • 後頭部・・・生理不順・不妊・精力減退

白髪の生えている場所を確認してみてください。場所の不調に関して心当たりはありませんか。

上記の場所に部分的に白髪が増えた人は一度病院に相談してみるといいと思います。

加齢による白髪の場合は全体的に生えるものですが上記の場所に固まって生えているときは身体に何らかの不調が起きているのかもしれません。

3.白髪になったらもう元には戻らないの?

精神的ストレスで一度白髪になってしまうともう元には戻らないのでしょうか?

加齢によってできた白髪とは違い、精神的ストレスによって偏った場所に出来た白髪は「想定外の白髪」なので白髪になった原因を突き止めて解消すれば元の髪色に戻る可能性があります。

強い精神的ストレスは一時的に毛根が栄養不足になるために色素細胞が弱って色を作れなくなるんです。精神的ストレスが減ると色素細胞が元通り元気になるのでストレスがかかる以前のようになり白髪は黒髪に戻ります。

白髪対策

白髪になるのを防止したり精神的ストレスを増やさないために以下の事を心がけましょう。

  1. バランスの良い食事を心がける⇒栄養不足はストレス耐性が弱まる為、大豆製品や海藻、鉄分を多く摂る
  2. 胃腸の調子を整える⇒体の栄養状態が悪化するため
  3. 夜は質の良い睡眠を心がける⇒髪を成長させるホルモンは寝ている間に多く分泌されます
  4. 頭皮マッサージをする⇒頭皮が硬いのは白髪が生える原因です
  5. 髪の分け目の場所を変える⇒分ける場所が同じだと紫外線の影響が同じ場所に集中するため分ける場所を変える
  6. 半身浴をする⇒40℃のお湯は副交感神経を刺激し毛細血管を拡張します
  7. 育毛剤を使う⇒身体の外側から直接毛根に栄養を届け、頭皮を保護・保湿する
  8. ストレスを溜めない⇒白髪が出来る元なのでストレスは適度に解消する

栄養のある食事を心がけ、質の良い睡眠をし血行を良くすることで白髪は元の黒髪に戻る可能性があります。

簡単にあきらめてしまわずに出来そうなことから行っていきましょう。

それが白髪を改善する一歩となります。

4.白髪を増やさないためにフラワーエッセンスでストレスを解消しよう

✳フラワーエッセンス初級講座パート1✳

フラワーエッセンスって何!?フラワーエッセンスを使うことで何が起こるの?など、花の波動水の魅力を分かりやすく解説しています。

白髪を増やさないために、白髪にならないために精神的ストレスはフラワーエッセンスで解消しましょう。

スポンジ(by Pacific Essences)

被害者意識の強い人や自分の意見に固執してしまう人に。こだわりを手放し自由になるよう助けます。流れに身を任せリラックスするようサポートしてくれます。

エンデュランス(by ヒマラヤンエンハンサーズ)

白髪に関する不適切な考え方や思い込みを和らげ、若々しい気力や活力、耐久力をサポートします。

 

白髪は加齢や遺伝によるものだけではなく精神的ストレスによっても出来てしまうんですよと教えてくれてるみたいですね。また、白髪が出来る場所も実は体の不調と関係していることも分からなかったですしね。

5.まとめ

いかがでしたか?

以上が「年や遺伝のせいと思っていたその白髪、実は精神的ストレスが原因だった!?」でした。

私も強い精神的ストレスを感じたことがあります。

2011年の地震で帰宅難民になり、ある場所だけに白髪が出来るようになりました。

まだ20代ど真ん中だったんですけどね(笑)完全に帰宅難民になった精神的ストレスでした。

ストレス社会の今、ストレスによる白髪は低年齢化を帯びてくる可能性もあります。そうなる前に早めの対策をするようにしましょう。

ルイボスティーはストレスの軽減や快眠、美容や老化防止、二日酔いにも最適です☆

こちらの関連記事もご覧ください。

精神的ストレスから仕事を休むのはアリですか?