精神的ストレスが原因と診断された症状とは

精神的ストレスは常に私たちの生活と隣り合わせ。

強い精神的ストレスを受ければ一度で、弱いストレスであってもストレスの積み重ねで病気になることもあります。

精神的ストレスが原因の症状とはどんな病気があるのでしょうか。

今日は精神的ストレスが原因で起こる症状について知っていきましょう。

1.精神的ストレスはあらゆる症状を引き起こす

精神的ストレスは決して悪いものではありません。

あらゆる症状や病気の原因になりますが、ある程度であれば役に立ってくれるからです。仕事や宿題、毎日の家事で今やらないといけないのに何故かやる気が出なくてだらけてしまう、眠気が襲ってきてしまうときに適度にアドレナリンを分泌し緊張状態にしてくれます。

しかし、これも過度になり過ぎたり長期間この様な状態が続いてしまうと精神的ストレスによって様々な症状や疾患、病気が引き起こされてしまいます。

また、精神的ストレスと言っても全員が全員同じ症状になるとは限りません。ストレスの原因は全身に張り巡らされているストレスホルモンと自律神経が大きく関わっており、この2つが乱れることによって起こります。

ストレスホルモンはストレスが生じると身体がストレスと戦おうとホルモンをたくさん分泌することにより血圧を上げたり結構血を高めたり痛みを感じにくくさせる働きがあります。

また、自律神経は交感神経が優位になることで緊張、興奮し呼吸や脈拍が早くなり全身の筋肉が緊張状態になります。

ストレスホルモンは血液によって全身をめぐり、自律神経もあらゆる臓器や器官に分布しているため、過度のストレスによって自律神経のバランスが崩れると全身に症状が生じてしまいます。だから、精神的ストレスが原因の症状というのは多岐にわたり、どれが原因なのか究明には非常に難しいんです。

精神的ストレスの症状として、身体的に症状に出る人、精神的症状に出る人、行動に出てしまう人に分けられ、この中でもさらに細かくたくさんの症状に振り分けられます。

2.精神的ストレスで起こる症状

上記の最後に出てきた記述からも分かるように精神的ストレスは様々な病気の原因になります。

身体的症状

精神的ストレスで身体的に症状が現れる場合、何が思いつきますか?

以前と比べてちょっとした身体の変化を感じ取ったらそれは精神的ストレスで身体に出てしまっているのかもしれません。(ちなみに皮膚が弱い私はおとといからじんましんが出ています。)

  • 頭:頭痛や頭が重いと感じる
  • 目:目の痒みや疲れ目
  • 耳:耳鳴りや耳閉感
  • 口:口の渇きや食べ物の味を感じにくい
  • 首:首の痛みや首のしびれなど
  • 肺:息苦しさや深く息を吸えない
  • 心臓:動悸や胸痛
  • お腹:喉の詰まりや吐き気、お腹が張った感覚、減肥や下痢、おなら、胃もたれ、胃の痛み
  • 膀胱:頻尿や血尿、残尿感
  • 皮膚:寝汗や発汗、痒みやじんましん
  • 四肢:手足のしびれや脱力感、異常な感覚、冷えなど
  • 全身:だるさやめまい、ふらつきや眠気、微熱など

過度の精神的ストレスはこれだけの身体的症状を起こしやすいんです。このように精神的ストレスが原因で身体に問題がでる症状を心身症と言います。

精神的症状

精神的症状は身体的症状と違い、身体に現れる訳ではないので原因がはっきりせず単なるストレスだと思われがちですが、これも立派な精神的ストレスによる症状です。精神的症状も身体的症状と同じように過剰なストレスホルモンや自律神経の乱れによって起こると考えられます。

過度の精神的ストレスは下記のような症状を起こします。

  • 気分の落ち込み
  • 何をするにも気力がわかない
  • 楽しいと思えない
  • 集中できない、簡単なことも覚えられない
  • ミスが多い
  • 悲しい、寂しい
  • 小さなことでも不安になる
  • イライラする
  • 絶望・無気力
  • 自分に価値を見出せない
  • 死にたい

精神的症状は気持ちが常に後ろ向きになってしまう場合に起こります。

ストレスに気づかず上記の症状を起こしてします疾患に「適応障害」があります。うつ病もストレスによって発症することがあり他にもパニック障害や社会的不安症、統合失調症などが挙げられます。

活動的症状

精神的ストレスは普段の何気ない動作ででも影響することがあるので注意が必要です。

活動的症状はストレスホルモンや自律神経が直接の原因になるわけではありません。精神的ストレスから逃れるためや不安定になるところを付かれないようにするためです。

  • お酒やビール、アルコール依存
  • 薬物依存・危険ドラッグなどへの依存
  • 買い物依存、ギャンブル依存
  • 危険行動(暴走運転、信号無視)
  • ストレス食いと自己誘発性嘔吐
  • 性的逸脱行動(痴漢、盗撮)
  • 暴言暴力喧嘩
  • 自傷行為、自殺
  • 不眠
  • 食欲不振
  • 過食

精神的ストレスを受け続けると何かに依存していないといられない辛さというものがあります。しかし依存は一過性のものにしかすぎずやり続けると依存状態になってしまい、なかなかそこから抜け出せない状態にもなります。

ストレスはどの様に発散していいかわからず方法によっては危険なことをしてしまう場合もあります。

3.ホントに精神的ストレスが原因なの?

精神的ストレスはあらゆる病気を引き起こすため、○○になったから精神的ストレスが原因だ!とは限りません。ストレスが原因なのかストレス以外が原因なのかは本人でさえ判断がつきにくく、悩んでいる人が多いのが現状です。

何かに直面しているときにだけ強い反応が現れるというのならそれはストレスによるものなのでしょう。しかし、実際にはそうでない時にも起こることがある場合、どちらともいえない状況は私たちの判断を鈍らせるだけになります。もし、身体的症状に現れているのであればそちらを重点的に見てもらった方がいい時もあるんです。

ストレスを全く感じていない人はほとんどいません。生きていれば必ず何らかのストレスにさらされながら生きていますし、何か症状が出た場合、それはストレスによるものですかと聞かれるとそうかもしれないしそうでないかもしれない。どちらともいえないという状況になってしまいます。

ホントに精神的ストレスが原因なのかと聞かれるとそれを見分けるのは困難で、ストレスは人によって感じ方がちがいます。そのため、その人にとってストレスがどのくらいのものなのか、それを受けてどうなったのかが曖昧になってしまいます。

自分にはストレスはない、思いつかないという人でも知らず知らずの内に何らかのストレスを抱えているものです。しかし、だからといってストレスが原因ではないということにはなりません。

4.精神的ストレスはこまめに解消する

✳フラワーエッセンス初級講座パート1✳

フラワーエッセンスって何!?フラワーエッセンスを使うことで何が起こるの?など、花の波動水の魅力を分かりやすく解説しています。

病気や疾患にならないために私たちが出来ることは精神的ストレスは受けたらその都度こまめに解消することです。自分でストレスがあることを自覚している人も自分ではストレスは感じていないと思っている人も少なからずストレスは抱えているもの。

その日一日の疲れはその日の内に解消すれば症状になやまされることもなくなります。その日の内に出来るストレス解消法を書いてみました。

  • 歌う
  • 泣く
  • 笑う
  • 読書
  • ハーブティーを飲む
  • 散歩
  • 誰かに話す
  • 映画を見る
  • お風呂に入る

わざわざ休みの日にストレスを解消しに行かなくても夜遅く仕事帰りでもたくさんのストレスの解消法があります。

精神的ストレスで何か症状が出る前に自分で出来るストレスの解消法を見つけましょう。

5.フラワーエッセンスは精神的ストレスに聞く

病気や症状が現れる前に精神的ストレスはフラワーエッセンスで解消できます。

ジャカランダ(by AUSTRALIAN BUSH FLOWER ESSENCE)

自分の抑えが効かず気が変わりやすい人、それにより他の意見に左右されやすい人に

クラガオーキッド(by ヒマラヤンエッセンス)

自分自分と他人に対して、許しの心を開きます。自分への許し、そして人物であれ、感情であれ、何であれ、心の痛みとなっている相手を許せるようサポートしてくれます。

 

精神的ストレスは自分自身にというより相手がいて、その相手に対して何らかのわだかまりを抱えている場合がほとんどです。相手を許すことは簡単なことではありません。だからこそフラワーエッセンスでわだかまりを解消し症状を起こさないことは必要不可欠といえます。

6.まとめ

いかがでしたか?

以上が「精神的ストレスが原因と診断された症状とは」でした。

精神的ストレスと診断される可能性のある症状はとても多岐にわたりますが、絶対に精神的ストレスが原因ですとは一概に言えない症状でもあります。

人は目で見える事や自分が元々知っている物差ししか信じない傾向にあるので精神的ストレスとは考えない人が多いのが現状です。

身体的症状が出たときは病院に精神的症状が出たときはお風呂にゆっくり浸かるなどしてまずは気を落ち着かせるのもいいかも知れませんね。

ルイボスティーはストレスの軽減や快眠、美容効果や老化防止、酒による二日酔いにも最適です☆

こちらの関連記事もご覧ください。

年や遺伝のせいと思っていたその白髪、実は精神的ストレスが原因だった!?