精神的ストレスは吐き気や腹痛を引き起こす

毎日の学校や会社に行く時、行事や企画のプレゼンの直前になると決まって吐き気や腹痛が起きていませんか?

「休みの日だと何ともないのにどうしていつもこんな時に限って…」

トイレに駆け込んでしまう程の急激な吐き気や腹痛はこれらが始まってしまうと「さっきのは何だったの?」とばかりに自然に収まってしまうことも少なくありません。

吐き気や腹痛などの症状の原因は精神的ストレスによるものが考えられます。

今日は精神的ストレスからの吐き気や腹痛についてお伝えします。

1.精神的ストレスは身体的問題に

毎日の生活の中でストレスを感じない人はいないと思いますが、精神的ストレスを抱えている人はどのくらいいると思いますか?

精神的ストレスは大人だけではなく幼稚園児の様な子供まで抱えており「学校や会社に行かないといけない」、「今から発表しないといけない」という極度の緊張やプレッシャー、精神的ストレスから脳に伝わり吐き気や腹痛といった身体的問題を引き起こすことがあります。

本人意思とは関係なく、無意識の内に脳や各器官に危険信号を送ってしまう精神的ストレスは次第に慢性化してくるようになると、何年も悩まされる人もいるんです。

私も子供の頃から何年も精神的ストレスにより腹痛に悩まされてきました。

学校行事のときの緊張やドキドキ、苦手な授業があるストレス、社会人になってからも通勤中、お客様からのクレーム対応や起伏の激しい上司に当たられるかと思うと会社が近づくにつれてお腹が痛くなり到着するとすぐにトイレに駆け込む毎日でした。

毎朝の激しい腹痛は授業や仕事が始まると自然に収まっていました。

精神的ストレスが原因の吐き気や腹痛はその人にとってストレスとなる出来事が始まってしまうと収まることも珍しくないんです。

子供の頃から起きる精神的ストレスによる吐き気や腹痛を起こしやすい人は以下の特徴が挙げられます。

  • 真面目で完璧主義
  • 几帳面で繊細
  • 神経質
  • 偏食気味な人
  • 失敗への恐れがある人
  • 人前が苦手な人

これから始まる事柄に対して楽観的に考えらず自分を悲観的に考えてしまう事により症状となって表れてしまいます。

2.精神的ストレスからの吐き気

精神的ストレスにより、もし頻繁に吐き気を催す場合は神経性嘔吐症の疑いがあります。

精神的ストレスからの吐き気は強い緊張やプレッシャーから脳が嘔吐中枢を刺激されることで起こります。

特に病気でもないのに吐き気を催したり気分がすぐれない、嘔吐を繰り返すのに腹痛もなく便通にも異常がないのが特徴で、元々は嘔吐中枢が発達していない子供に多い症状と言われていました。

しかし、近年では大人でも強い精神的ストレスから吐き気を起こすケースが増えてきて問題となっています。

仕事に行く事自体が憂鬱であったり、上司との人間関係で精神的ストレスを感じていたり、会議やプレゼン前の緊張から吐き気を催すといったケースがあります。

神経性嘔吐症は腹痛の様に条件反射で起こる事が少なくないため、人前で吐き気がして吐いてしまうのではないかという恐怖感に駆られる人もいます。そのため、人前で吐き気を催すのを恐れて引きこもりになってしまうことも。

嘔吐中枢は自律神経により脳やのど、心臓、消化器官とつながっておりストレスを抱えると脳にストレスが伝達され、脳から神経を通って嘔吐中枢に伝わることから吐き気や嘔吐が誘発されてしまいます。

3.精神的ストレスからの腹痛

精神的ストレスや不安、緊張、プレッシャーから腹痛や下痢、便秘といった症状が起きることがあり、この症状が慢性化した状態が過敏性腸症候群といいます。

ちょっとのストレスでさえ腹痛を起こし、緊張を強いられる前や毎朝の通勤ラッシュも精神的ストレスに感じると腹痛を起こしてしまいます。

胃腸と脳は自律神経により綿密につながっておりストレスを抱えるとまず脳にストレスが伝達されます。脳に伝達されたストレスは神経により腸へと伝達され腸が刺激を受けることによって腹痛や下痢といった症状が起きます。これが頻繁に起こると少しのストレスでも脳と腸が反応してしまい、ちょっとの不安や緊張でも腹痛を起こしてしまうんです。慢性化するとまた腹痛が起きるのではないかという不安が原因で実際に腹痛が起きる場合もあります。

特に朝の時間帯は学校や会社の事で不安や緊張、憂鬱感やプレッシャーなど精神的な状態がストレスへとなり腹痛や人によっては吐き気も起きてしまいます。

私もそうでしたが、通勤途中に腹痛が起きることも珍しくなく、朝の駅のトイレは行列が出来ている日も珍しくありませんでした。お腹が痛いのにすぐにトイレに駆け込めないのもさらに精神的ストレスを悪化させていたと思います。

ストレス社会と言われている現代では私を含めこの病気に悩まされている人も少なくなく、日本人成人の10~20%が精神的ストレスにより腹痛がなるといいます。

4.ストレスを溜めこまない

✳フラワーエッセンス初級講座パート1✳

フラワーエッセンスって何!?フラワーエッセンスを使うことで何が起こるの?など、花の波動水の魅力を分かりやすく解説しています。

ストレス社会でストレスをなくすというのは難しいと言えますが、ストレスを感じてもそれを軽減させたり、ストレスを溜めこまず、その日のうちに解消させることが大切だと私は思います。

精神的ストレスを軽減させるためには日常生活を見直すことが大切です。

睡眠はきちんととれていますか?

特に睡眠は精神的ストレスを溜め込まないようにするためにとても大切です。睡眠不足だと十分に休息出来なかったことから肉体的に疲れて思うように体が動かない事があります。これは表面的な疲れに留まらず、体内の各器官も十分に休息を取らないと正常に作用しなくなり、いずれは病気のもとになります。

また、精神的にも満足に睡眠がとれていないと脳内でその日に起った情報の整理が間に合わず新しい発想も思いつかなくなります。少し寝ただけでも頭がスッキリして冴えることがありますよね。正しい判断をするためにも睡眠は身体だけでなく脳にもなくてはならないものなんです。

また、寒くなってくると腹痛の人は下痢を起こしやすくなります。腹痛の人にとって冷えは下痢の大敵なのでお腹を冷やさない事を心がけてください。腹巻を使ってもいいですし、私が行って効果があったのはカイロをお腹に入れる方法でした。貼るカイロだとあまり温かさを感じない人は貼らないカイロの方が保温の温度が高いのを知っていますか?私は貼らないカイロを使ってやっと温まる状態でしたが温度が高い分、低温ヤケドをする恐れがあるので注意が必要です。

食事は3食とれていますか?

朝はギリギリまで寝ていたい、時間がなくて食べれない、コーヒーだけという人もいると思います。しかし、1日の体のリズムを整えるのは朝食からです。せめて栄養補助食品でもよいのでなるべく朝食は食べるようにしてくださいね。

忙しさのあまり昼食を抜きで仕事をし続ける人も少なくありません。手軽に食べられるサンドイッチは栄養に欠かせない野菜も挟まれているので時間がないときにおススメです。

また、お腹に優しいうどんやおかゆもおススメです。夜の内に作って朝食として食べたりジャーボトルに入れてお弁当として昼食に食べるのもいいですね。

アルコールやカフェインも吐き気や腹痛のある時はオススメできません。更なる体調の悪化を防ぐためにもアルコールはなるべく控えてノンカフェインのハーブティーを飲むようにしましょう。

適度な運動はしていますか?

適度な運動をする時間もない人は駅では階段を使う、お風呂上りは欠かさずストレッチを実践してみてはいかがですか?

風呂上がりにストレッチをすることで血流を良くし、駅の階段を利用することで運動代わりにしましょう。

天気のいい日には外出を

天気のいい日には外出することを心がけてはいかがですか?

ストレスを軽減するセロトニンというホルモンがあるのですが、これは日中にたくさん分泌されて夜になると分泌量が減少します。安心や精神の安定、心を整えて落ち着きを取り戻すセロトニンはポジティブな思考にするのに欠かせないホルモンなんですよ。

5.フラワーエッセンスは精神的ストレスを解消します

精神的ストレスからの吐き気や腹痛を解消するためにフラワーエッセンスを使ってみませんか?今回のテーマにピッタリのエッセンスをご紹介します。

バランサー(by Pacific Essences)

ストレスが溜まっていたり、何らかのトラウマによって縛られている心身の調和を取り戻しバランスを整えてくれます。ストレスに囲まれているときに肉体的、精神的、また感情的にも作用し、心を落ち着かせ力強い生き方を取り戻せるようサポートしてくれます。

サーモンベリー(by Pacific Essences)

特に肉体に作用し、人生の様々な体験によって体に染みついたブロックや慢性的な停滞パターン(精神的ストレスによる吐き気や腹痛など)を解消するよう助けてくれます。肉体的に影響を及ぼしているネガティブな思考を解消するようサポートしてくれます。

 

バランサーは緊急用のエッセンスとしてネガティブなものオールマイティーに作用してくれるのでとても便利なエッセンスです。サーモンベリーは肉体的なこと様なので体調が悪くなってしまう人におススメなエッセンスです。

6.まとめ

いかがでしたか?

以上が「精神的ストレスは吐き気や腹痛を引き起こす」でした。

精神的ストレスはしばしば私たちの体に何らかの悪影響を及ぼします。

私の場合は腹痛でしたが、吐き気がする人もいれば頭痛がする人もいます。肩が痛くなる人もいます。

社会で学校で日常で精神的ストレスがなくなることは決してありません。

私たちが出来るのは起こったストレスはすぐに解消するか緩和するか、自分なりのストレス解消法を持たないといけない時代といえます。

ルイボスティーはストレスの軽減や快眠、美容や老化防止、酒による二日酔いにも最適です☆

こちらの関連記事もご覧ください。

ストレスが原因の過食、その対策法