感受性が強すぎる人とは、適した職業も紹介します

「感受性が強い」と言われたことはありますか?

些細な事にも敏感に反応してしまったり人間関係から自分にこの職業は合わないかもしれないと悩んだことはありませんか?

感受性が強すぎるために悩みが多いと仕事も長続きしないですよね。「自分みたいな人間にはどんな職業が向いているんだろう。」

そんな悩みに感受性が強すぎるってどんな人をいうのか、適した職業についても紹介していきます。

1.感受性とは、強すぎるってどういうこと?

”感受性”とは何かを感じ影響を受ける性質の事をいいます。

目に見える物ではなく、人の気持ちやその場の空気や雰囲気を察する能力を言い、それが強すぎるということはとても敏感に察してしまう性格となります。

アメリカでは感受性が強すぎる人をHighly Sensitive Person(とても敏感な人)と呼びます。

周囲よりも物事を重く繊細に捉えることが出来るため、一見とても秀でた能力のように思いますが、繊細で真面目・引っ込み思案・神経質・打たれ弱い・コミュニケーションが苦手・メンタルが弱いなど、感受性が強すぎると生きづらさを感じてしまいます。

感受性は誰もが持っているものです。

しかし強さは人によって異なり、弱い人もいれば強すぎる人もいます。

例えば、風邪やインフルエンザにかかっている患者がいる病院や家で「なんか空気悪いなぁ」と思ったことはありませんか?

それが感受性で、目には見えないけれど自然や芸術、人の感情や言葉の裏の意味など感覚的に何かを感じる力が感受性が強すぎる人は生まれつき敏感に備わっているんです。

ちなみに感受性が強すぎるという言葉と似た意味で感受性が豊かという言葉もあります。

これは”強すぎる”が物事に過敏に反応してしまうのに対し、”豊か”は物事の見方や捉え方が豊富という意味になります。

言ってくる方は実は違いをよく分かってなくて混同して伝えてる可能性もありますのでもし、感受性が強すぎると言われたら自分で調べてみましょう。

また、自分は感受性が強すぎるのか知りたいという方はこちらの記事で自己診断してみてくださいね。感受性が強すぎる人や豊かな人は共通点が多いんです。感受性が豊かとは!?強いとどう違うの?意味を知って自己分析してみよう

感受性の第一人者アローン博士の著書

2.どんな職業が向いてるの?

感受性が強すぎる人はいろいろなものに対して過敏に反応しやすいため、傷つきやすく職業でとても苦労しています。

特に人間関係は共感力が強いため、大勢と付き合うより親しい数名で行動するのを好みます。また、どうしても内向的な性格のため一日中没頭するような職業でないと難しいと見られています。

しかし、そのうちの30%は社交的な性格を持ち合わせているとも言われています。

顧客の細かいニーズや気持ちに気づいて解釈するところは他より優れているため、サービス業のような人と関わる職業は実は向いてるんじゃないかと考えられており、豊かで繊細な感性は悩みに関する職業や小説家などの作家、芸術分野の職業で光る可能性があります。

研究者・技術者

研究職や技術職といった職業は人とあまり関わることないためメンタルが傷つくこともなく、一日の大半の時間を作業に没頭していられるので感受性が強すぎる人には最高の職業ではないでしょうか。固定概念に捕らわれない感性や自由な発送、思考の転換は他より勝っているため、通常では思い付かないような発見や研究結果、新たな技術を生み出すことができます。

サービス業

サービス業は人と関わる職業のため、一見してストレスが溜まりやすく感受性が強すぎると向いていないように思えます。接客業は相手の求めるものを感じとり、マニュアルに+αしてどのようなことをすれば収益に繋がるのかを考えないといけません。しかし、感受性が強すぎると相手の様子を見て何を求めているのか、何を言うべきかを考える事が出来、要求に答えることも可能になります。

カウンセラー

カウンセラーはクライアント自身が言いにくいような悩みや本人すら自覚していないような悩みでさえ気づかないといけない職業です。感受性が強すぎると相手のちょっとしたしぐさや言葉だけでなく、表情からもクライアントの心情を読み取ったり、気遣いやそれに合わせた対応をとるのにも長けています。また、感受性が強すぎる人は人を癒す事に幸せを感じる傾向にあります。カウンセリングを必要とするクライアントを助けることにやりがいを感じ生き生きと働けるカウンセラーはピッタリの職業ではないでしょうか。

作家

関わるのは担当編集者くらいの作家は他とのコミュニケーションを必要としておらず、一番自分の世界に没頭できる職業です。自分の自由な発送や文章の書き方は感受性が強すぎる人ならでは。それが作品として世に出て読者に読んで幸せな気持ちになれば自分の喜びにも変わります。敏感でいて豊かな思考は読者を自分の世界に招いて幸せな気持ちにする事が出来る最高の職業です。

芸術家

画家や音楽家、デザイナーなども自分の世界に入る職業です。繊細で豊かな思考や発想は数々の作品として世の目に触れ、感動されることが自分の喜びや幸せにつながります。繊細ゆえにちょっとした変化で思うように作品が作れないときもありますが、良好な天候や、また違うちょっとした変化で素晴らしいものを生み出す可能性もある職業です。

幼稚園

純粋な感性を持った子供達は毎日が楽しくキラキラと輝いて見え、幸せを感じます。大人になるに連れ感受性は薄れていき、なかなか理解されなくなってきますが、子供の中にいればそのようなことはなく、子供の純粋な感性に合わせられるため感受性が強すぎる人に向いている職業です。

植物関係

言葉を話さないモノからエネルギーを感じ取り、それにより元気になったり気分が前向きになったりする人は花屋さんや造園業、林業などの職業がオススメです。植物の生命エネルギーを感じたり時には癒されたりしながら働くことが出来、毎日が楽しく充実したものになるのではないでしょうか。

動物関係

植物同様に動物とも言葉で話すことは出来ませんが、コミュニケーションが取れます。また心の繋がりを大切にするため、深い絆で結ばれる関係にもなれます。人の悪意やずるさなど良くない部分を感受性が強すぎると敏感に感じ取ってしまうため、悪意のない動物からの素直なスキンシップはストレスを感じることのない職業といえます。

3.感受性が強すぎる人と付き合っていくには

感受性が強すぎる人は他人の感情や裏の良くない部分を敏感に感じとりトラブルにならないようにすることができるため職業によってはとても優秀な人材です。共感心が強いと、他人の立場になって親身にもなれるため客の立場からしても好かれやすいといえます。周囲からは「いい人」「優しい人」と思われ、集客に繋がると喜びを感じこの職業につけて良かったと思うのではないでしょうか。

しかし、「繊細過ぎる」「扱いが難しい」「きっと許してくれる」「疲れる」という印象もあるため、その裏でストレスを溜めていたり気を落とすこともあります。

独特の感性を持った感受性の強すぎる人は理解されないと孤独感を味わったり感情の浮き沈みが激しくなりがちです。

感受性が強すぎるあまりに苦しめられている人がいます。

このような人は「強くならなければ」「前向きになりたい」とメンタルを強くして乗り越えようとしますが、感受性はいろんな分野で磨けば光る原石です。

感受性を活かすためには出来るだけ気持ちをおおらかになれる環境を選び、傷口に塩を塗るような人間関係は避けるようにしましょう。

感受性の強すぎるところが長所と考えるような人と付き合い、味方になってくれる人間関係をたくさん作ることが人生で大切なことなのかもしれませんね。

こちらの記事もご覧ください⇒人生も仕事も自分で選ぶ、辛いならムリする必要もないんじゃない?

日本で感受性の研究を行っている長沼医師の著書

4.フラワーエッセンスのご紹介

フラワーエッセンスという花療法を知っていますか?

自然界の花や植物には波動というエネルギーが備わっており、それを水に転写しただけの食品なのですが、時に人の心を癒す働きがあります。

この職業向いてないんじゃないかと考えたり感受性が強すぎると悩んでいる人など、フラワーエッセンスは心の問題に優しく作用し、これまでの考え方や捉え方が変わることがあるんです。

✳フラワーエッセンス初級講座パート1✳

フラワーエッセンスって何!?フラワーエッセンスを使うことで何が起こるの?など、花の波動水の魅力を分かりやすく解説しています。

最近では某コスメ雑貨店を中心に注目が集まり、悩める人の力にもなっています。詳しくはこちらのページをご覧ください⇒フラワーエッセンスについて

悩みがあるとき、「その都度解消しよう↑」と捉えるか「自分はどうしてダメなんだろう↓」と捉えるか。フラワーエッセンスが変えてくれるのが、こういった染み付いてしまっている自分の考え方なんです。

メンタルを強くする

フラワーエッセンスは使う人の意志に反応します。

「~なりたい」という、思うのみの意思から「~なる」という、志す意志になったとき、フラワーエッセンスは精神面に穏やかに作用します。

例えば…

バランサー(by Pacific  Essences  ) 

自分の内側の荒れ狂った感情などを穏やかにしたい場合に役立ちます。速やかに心のバランスを取り戻し心の平穏が得られます。

ブライトゥンユアデイブレンド(by Power  of  Flowers  Healing  Essences  )

憂鬱感や絶望感、失望感、物悲しさ、など後ろ向きな感情全般を自然に和らげてくれます。新しい希望や新たな発想など自分のプランを立て直すときにも役立ちます。

考えすぎてしまうことやストレスは誰にでもあります。しかし「変わる」と決めたとき、フラワーエッセンスはあなたの意志に反応し、力になってくれますよ。

フラワーエッセンスに興味がある、使ってみたいという方はこちらをご覧ください。

フラワーエッセンスセッション

5.まとめ

いかがでしたか?

以上が「感受性が強すぎる人とは、適した職業も紹介します」でした。

現代の日本は同じ方向をみて行動する協調性を重んじる社会のため、感受性が強すぎるなど何かに秀でている特徴があると生きにくい国といえます。

上記の向いてる職業は悩まないかといわれると決してそうではなく、サービス業などは上司や同僚間の人間ん関係で悩むときもあるでしょう。また、思うように仕事が進まないと気落ちしてしまい、この職業は自分に合っている職業なのか考えてしまうこともあるでしょう。

そんなときこそフラワーエッセンスを使ってみませんか?

自分の今までの考え方を変えてくれるのがフラワーエッセンスです。花の波動で考え方が変わるなんて、なんだか素敵じゃないですか?

もし、人生悩んでいることがあったら試しに使ってみませんか。

ここはそんな心に悩みを抱えている人の為のブログです。

こちらの関連記事もご覧ください。

仕事の不安を解消しよう、未然にミスを防ぐには