寝起きに腹痛がする原因や対処とは、寝冷えに注意

寝起きは誰だってスッキリ目覚めたいものですよね。

しかし、寝る前の行動や寝ている間に起きていることによって寝起きから腹痛に悩まされる人がいます。

朝は時間がないのに腹痛なんて起こしていられないですよね。

何故、寝起きから腹痛が起きるのでしょうか、その原因は?

今回は寝起きの腹痛と原因について知っていきましょう。

1.寝起きに腹痛が起こる原因は?

寝起きは気持ちよく目覚めたいものですが中には目覚めてすぐに腹痛が起きる人がいます。

寝起きは一日の始まりであり、覚醒したばかりで何かに悩んでいたわけでも動いていたわけでもありません。

何故このようなことが起きるのでしょうか。寝ていただけで腹痛が起きる原因になるのでしょうか。

腹痛の原因で心当たりはありますか?

原因1:前日の食事

  • 昨晩の夕食で食べ過ぎた、または食事の時間が遅かった。
  • 夜遅くまで飲み歩いた
  • 夕食後にスナック菓子や炭酸飲料など間食をした
  • 寝る前にお腹が空いてカップラーメンやうどんなどを食べてしまった

前日の食事で上記に当てはまることはありませんか?

寝る前、最低2時間は食べ物を口に入れてはいけないといいます。それは摂取したものを消化する時間に関係しています。前日の食事が胃腸に負担のかかるものだと消化不良を起こしますし、食べてすぐに寝ると体内では消化機能がスリープモードで必要最低限の動きしかしないため食べ物を消化しきれずに胃腸で停滞してしまいます。その間に悪玉菌が繁殖してしまうと生ごみが胃腸に留まっている様なものなので寝起きで覚醒したときに腹痛の原因となるんです。

消化不良が原因で寝起きに腹痛が起こるのであれば、疲れている胃腸を休めるべきだと思います。

辛いものや脂っこいものなどは胃腸に負担をかけてしまう原因となりあまり良くありません。また、下痢を起こしてしまう人は便と一緒に水分も排出されてしまい、体内でプチ脱水症状が起きています。スポーツ飲料や経口補水液などの水分をしっかり摂るようにしましょう。

原因2:過敏性腸症候群

過敏性腸症候群とは近年増えつつある現代病のひとつで過度の不安や緊張が原因で自律神経や腸の動きが乱れて腹痛や下痢や便秘が起きてしまう事を言います。

血液検査や内視鏡検査では腸内の炎症反応などが見られないにも関わらず慢性的に腹痛が起きます。

老若男女問わず、大事な会議や試験直前、行きたくない場所に行かなければならないときなど体が過剰に反応します。この状態が何日も続くとちょっとのストレスが原因でも反応してしまい、腹痛を起こしてしまうんです。

  • 腹痛からの下痢⇒冷たい食事や飲み物を控え、乳製品や脂肪分の多い食品は控える
  • 便秘で腹痛⇒バナナやゴボウなど食物繊維の多いものを摂る
  • 便秘と下痢を交互に繰り返す
  • ガス溜まりで腹痛⇒うどんやスープなど消化に良い物を摂る

いずれも腸での消化不良が原因で腹痛が伴うことが分かっており、寝起きや朝方、日中に多いといいます。また、ストレスが原因のため、自身の休みの日には怒らないのが特徴です。食事面でも症状の出方によって気をつけるべき点が違ってきます。

ストレス性というとうつ病が有名ですが、近年では過敏性腸症候群も子供から大人まで幅広く増えつつあります。病気と知られてから若いだけあって熟年の医師や長年の伝統を重んじる医師には理解が得られていない場合があります。

原因3:寝冷え

寝冷えも寝起きに腹痛がする原因というのは知ってますか?

寝冷えとは寝ている間に体が冷えてしまう事で起こります。睡眠中は体温が下がるため、薄着で寝ていたり寝相が悪くて睡眠中に布団を剥いでしまったり、お腹が出てしまうのが原因で身体が冷えてしまいます。

寝冷えを起こすと寝起きと同時に腸が機能を日中モードにするため収縮して腹痛を起こし下痢になるというわけです。

この症状はエアコンをかける夏場や季節や天候の変化に伴い急激に気温が下がると起こしやすいと言いますが、寝相が悪い人は一年を通してこの症状にかかりやすいと言えます。

寝冷えが原因での腹痛はお腹を冷やさないようにするのが一番です。薄着をしない。お腹を出さないように腹巻をする。布団をどうしても剥いでしまう人はいっそのこと寝袋を使うなどの対策が必要ではないでしょうか。

2.腹痛から考えられる病気

寝起きの腹痛の原因は、日々のストレスや生活習慣の乱れによるものです。

しかし、決してこれだけが腹痛の原因ではない事も考えられ、何かの病気や疾患の症状が原因である可能性もあります。

お腹の中にはたくさんの臓器や器官があり、胃・小腸・大腸・すい臓・肝臓・胆のうの消化器系だけでなく、子宮や卵巣といった婦人科系の臓器、膀胱や尿管といった泌尿器系の臓器が腹痛の原因となる事があります。

腹痛と下痢や便秘、ガス溜まりだけでなく、吐き気や嘔吐、発熱や腹部に違和感がある場合は早めに病院を受診しましょう。

3.寝起きの腹痛を予防するには

寝起きの腹痛が起こらないように予防するためには日頃から気をつける事がいくつかあります。

暴飲暴食に気をつける

ストレスから暴飲暴食をする人がいますが、胃腸が疲れる原因になります。早食いも噛む回数が少ないため満腹中枢満たされず食べ過ぎの原因になり、噛む回数が少ないと消化にも悪いため良くありません。

食事は一日3食栄養バランスのとれたものを規則正しく摂ることが大切です。ゆっくりよく噛んで食べ、食後は最低2時間は胃腸を休ませるようにしましょう。

またアルコールやコーヒーなど消化器官に刺激の強いものの取り過ぎは良くありませんので注意しましょう。

ストレスや疲れを溜めない

疲れやストレスは自律神経のバランスが乱れる原因となり、胃腸の動きを悪くして寝起きに腹痛を起こしやすくします。

気持ちよい寝起きを迎えるためにもリラックス出来る時間を作りお風呂にゆっくり浸かりぐっすり眠るといいでしょう。

映画を観る・音楽を聞く・入浴剤を入れる・質の良い寝具を使うことは疲れを取るのに重要な事です。たかが寝具や入浴剤とは思わずに忙しい人ほど日常のものに気を遣うのは大切なことですよ。

適度な運動を心がける

適度な運動は気分転換やストレスの解消になるだけでなく、自律神経を伝わって胃腸の機能を助ける働きがあります。忙しくて運動をする時間がないという人はエスカレーターやエレベーターでなく階段を使う、風呂上がりにストレッチをする、家事をしながら運動などをしてみてはどうでしょう。

お腹を守る

寝冷えする人は寝るときのパジャマや寝具にも気を使いましょう。

寝起きに腹痛が起きないようにズボンインする、インナーに気を遣う。腹巻をしてお腹を冷やさないようにしましょう。

4.フラワーエッセンスのご紹介

フラワーエッセンスという花療法を知っていますか?

自然界の花や植物には波動というエネルギーが備わっており、それを水に転写しただけの食品なのですが、時に人の心を癒す働きがあります。

悩みやストレスなど、フラワーエッセンスは心の問題に優しく作用し、これまでの考え方や捉え方が変わることがあるんです。

✳フラワーエッセンス初級講座パート1✳

フラワーエッセンスって何!?フラワーエッセンスを使うことで何が起こるの?など、花の波動水の魅力を分かりやすく解説しています。

最近では某コスメ雑貨店を中心に注目が集まり、悩める人の力にもなっています。

詳しくはこちらのページをご覧ください⇒フラワーエッセンスについて

悩みがあるとき、「解消しよう↑」と捉えるか「どーにも出来ない↓」と捉えるか。フラワーエッセンスが変えてくれるのが、こういった染み付いてしまっている自分の考え方なんです。

フラワーエッセンスは使う人の意志に反応します。

「~なりたい」という、思うのみの意思から「~なる」という、志す意志になったとき、フラワーエッセンスは精神面に穏やかに作用します。

フラワーエッセンスでストレスを溜めない体にしよう

寝起きに腹痛を起こさないためにもストレスを解消したり腸の調子を整えたりしましょう。

ビーイングトゥルーワース(by Pacific Essences)

家族や周囲の期待が大きすぎて重荷に感じたり自分の本当の居場所ではないように感じられる人に。本当の自分を見つけ自分らしく生きられるように。新しい考えや姿勢を取り入れ、古い考えを手放せるように。

セージ(by PHI Essences)

自分の人生でネガティブな感情を浄化するのを助け、自分の中にある元々のリズムに効果的に連れ戻してくれます。

セージは太陽神経叢にも働きかけるため腸の運動にも働きかけてくれるのではないでしょうか。

腹痛が起きる元々の原因やこうなりたいという気持ちによっても合うエッセンスというのは違ってきますので自分に合うエッセンスはほかにあるかもしれませんね。

悩みやストレスは誰にでもあります。しかし「変わる」と決めたとき、フラワーエッセンスはあなたの意志に反応し、力になってくれますよ。

フラワーエッセンスに興味がある、使ってみたいという方はこちらをご覧ください。

フラワーエッセンスセッション

5.まとめ

いかがでしたか?

以上が「寝起きに腹痛がする原因や対処とは、寝冷えに注意」でした。

寝起きに腹痛が起きるのは腸の働きが乱れる事で起こりますが乱れる原因は自分の行動や感情など様々です。

一刻の感情に任せて体調を悪化させないようにしましょう。

来月からは季節は冬に変わりますので寝冷えにはくれぐれもご注意くださいませ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ルイボスティー(2.5g×100個入)/オーガニックルイボスティー(3g×50個入)
価格:1000円(税込、送料無料) (2018/1/22時点)

 

フラワーエッセンスを飲み物に入れるなら、ノンカフェインのルイボスティーがオススメ!!

 

こちらの関連記事もご覧ください。

寝起きに起きる腹痛・下痢・吐き気とは