寝起きに起きる腹痛・下痢・吐き気とは

寝起きは最初、誰でもボケーっとしてしまいますが、そこを急な腹痛や下痢、吐き気に襲われるとびっくりして「何だ?」って思いますよね。

朝の時間がないときにトイレにこもってしまうのは出来れば避けたいものです。

腹痛や下痢、吐き気の原因は何なのか、どうして寝起きに起こるのか。

今回は寝起きの腹痛・下痢・吐き気について知っていきましょう。

1.どうして寝起きに起きるのか

寝起きに腹痛から下痢になったり吐き気をもよおすといった症状は一過性の人もいれば慢性的に続いている人もいます。

一回だけならまだしも寝起きに何日も続いてしまうというのは体に何が起こっているんでしょうか。

寝起きに症状が起きる事の原因として前日の行動が関係している場合があります。

例えば、、食事。前日の夜遅くまで飲み歩いていたりたくさん食べ過ぎたなんてことはありませんか?また、夜遅くに小腹が減った、お腹が空いて眠れないなどといって夜食と称してカップラーメンやスナック菓子、炭酸飲料、普通にうどんやおにぎりを食べることはありませんか?

寝起きに腹痛や下痢がしたり吐き気があるのは前日の夜に過度な食事で胃腸に負担をかけたことが原因と考えられます。

食べたものを体内で吸収分解し栄養とならないものを体外へ排出するまでに最低2時間はかかるといいます。

大量の飲食や寝る直前の飲食は睡眠によって体内の機能が低下するため、処理できないといつまでも留まっているかたちとなり、胃腸に負担をかけるんです。そのため、寝起きに吐き気や腹痛、を起こしたり下痢をすることになります。

このような日々はやがて逆流性食道炎や十二指腸潰瘍、胃腸炎といった病気を発症させてしまいます。

寝起きの腹痛や下痢、吐き気はケースによっては病院に行って治療を受けた方がいい場合があるので注意が必要です。

これはあくまでも可能性の一つであり、必ずしも原因が暴飲暴食ではない事もあるので自分の生活習慣や日々の行動についてよく知る事が重要です。

原因が分かればそれを改善することにより、腹痛も吐き気も下痢も治せるんです。

2.腹痛や下痢、吐き気は病気?

寝起きに腹痛や下痢、吐き気が頻繁に起こったり繊細な人、真面目な人、最近ストレスを感じる人は過敏性腸症候群の疑いがあります。

過敏性腸症候群はストレス社会と言われる現代で最近になって発覚した現代病の一つで、急に腹痛がして下痢や便秘、吐き気やガスといった症状が現れるのが特徴です。

過敏性腸症候群は不安やプレッシャーといった後ろ向きな感情に過剰に反応し、腹痛を起こさせてしまいます。

「お腹が痛くなったらどうしようという」考えですらストレスに感じてしまうんです。このような感情を脳が感じると脳が交感神経を過敏にし、神経を通して密接に関係している腸にダイレクトに伝えます。そして腸に伝わると腸は普段の機能が乱し腹痛や下痢が起きてしまいます。

特に一日の始まりである朝は緊張感などストレスを感じやすく、吐き気も起きやすいといえます。

何日もこのような症状が続くと慢性化してしまい、ちょっとのストレスでも自律神経が乱れ、腹痛や吐き気を起こしたり、寝起きは毎朝下痢に悩まされる可能性もあります。

過敏性腸症候群に悩まされる患者は多く、かつて心の病気というと「うつ病」が有名でしたが近年ではこの病気と並ぶほどだといいます。

3.ストレスで腹痛や下痢、吐き気が?

寝起きに急に腹痛や吐き気、下痢が毎朝起こしやすい人は性格や癖、生活習慣などに共通点があります。

  1. 責任感が強い
  2. 大きな仕事を良く任される
  3. 自分の意見が言えない
  4. 休日返上で仕事しかしない
  5. 趣味がない
  6. 繊細な性格
  7. 断り切れない
  8. 押しに弱い

寝起きですぐに腹痛や下痢、吐き気を起こしやすい人は上記の共通点が当てはまる人が多いです。

腹痛や下痢、吐き気などの症状が何日も続く様なら思い切って休んでみるのも大切になってくると思います。

疲れは蓄積され過ぎると自律神経が乱れ腹痛を起こしやすくなります。

自分たちの心や身体は自律神経によって保たれておりこれが乱れると病気や疾患になるなど大きな影響を与えることがあります。自律神経の働きが狂えば胃の調子を悪くして吐き気がしたり腸の調子を悪くして下痢をするようになってしまいます。

自律神経のバランスが崩れると眠っている間は最低限の機能しかしない胃腸が動き続ける事もあります。そうなると胃酸多寡になり腹痛や下痢、吐き気といった障害が生じてしまいます。

寝起きに起きる症状はストレスによる自律神経失調症の疑いもあるんです。

4.自分はどうしたらいいのか

朝は一日の始まりです。寝起きから腹痛なんて起こしたくないですよね。下痢や吐き気を起こさない為にも日々の自分の生活を見直していくことが大切ではないでしょうか。

生活習慣で見直すべきところはありませんか?

最初にお伝えしたように前日の寝る前の食事や遅くまで飲み歩くといった行動は就寝中の胃腸の機能を乱し、翌朝に腹痛・下痢・吐き気をもよおします。食事は腹八分目、食後の間食は控える、寝る2時間前は食べないといった行動が寝起きの不調を起こしにくくなります。

腸内環境を整える事によりストレスを感じても影響を受けない強い体づくりが出来ます。

ジャンクフードやコレステロールが多い食事ばかりをしていると栄養が偏り食生活が乱れて生活習慣が悪くなってしまいます。その結果ストレスを感じやすく腹痛や下痢まで起こしやすくなる場合もあります。また胃腸で食べ物が消化しきれないと吐き気さえ感じることもあります。

体内環境を整えて寝起きに腹痛や下痢、吐き気を起こしにくい体を作りましょう。

毎日の生活の中で大小ストレスを感じない人はいないと思います。

しかし、そこで暴飲暴食をするとストレス解消にはならず体に負担をかけるため、かえって逆効果になります。友人と遊ぶ、運動して汗をかく、カラオケで大声を出すなどをして発散してみてはいかがでしょうか。

お風呂にゆっくり浸かる、ハーブティーを飲む、早く寝るといった方法は一人でも出来るのでオススメです。

5.フラワーエッセンスとストレス

✳フラワーエッセンス初級講座パート1✳

フラワーエッセンスって何!?フラワーエッセンスを使うことで何が起こるの?など、花の波動水の魅力を分かりやすく解説しています。

寝起きに腹痛や下痢、吐き気を起こさないためにフラワーエッセンスでストレスを解消してみませんか。

クリアザオーラブレンド(by Power of Flowers Healing Essences)

緊張や不安、後ろ向きな感情を浄化し、身体の内側と外側をも浄化します。家や職場の重たい空気を浄化するのにもおススメです。

ブライトゥンユアデイブレンド(by Power of Flowers Healing Essences)

憂鬱感や絶望感、失望感など後ろ向きな感情全般を自然に和らげ、予測の立て直しや明晰な思考、希望へ気持ちをシフトさせてくれます。

上記の2つのエッセンスは私もたくさん使いましたし、クライアントでも必要としている人がたくさんいました。ネガティブな感情を持ちやすい人にはこのエッセンスを使うことで「嫌な気持ちが長引かなかった。」「辛さがスゥっといつのまにか消えていった」と感じたようです。

上記のエッセンスが必ずしもいいというわけではありません。自分がどうしていきたいかによって合うエッセンスは違ってくるんですよ。

6.まとめ

いかがでしたか?

以上が「寝起きに起きる腹痛・下痢・吐き気とは」でした。

寝起きや朝方に腹痛や下痢がある人、吐き気を感じる人はこれから起きる出来事、ストレスが関係している可能性が高いと思います。

朝の忙しい時間帯にストレスにならない事をしろという無理は出来ないと思いますのでせめて、一日の終わりに自分で自分を労わってあげるようにしませんか。

 

こちらの関連記事もご覧ください。

寝起きに腹痛や腰痛が起きるのは、腎臓も関係していた。