ガス溜まりの人の寝起きの症状とは、腹痛に注意

寝起きにガスが出るという人はいますか?

また、ガスがなかなか出なくて腹痛が起きる人はいませんか?

ガスとは、つまり「おなら」のこと。

ガスは生きていれば誰もがする生理現象ですがよく寝起きにガスが出るという人がいるのは偶然でしょうか。

今回は寝起きのガスと腹痛について知っていきましょう。

1.寝起きにガスが出るのは?

ガスは元々は何であるか知っていますか?

ガスの正体は食事の際に一緒に取り込まれた空気や、腸内で消化しきれなかったものから発生したガスです。

ガスは、食べ物を消化吸収する際に腸内細菌によって分解吸収されますが、その時に分解しきれなかった物から発生します。(家庭の生ゴミだって臭いがしますよね。生ゴミが便でそこから発生する臭いがガスと言えばわかりやすいでしょうか。)

ガスが出るということは腸内に溜まっている(飲み込まれた)空気やガスを排出する生理現象です。

しかし、この生理現象がうまくいかないとガスはお腹の中に溜まり続け腸内が圧迫されることで腹痛になります。

ガスが出るタイミングの一つが寝起きです。

寝起きにガスが出やすいのは、寝ている間に腸内では昨夜の食事を消化している際に出来たガスが溜まっているためで、就寝中も知らず知らずのうちにガスを出している事がありますが多くは体内に留まったまま、朝の寝起きの時に出されます。

就寝中にガスが溜まる原因として、寝る前に飲食をした際のものが腸内でガスとなり、炭酸飲料でも炭酸ガスが発生します。また、いびきをかいてる人は口から大量の空気が体内に取り込まれるため、それがガスとなります。

ストレスを抱えている場合でも自律神経のバランスが乱れて消化器官の機能が低下することでガスが出来る原因になります。

様々な形で腸内で出来たガスは体内で留まり続ける事で腸を圧迫し腹痛の原因になります。

ガスが出ること自体は正常な減少といえますが、ガスの量を減らしたい場合は空気の取り込みやガスの発生を抑えないといけません。

例えば、、

  • いびきを抑えるために寝ている間の姿勢に気をつける事
  • 寝る前は飲食を控える
  • 運動して腸の動きを良くする
  • 腸内環境を整える

これにより、ガスが出来るのを防げますし、ガスが出来ても腸内で吸収分解されやすい体になります。

2.ガスが腹痛を起こすしくみ

ガスが出なくて腹痛がするのは、腸がほとんど動いていない事が原因とされています。

ストレスや飲食物で腸の動きが鈍くなると腸にガスが滞ることで腹痛がします。また、同じストレスを受けても腸の動きが鈍くなりお腹にガスが溜まる人もいれば、腸が活発になってガスが出る人もいて人それぞれの体質も関係していることが考えられます。

消化吸収されにくい食べ物は胸やけがして吐き気や胃痛、腹痛になります。食べ物が消化されないと体内でガスが発生しますし、体質やストレスで腸が動かないとガスは血液に流れます。

腹痛を抑えたいなら腸を動かしてガスを出す必要があります。

自宅の寝転がれるところで仰向けになり片膝ずつゆっくりと胸に引き寄せる、スクワットをするなどガスが溜まっている下腹部を刺激しましょう。ただし、スクワットでしゃがみすぎると腹痛を起こしてしまうので気をつけましょう。

3.寝起きのガスを防ぐには

寝起きのガスを防ぎ腹痛を起こさないためには以下のことが必要となります。

いびきを抑えるために寝ている間の姿勢に気をつける事

いびきをすると口から空気を取り込むことでガスが出る原因になります。いびきを防止するためにも寝るときは横向きの姿勢で寝たり、いびき防止グッズを使うのもいいでしょう。

寝る前は飲食を控える

寝る2~3時間前は飲食しない事。ビールなどの炭酸飲料はもちろん、ガスが発生しやすい食材(肉類やネギ、ニンニクなど)は避けましょう。

運動して腸の動きを良くする

ストレッチやウォーキング、ジョギングなどをして下腹部よく動かしましょう。

腸内環境を整える

寝起きにガスがたくさん出るなら腸内で悪玉菌が溜まっている可能性があります。ヨーグルトを食べる、乳酸菌を増やすサプリメントを摂るなどをして悪玉菌を善玉菌に変えましょう。

ストレスを解消する

湯船にゆっくり浸かることでリラックス効果が高まりストレスを解消出来るといいます。また、アロマを炊いたり音楽を効いたりするのもいいでしょう。自分なりのストレス解消法でいいんです。自分が落ち着くことをしてガス抜きをしてください。

寝起きのガスは誰が見ているものでもないのであまり気にしないでいいと思います。寝起きのガスで悩んでいる方が逆にストレスになるのではないでしょうか。

寝起きに思いっきりガスを放出してスッキリする。

トイレに行けば換気扇もあります。

ガスが出なくてお腹の張りが気になったり腹痛がするなら、スクワットをしたり足を抱え込むなりすればガスが出て解消されるのですから。

4.フラワーエッセンスで気持ちからラクになろう

フラワーエッセンスという花療法を知っていますか?

自然界の花や植物には波動というエネルギーが備わっており、それを水に転写しただけの食品なのですが、時に人の心を癒す働きがあります。

大自然の花や植物、動物や鉱物から作られたフラワーエッセンスは肉体に直接作用するわけではありませんが、お腹がゴロゴロと痛む原因であるストレスや心の問題に優しく作用し、癒したりこれまでの考え方や捉え方が変えることがあるんです。

最近では某コスメ雑貨店を中心に注目が集まり、悩める人の力にもなっています。

✳フラワーエッセンス初級講座パート1✳

フラワーエッセンスって何!?フラワーエッセンスを使うことで何が起こるの?など、花の波動水の魅力を分かりやすく解説しています。

詳しくはこちらのページをご覧ください⇒フラワーエッセンスについて

フラワーエッセンスは使う人の意志に反応します。

「~なりたい」という、思うのみの意思から「~なる」という、志す意志になったとき、フラワーエッセンスは精神面に穏やかに作用します。

ここまでで寝起きのガスや腹痛が重く考えなくてもいいものということが分かったと思いますがうまく割り切れないという人はこちらのフラワーエッセンスでポジティブに考えてみませんか?

バターカップ(by power of Flowers Healing Essences)

バターカップは静かに手放すというエネルギーを持っており事故価値を取り戻すのに最適のエッセンスです。自分を愛して自分を高めるために最適なサポートをしてくれます。

チェリー(by スピリットインネイチャーエッセンス)

人生の浮き沈みにあっても楽観的で落ち着いた心を持ち続ける助けをしてくれます。気持ちを晴れやかにして前向きに希望を持って生きていけるようにサポートをしてくれます。

上記の2本はそれぞれが前向きな思考になるようサポートをしてくれるエッセンスです。

自分がどうなりたいかによっても使用するエッセンスは違ってくるので自分に合ったエッセンスが他にもあるかもしれませんね。

フラワーエッセンスに興味がある、使ってみたいという方はこちらをご覧ください。

フラワーエッセンスセッション

5.まとめ

いかがでしたか?

以上が「ガス溜まりの人の寝起きの症状とは、腹痛に注意」でした。

寝起きのガスは自分の寝る前の少しの配慮で変わるものです。

年齢を重ねるにつれて体も知らず知らずの内に衰えていきます。少し気になることがあったら「気のせい」にしない事も大切ですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ルイボスティー(2.5g×100個入)/オーガニックルイボスティー(3g×50個入)
価格:1000円(税込、送料無料) (2018/1/22時点)

 

フラワーエッセンスを飲み物に入れるなら、ノンカフェインのルイボスティーがオススメ!!

 

こちらの関連記事もご覧ください。

緊張で腹痛と…ガスが出る