子育てでイライラしたとき、誰に相談しますか

子育ては毎日予想外の事が起こります。

そんな時、少なからずイライラしていませんか?

イライラは放っておいたり溜め込んでしまうと産後うつや育児ノイローゼを引き起こし、最悪の場合、子供にぶつけてしまうケースもあります。

子育ての悩みやイライラはなるべく誰かに相談出来るといいですね。

今回は子育てのイライラは誰に相談するか一緒に考えていきましょう。

1.子育てはイライラの連続

子育てでイライラしない親なんていません。

どんなに温厚なママでも寛容なママでも子育てをしていると思わずイライラしてしまうものです。

授乳やオムツ交換、入浴、着替えに寝かしつけ。離乳食になると作っている間はそばを離れないとならず、子供は母親が自分の目の届く範囲にいないと泣き出すため、落ち着いて料理も出来ません。「ちょっと待って~」なんて言っても理解できないので大泣きされるのが落ちですよね。

夜はなかなか寝てくれない、寝ても夜泣きがあると起こされるため自ずと寝不足になってしまいます。寝不足による疲労はイライラする原因になりちょっとしたことでも怒りっぽくなってしまいます。「いつもならこんなことでイライラする事もなかったのに私、どうしちゃったのかな」と思うことはありませんか?睡眠不足な脳内の神経が過敏になっているためイライラしやすいんです。

ご機嫌斜めで泣き出したら何をしてもダメなとき、睡眠不足も合わさるとイライラしやすくなってしまいます。

トイレや自身の入浴中に大泣きされるとたまったものではありませんよね。「勘弁してよ」なんて思う人もいるんじゃないでしょうか。

イライラする原因として時間軸が子供中心になっている事が挙げられます。

子育て中は以前なら当たり前に出来ていた家事に倍以上の時間がかかり、食事もゆっくり食べれない、夜もゆっくり眠れない、買い物も出来ない。自分のための時間もなくメイクすら必要最低限しかできないときがあります。

子育ては自分の時間すら持てない時があるんです。息抜きも出来ないとイライラは溜まる一方です。

ご主人は子育てに協力的ですか?悩みを相談できてますか?

子育てのイライラは子供だけに限った事ではありません。出産前はあんなに仲がよかったのに生まれた途端に旦那にイライラする場合もあります。

それは、出産によって自分の時間軸が全て子供中心に変わり自分の時間さえないのに旦那は子供が生まれてからも変わらず自分の時間軸があり休日はゆっくり寝て好きなときに飲みに行ったり出来るからです。

2.イライラしたら相談しよう

子育ては周囲が傍から見て思ってる上にストレスが溜まりイライラしてしまいます。心身の疲労はもちろん、気力すら使い果たすほどに大変なんです。

楽しんで子育てをしている人もいます。

しかし、そんな人でさえ絶対にイライラしないなんてことはないし、子育てをしているときは心に余裕は出来ないものなんです。

イライラしてしまうとき一番身近にいる存在と言ったら夫ですよね。

イクメンという言葉が流行る程、昔に比べて子育てに協力的な夫が増えてきています。しかし、前記の通り子育てが始まることで自分の時間軸が持てない妻に比べ、夫は子供が生まれてからも自分の時間軸を持ち続ける事が出来ます。そのため、子育てについて夫と相談したいときは状況をよく見極めて相談しましょう。

男は常に自分の時間を持っていたいもの。もちろんそれは女も同じことですが、子供が生まれて子育てが始まると嫌でも自分の時間が持てなくなります。自分の時間をなくしてでも子育てしようとしますが男は自分で産むわけではないので母親程、つながりが強くないんです。

夫に相談したいと思ったときは仕事から帰った直後はお勧めできません。

妻が夫に相談しようとしたとき、「疲れてるから後にしてくれ」なんて言われませんか?

疲れているときに相談をしても思考は働かず気持ちにも余裕が生まれないものです。考えにすれ違いが生じたときは険悪になってしまうだけです。

大切な相談事の時は朝や休日などお互いの気持ちに余裕がある時にタイミングを狙って話すようにしましょう。子育てに協力して欲しいときは尚更、夫が機嫌の良いときがねらい目です。

相談するタイミングをしっかり選びましょう。

3.相談できる人はいますか?

子育てでイライラしたとき相談できる人はいますか?

身近な人だと、夫や両親、友人に相談するのが一番ですが、もし身近に頼れる人がいない、立場が近すぎて相談しにくい、心配をかけたくないのであれば自治体などを頼ってみるのもいいですよ。

区役所や役場などの市町村に「保育課」や「子供政策課」があるのを知っていますか?

名前は各所によって少し違うかもしれませんが、子育てに悩みを持った人の相談に乗って支援してくれる機関で、直接行ってみたり電話でも大丈夫です。保健師や保育士など育児の専門家が相談に乗ってくれるんです。身近な人には相談できなくても第三者になら話せる事ってありますよね。

相談して、様子を見て場合によっては保育園やカウンセラーなどの情報を教えてくれます。イライラしてどうしようもない、と子育てで悩んでいたら上記の場所に相談してみるのも一つの方法ですよ。

また、支援センターや児童館といった施設もあります。

これらの特徴は自分の子供と同じ年頃の子供がいるため、同じような悩みを抱える母親にも出会いやすく、中には克服した人もいます。

子育てでイライラしてしまうなど悩みや誰にも相談できない事がある母親には同じような相談を抱える人が身近にいると思うと安心します。悩みを克服した母親に相談したり話を聞いてみるのもいいでしょう。また、他の子供を見ることで自分の子供への愛情が増し、子供の近未来像が想像出来たりしてイライラが軽減できるようになります。

何と言ってもこれらの施設は無料なので近くの施設を調べて行ってみるといいですね。

4.変わりたいと思う心にフラワーエッセンスは反応します。

✳フラワーエッセンス初級講座パート1✳

フラワーエッセンスって何!?フラワーエッセンスを使うことで何が起こるの?など、花の波動水の魅力を分かりやすく解説しています。

子育てでイライラしたくない、変わりたいという人はフラワーエッセンスを使ってみるのはいかがでしょうか。

フラワーエッセンスはいろいろな相談に対応し、イライラを解消してくれるんです。

シーレタス(by Pacific Essences)

イライラする事など暗い、嫌な部分にばかり目が向いてしまう人がその部分に癒しの光をあてて、解消し変わっていくためのサポートをしてくれます。

マザーナーチャーブレンド(by power of Flowers Healing Essences)

母親のエネルギーに守られる必要がある人に滋養を与え、家庭や個人としての心の状態がイライラして複雑になっているところへバランスと調和を与えてくれます。

 

上記はイライラやストレスなどの普段目を向けない部分にばかり目が行ってしまいがちな人に癒しを与えてくれるエッセンスです。

相談の内容によって該当のエッセンスが違う場合があるので必ずしもコレがいいという訳ないのであくまでも一例として認識してくださいね。

5.まとめ

いかがでしたか?

以上が「子育てでイライラしたとき、誰に相談しますか」でした。

イクメンが増えている一方で妻に子育てを任せっきりにしてしまう夫もいます。

一日の中で長時間仕事で家におらず、仕事から帰ってくれば子供は既に寝ている状況がほとんどです。

父親は子供と接する機会が少ないため可愛くてもどう接していいのか分からないという意見もあります。

子供が父親に懐く様、父子でコミュニケーションが取れるように父親の事を子供に話すのはいかがですか?子供が父親を慕うことで父親もより愛情が深まり、子育てについて相談して休みの日には子供を夫に預けて外出が出来るようにもなれます。

そうすればイライラも軽減されますよね。

 

こちらの関連記事もご覧ください。

子育て中、旦那にイライラしたら…理解が解消になる