女は辛い失恋を乗り越えて強くなる!

女はとても感情豊かな生き物ですよね。

喜怒哀楽、男にはマネなんて出来ないくらいいろいろな気持ちを表現することが得意。

だから失恋したときも…辛いと感じてしまうのは女の特権なんです。

1.失恋=辛いは女ならでは

友達と失恋話をしているとき辛いという言葉を聞いたことはありませんか?それを聞いて、「どうして女はいつも激しく落ち込むんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか。

考えてみると、確かに男の人が失恋すると落ち込みはするかもしれませんが、女の人のように「辛い」とまで言ったり感じたりしているのを見たことも聞いたこともないですよね。(´・ω・`)?

女の立場からいうと「ちょっと、それってひどくない!?」とか「不公平だー(-‘д-)y-~」と思ってしまうかもしれません(笑)が、実はこれには女だけにしか出来ない事が関係していたんです。

失恋すると、気力・集中力・食欲などがなくなり精神的に辛いと感じてしまうのは女ならではの感情だといいます。

これを知ると女に生まれた方は自分を誇らしく感じるかも知れませんょ(o≧▽゜)o

女の妊娠・出産

女は進化の過程で10ヶ月の妊娠期間と長きにわたる子育て役目を任された。対して男は子供を作る役目を終えると次なる子孫を作るため女の前から姿を消した。

女は妊娠や出産を経験します。

”妊娠すれば当たり前のように無事に出産出来るもの”という考えが医療分野が発展した現代では定着してしまっていますが、妊娠や出産というのは昔も現代でも変わらず女の体にとって大きなリスクを伴うものです。

そのハイリスク故に女はそれを背負うだけの価値あるパートナーを選ぼうとします。

女が失恋したときに辛いのは、ただ失恋が辛いだけでなく自分がハイリスクを背負うだけの人を選べなかった事が辛いんです。

要は、”自分で自分のみる目を責めている状態”です。

(認めたくはないですが、自業自得ってことですよねー(-.-))

男はというと、女の関心を得るために進化しました。失恋しても最初は別の女を見つけようとするため気持ちを切り替えますが…当たり前ですけど失ったものを別の女で埋めることは出来ませんよね。そこで、かけがえのない女が戻らないことを悟るそうです。

(ざまぁ見ろーー!!!( >д<)、;’.・(笑))

女は子孫を残すにあたり、体の状態から出産にリミットがあります。

そのため、いつまでもウジウジ辛い思いをしていられないと本能で知っているんです。

2.失恋を乗り越える脳のスゴさ

ドーパミンという言葉は聞いたことがある人も多いと思いますが働きについては知っていますか?

ちょっぴりお勉強タイムです(*^^*)

ドーパミン:脳神経の一つで嬉しさや幸せを感じたり、「ああしたい」「こうしたい」という意欲的活動を促します。つまり行動に出すことで幸せを感じるんです。

短い勉強タイムが終わったところで(短すぎる⁉(笑))これが何を意味するのかというと、女が辛いと思うのは感情が失恋したという現状に追い付いてないのが原因で、その状態を作り出してるのがドーパミンなんです。

誰かを好きになったとき、脳内ではドーパミンが活性化し、「もっと知りたい」、「一緒にいたい」という女ならではの欲求が高まります。両想いになったり付き合うようになり幸福を感じるとさらに脳はドーパミンを増やして幸せを感じようとします。

しかし、やがて失恋がやって来たとき、すぐにはドーパミンは止まりません。

失われた幸せを得るため、より多くのドーパミンを分泌させるんです。

(運動会の玉入れで終了の笛がなってるのにすぐに反応出来なくて投げてる子供がいますよね⁉アレがまさに失恋したときの女と同じ状態なんです)

失恋すると一緒にいられない、でもドーパミンは好きだった頃のように行動させようとする。

脳の指令のとおりに行動できないチグハグが辛い失恋の正体なんです。

普段は脳の指令を受けて考えたり行動したりしますが、失恋に関しては指令通りにはいかないこともあるということです。

失恋も最初のうちは辛いかもしれませんが、3ヶ月も経つと脳は失恋を乗り越えるために自らを修復しようとします。

脳は生まれつき困難を乗り越えるメカニズムを持っていて、失恋したばかりの時は辛いと思っても3ヶ月後には失恋直後の様な辛い気持ちはなくなっているといいます。

「失恋は時間が解決してくれる」っていうのは脳の自己修復能力によるものなんですね。 

3.辛い気持ちに

失恋しても時間が解決してくれるとはいってもそれまでの間はとても辛い時間ですよね。

誰だってその辛い期間が一番「私どうすればいいの?」と思っているハズです。

失恋して辛い気持ちといっても、「別れて辛い」・「フラれて辛い」・「フッても辛い」などいろんなシチュエーションがあり、その気持ちはやる気が起きない、何も考えられないなど行動や考えを制限させてしまいます。

失恋して辛い時はどうしても下を向いてしまいますよね。

下は過去を表し、今までの事を引きずっている状態でそういうときは辛い気持ちが暗い状態をうみ、何をしても気持ちが追い付きません。

逆に上は未来を表しこれからの事を創造している状態になりますので元気がわいてやる気がわきます。

もし、どうしようもないくらいに辛いときは少しでも上を向いてみませんか?

空を見る、出掛ける、カラオケで明るい歌を歌う、洗濯物を干すのも結果的に上を見る行為になるのでオススメです(*^^*)

誰だって辛い気持ちはいいものではありませんよね。

女は辛い失恋を乗り越えてたとき今までより強くなるといいます。

その強くなるための方法を一緒に探してみませんか(*^^*)

✳フラワーエッセンス初級講座パート1✳

フラワーエッセンスって何!?フラワーエッセンスを使うことで何が起こるの?など、花の波動水の魅力を分かりやすく解説しています。

4.フラワーエッセンスのご紹介

フラワーエッセンスという花療法を知っていますか?

自然界の花や植物には波動というエネルギーが備わっており、それを水に転写しただけの食品なのですが、時に人の心を癒す働きがあります。

失恋して辛い人や乗り越えたい人など、フラワーエッセンスは心の問題に優しく作用し、これまでの考え方や捉え方が変わることがあるんです。

最近では某コスメ雑貨店を中心に注目が集まり、悩める世の女の力にもなっています。

詳しくはこちらのページをご覧ください⇒フラワーエッセンスについて

失恋したとき、「女に磨きをかけて後悔させてやる↑」と捉えるか「辛い悲しい寂しい↓」と捉えるか。フラワーエッセンスが変えてくれるのが、こういった染み付いてしまっている自分の考え方なんです。

失恋を乗り越えて女に磨きをかける

フラワーエッセンスは使う人の意志に反応します。

「~なりたい」という、思うのみの意思から「~なる」という、志す意志になったとき、フラワーエッセンスは精神面に穏やかに作用します。

例えば…

ハートスピリットエッセンス(by Pacific   Essences )

失恋の辛い悲しい苦しいなどの痛みを癒し心を開くよう助けてくれます。その結果、人生を切り開いたり新たな出会いをもたらすことにつながります。

 

トマト(by  スピリットインネイチャーエッセンス )

精神的な強さと勇気をもたらしてくれます。辛い失恋など人生での試練に打ち克つために助けてくれます。未練や依存からの克服の助けに。

どんなに辛い気持ちになっても「失恋を乗り越える」と決めたとき、フラワーエッセンスはあなたの意志に反応し、力になってくれますよ。

フラワーエッセンスに興味がある、使ってみたいという方はこちらをご覧ください。

フラワーエッセンスセッション

5.まとめ

いかがでしたか?

以上が「女は辛い失恋を乗り越えて強くなる!」でした。

は喜怒哀楽がハッキリしていますよね。

それは自分の気持ちを知ってもらい、相手の気持ちを知るための一つの手段ですが、それもよくよく考えると「女が自分の役割を果たすために必要な事」なんですね。

失恋は女にとってはとても辛い日の始まりになるかもしれません。

しかし、自分が失恋をどう受け止め、どう乗り越えるかで辛い日も驚くような短期間で済むんです。

自分の今までの考え方を変えてくれるのがフラワーエッセンスです。花の波動で考え方が変わるなんて、なんだか素敵じゃないですか。

もし、人生悩んでいることがあったら試しに使ってみませんか?

ここはそんな心に悩みを抱えている人の為のブログです。

フラワーエッセンスはクリームに混ぜてもお使いいただけます!!

 

こちらの関連記事もご覧ください。

失恋して辛い、仕事に集中出来るか不安なとき