失恋して辛い、仕事に集中出来るか不安なとき

失恋してどんなに辛いときでも日常は変わらずやって来ます。

仕事はその一つ。

辛い気持ちに耐えながら仕事をしたり、失恋したことを考えないようにしながら仕事をすると、ふとした瞬間に涙が溢れ出す場合もありますよね。

仕事は時に残酷ともいえます。

1.失恋と仕事

失恋して仕事が手につかなかった経験はありますか?

「失恋して辛い」

「もう会えないから辛い」

「まだ好きだから辛い」

「忘れられなくて辛い」

「どうしても相手のことを考えてしまって辛くて仕事が手につかない」

「仕事に集中しようと思ってもちょっとしたことで思い出しちゃう」

失恋は辛い出来事ではありますが、それで仕事が無くなってくれるわけでも待ってくれるわけでもありませんよね。

失恋すると辛くて辛くて自分の中では時が止まったかのように感じることもあります。しかし、周囲の時は止まることなく動き続け、自分の失恋に関わらず日常はいつも通りにやってきます。

  • 辛くて何も考えられない。
  • 辛くて何もやる気が起きない。
  • 辛くて仕事に行く気になれない。
  • 仕事に行っても失恋のショックで集中できない。
  • 仕事に行ったら彼がいるから行けない。
  • 職場は違うけど通勤途中に会ってしまうから仕事に行けない。

このような気持ちから仕事を休んでしまったり、出社しても仕事に身が入らなかったり、ミスを連発してしまうケースもあります。

恋愛や失恋ほど自分のペースをかき乱されるものはありませんよね。

その一方で、失恋の辛い気持ちをバネに仕事に没頭する人もいます。

「失恋と仕事は関係ない」、「仕事に集中したら失恋したのを考えないで済む」、「失恋をバネに仕事に打ち込む」などなど。

失恋でショックを受けていない訳でも辛いと思ってない訳でもないんですが、恋愛は終わっていると自覚をして考えるのは時間の無駄だと言わんばかりに仕事に打ち込む人もいます。

切り替えが早いというか、発想の転換が素晴らしいというべきか…こういう考えが失恋した人皆が出来ればいいんですけど(^-^;

仕事があるというのは社会人には辛いところではありますね。

職場恋愛をしていたのなら失恋した翌日、嫌でも顔を合わせます。辛いというか、気まずくもありますよね。一緒に仕事をしなくてはいけなかったり、エレベーターで鉢合わせて二人きりになってしまうこともあります。

失恋は私的、仕事は公。

頭では分かっていても心はそう簡単に失恋という現実についてきてはくれません。

この二つとうまく付き合っていかないと私たちの日常は成り立たないんです。

2.失恋後に仕事が手に付かないor失恋後は仕事に打ち込む?

「失恋した、辛い」と失恋すると仕事が手に付かないタイプと「失恋した、これからは仕事に打ち込む」と失恋するとよりに仕事に打ち込むタイプ、この違いは何だと思いますか。

仕事が手に付かない=依存型

仕事が手に付かないタイプを依存型といい、相手に依存してしまう傾向にあります。

相手がいないという状況を想定していなかった人ほど失恋すると辛いあまり仕事が手につかなくなります。ぽっかり空いた穴を仕事の責任が伴うものより、食べ物や友達、SNSで埋めてもらおうとする。自分に自信がないタイプ。

仕事に打ち込む=切替型

失恋をバネに仕事に打ち込むタイプを切替型といい、プライドが高い人に見られる傾向です。

失恋して辛いというより、悔しいという思いの方が強く、その思いを「彼氏がいなくても平気」とばかりに仕事へのエネルギーに変えるため、仕事が出来るタイプともいえます。
あなたはどっちのタイプですか?

私は…雑念がよく入るのでたぶん、依存型です(^-^;

気持ちがうまく切り替えられないと悪い印象もありますが、依存型には家庭的な人が多く女性の場合、結婚後は家庭を支える傾向にあります。逆に切り替え型は、キャリア思考で仕事ではどんどん出世しますが結婚は遅れる傾向にあります。

失恋して辛い気持ちになったり落ち込んでしまうのは女性に多いって知ってますか?

原因は出産の期間が限られるためいつまでも沈んでいられないと本能が知っているんだそうです。そのため、苦くて辛い経験と思えるくらいにとことん落ちこんで立ち直った頃には未練がすっかりなくなっているんです。

男性は出産をしないため、仕事に集中することで女性のことは一時期は吹っ切れるといいますが、後々になって美化された思い出として思い出すそうです。

男性の方がかえって辛いのでは?と感じてしまうのは私だけでしょうか(^-^;

 3.仕事に打ち込むには

失恋は最初は辛いかもしれませんが時が立つと辛い気持ちも和らいで来るようになります。

問題は失恋直後の一番辛い期間ですよね。

失恋直後に辛くなるのは相手のことを思い出してしまうからですよね。別れた時の事はもちろん、プレゼントしてもらったものや一緒に行ったお店、デートスポットなど少しのきっかけで思い出して「辛い」って思ってしまいます。

そのため、なるべく思い出さず辛い思いをしない方法「ちょこっと夢中タイム」を使ってみませんか?

難しくないですよ。

例えば…

「仕事に行く途中に電車一駅分歩いてみる」とか、「仕事中に入力作業に夢中になってみる」とか。

時間のリミットを数十分単位に細かく区切ってやると夢中になるので集中して仕事も行えますし時間が経過するのも早く感じますので、余計なことを考えなくて済みます。また、接客業なら積極的に接客するという方法もありますよね。

要はプチプチに夢中になるのと同じ事。

思考を失恋なんかに持っていかれないように「ちょこっとの時間だけ何かに夢中」になりましょう(*^^*)

✳フラワーエッセンス初級講座パート1✳

フラワーエッセンスって何!?フラワーエッセンスを使うことで何が起こるの?など、花の波動水の魅力を分かりやすく解説しています。

4.フラワーエッセンスのご紹介

フラワーエッセンスという花療法を知っていますか?

自然界の花や植物には波動というエネルギーが備わっており、それを水に転写しただけの食品なのですが、時に人の心を癒す働きがあります。

失恋して辛い人や仕事も手に付かない人など、フラワーエッセンスは心の問題に優しく作用し、これまでの考え方や捉え方が変わることがあるんです。

詳しくはこちらのページをご覧ください⇒フラワーエッセンスについて

失恋したとき、「他にいい人が現れるまで仕事して忘れる↑」と捉えるか「辛い、仕事に行けない↓」と捉えるか。フラワーエッセンスが変えてくれるのが、こういった染み付いてしまっている自分の考え方なんです。

失恋の辛い気持ちを仕事に向ける

フラワーエッセンスは使う人の意志に反応します。

「~なりたい」という、思うのみの意思から「~なる」という、志す意志になったとき、フラワーエッセンスは精神面に穏やかに作用します。

例えば…

ライトボディーブレンド(by Power  of  flowers  Healing  Essences )

繰り返される過去の思考や行動パターンから解放されるのを望む人に細胞の成長を促し、喜びや思いやりで身体を満たし自己実現へと導いてくれます。

グリーンローズ(by  PHI Essences )

押し込められて圧迫されるような辛い気持ちの時に心静かに落ち着けるよう、心を解き放ってくれます。

DSC_0426

どんなに辛い気持ちになっても「失恋は時間が解決する」と決めたとき、フラワーエッセンスはあなたの意志に反応し、力になってくれますよ。

フラワーエッセンスに興味がある、使ってみたいという方はこちらをご覧ください。

フラワーエッセンスセッション

5.まとめ

いかがでしたか?

以上が「失恋して辛い、仕事に集中出来るか不安なとき」でした。

失恋は立ち直ると今までの落ち込みようは何だったんだ!?と自分でもビックリしてしまいますがそれまではとても辛い時間ですよね。辛いときは時間や日にちが経過するのがとても早く感じられてしまいます。

でも、すぐに立ち直れないからといってそこでも後ろ向きな考えになってしまうのではなく、「人を好きになったということなんだ。」と思って気分の上がる文房具でも買って仕事に打ち込めるといいですね。

このように自分の今までの考え方を変えてくれるのがフラワーエッセンスです。花の波動で考え方が変わるなんて、なんだか素敵じゃないですか。

もし、人生悩んでいることがあったら試しに使ってみませんか?

ここはそんな心に悩みを抱えている人の為のブログです。

フラワーエッセンスはクリームに混ぜてもお使いいただけます!!

 

こちらの関連記事もご覧ください。

失恋ってなぜこんなに辛いし苦しいの?