夢を見るタイミングは睡眠が浅いとき、夢と睡眠の関係

朝、目が覚めたとき夢を覚えてたりしませんか?

寝ている間に見る夢は睡眠が浅いときに発生しており、夢を全く見ないという人がいる一方で頻繁に夢を見る人もいます。

を見るのはどうしてか、また何故睡眠が浅いときに見るのでしょうか。

1.睡眠と夢

睡眠とは、人はもちろん地球上に生きる生物にとって欠かせない習慣の一つです。

疲労回復やストレス解消、免疫機能の回復や強化をし、成長ホルモンの分泌など睡眠における役割は多岐にわたります。

そのため睡眠が浅い、睡眠時間が短いなどの事態はこれらの役割が充分に果たせず睡眠の質を悪くする原因にもなります。

睡眠が浅いと夢を頻繁に見るという人も出てきます。夢を見ることで脳はその日にインプットした情報を整理し、その結果、記憶として必要なものを残し不必要なものは記憶から消去します。

”夢を見る=眠りが浅い”と聞いたことはありませんか?

睡眠が浅いと本来深い睡眠に入らないといけないタイミングのときも入っていけず、浅い睡眠にしか出来ません。精神的なストレスや不安、心配を抱えていると睡眠が浅い時間が増えるとされています。

特に子供は感受性が強いため、外部からの刺激や影響を受けやすいといいます。夜中に起きてき出したり夢をよく見るのは浅い睡眠になってしまっているためと考えられます。

子供の感受性についてはコチラをご覧ください。

感受性が豊かとは!?強いとどう違うの?意味を知って自己分析してみよう

感受性が強すぎる人とは、適した職業も紹介します

感受性の頭の良さとは、実は頭の回転がスゴかった

感受性は生まれつき備わっている個性、欠点ではなく長所と考えよう

繊細な子供は感受性が強い!?大人になってからでも言えること

夜は熟睡できなかったり寝ているように見えても脳が休息しきれておらず、朝になっても思うように身体が動かなかったり疲れやすくなってしまいます。

これは休息のスイッチと活動のスイッチがうまく切り替えられないのが原因と考えられ、不規則な暮らしをしている人も脳の休息と活動のスイッチの切り替えがしっかりしていないために夜は熟睡出来ず日中は活発になれない状態になります。

不規則な生活をしていると体内時計が狂ってしまうために起こり、熟睡出来ず浅い睡眠になり、その浅い睡眠の間に夢を見るといいます。

2.夢を見るということ

睡眠というとレム睡眠やノンレム睡眠という言葉をよく耳にしますよね。

浅い睡眠で脳は活発に動いて身体が休まっている状態がレム睡眠深い睡眠で脳も身体も休まっている状態が状態がノンレム睡眠といい、二つの状態が交互に来ることで睡眠のリズムが出来ます。

 

睡眠が浅いと夢を見る

私たちは起きている間に様々な体験をします。

日常の何気ない会話や行動、勉強したこと感じたことなど、これらはすべて情報として脳に一旦記憶されレム睡眠になっている間に処理します。今後必要と思われる情報は記憶として残し引き出しに整理され、必要ないと判断したものは抹消されます。

脳は毎夜眠っている間、眠りの浅いレム睡眠の内にたくさんの情報を整理しています。

そしてこのタイミングで私たちは夢を見るんです。

夢は一晩で3回~4回見るといわれ楽しい夢や怖い夢、冒険している夢など現実には起こり得ない夢まで見ることってありますよね。これは脳が蓄えられた情報を短時間で処理しているためと言われていますが、一日の情報と夢の内容の因果関係はないとされています。

夢を見るとその記憶は?

脳の中では毎夜浅い睡眠のタイミングに切り替わるたびに情報の整理が行われています。

朝、目覚めたときに夢を見たのを自覚していなくてもそれは夢を見ていないのではなく見たのを覚えていないと考えられます。

睡眠が浅いレム睡眠のとき、眼球運動が行われているのを知っていますか?

眼球運動はレム睡眠の特徴でもあるのですが、頻繁に行われているタイミングとそうでないタイミングがあり眼球運動が頻発しているタイミングで起きると夢を見る記憶がハッキリとあり内容も覚えている実験データもあります。

では、熟睡のノンレム睡眠は夢を見ることはないのかというとそうでもありません。ノンレム睡眠のときも夢は見るのですがこの時間はストーリー性がなく映像を伴わないような夢や断片的で思考的な夢だと言われています。

3.深い睡眠にするには

夢を見る=睡眠が浅い

浅い睡眠が多くなってしまうと寝た気がしなかったり疲れが抜けないと悩む人は大勢います。

深い睡眠を得るためにも必要な食材や栄養を知っていきましょう。

大豆・タンパク質

豆腐や納豆、枝豆などの大豆食品はトリプトファンが含まれており食べることで体内でメラトニンという成長ホルモンに変化します。メラトニンは夜になると自然な睡眠を促す作用もあり別名:睡眠ホルモンとも呼ばれています。またメラトニンは身体の修復機能があるため熟睡出来るよう助けてくれます。

にんにく

にんにくにはビタミンB6がたくさん含まれておりメラトニンを助ける働きがあり、夕食時に1片食べるだけでも眠りやすくなると言われています。ご飯のおともなど1片を手軽に食べれるような食品が数多くありますので試してみるといいでしょう。

きのこ類

きのこ類の中でも睡眠に良いと言われているのが、エリンギ・舞茸・ひらたけ・なめたけが効果的と言われています。これらにはビタミンB3が含まれていて脳神経の機能を促進し脳内物質を作り出す働きがあるため、精神を安心させる作用があります。つまりきのこ類の接種が不足すると精神の安定さを欠いたり心配症になる可能性もあります。

 

大豆・にんにく・きのこ類に含まれる栄養素が不足すると脳内物質の成形を失い悪夢を見るそうです。

ストレス解消や安眠効果あり、フラワーエッセンスを入れて飲むのもオススメです!

4.フラワーエッセンスのご紹介

フラワーエッセンスという花療法を知っていますか?

自然界の花や植物には波動というエネルギーが備わっており、それを水に転写しただけの食品なのですが、時に人の心を癒す働きがあります。

睡眠が浅い寝覚めが悪いときなど、フラワーエッセンスは心の問題に優しく作用し、これまでの考え方や捉え方が変わることがあるんです。

✳フラワーエッセンス初級講座パート1✳

フラワーエッセンスって何!?フラワーエッセンスを使うことで何が起こるの?など、花の波動水の魅力を分かりやすく解説しています。

最近では某コスメ雑貨店を中心に注目が集まり、悩める人の力にもなっています。

詳しくはこちらのページをご覧ください⇒フラワーエッセンスについて

睡眠が浅いことを、「改善しよう↑」と捉えるか「どうせムダ↓」と捉えるか。フラワーエッセンスが変えてくれるのが、こういった染み付いてしまっている自分の考え方なんです。

深い睡眠が得られるようにする

フラワーエッセンスは使う人の意志に反応します。

「~なりたい」という、思うのみの意思から「~なる」という、志す意志になったとき、フラワーエッセンスは精神面に穏やかに作用します。

例えば…

ダンデライオン(by Power of Flowers Healing Essences)

日本名:たんぽぽ

疲労や心身の緊張が取れず眠れないときに。張り詰めた状態を解きほぐしリラックスさせてくれます。

ラベンダー(by Power of Flowers Healing Essences  )

神経の高ぶりやネガティブな発送を浄化しリラックスさせてくれ安眠のサポートの定番になっている花です。寝具に身を包んでも頭が休まらないときに役に立つエッセンスです。

いろいろ試しても浅いままだと諦めていませんか?フラワーエッセンスはあなたの意志に反応し、力になってくれますよ。

フラワーエッセンスに興味がある、使ってみたいという方はこちらをご覧ください。

フラワーエッセンスセッション

5.まとめ

いかがでしたか?

以上が「夢を見るタイミングは睡眠が浅いとき、夢と睡眠の関係」でした。

思えば私は子供の頃きのこ類がまったくダメでガイコツに歯をカチカチいわせながら追いかけられるという悪夢を見ていました(^_^;)

その後は最近まで夢を見ることもほとんどありません(この場合は”覚えていない”ですね)。これは浅い睡眠と深い睡眠が交互にバランス良く来ているからだといえます。

皆さんの睡眠はどうですか?

夢を見るとき、日常的なものから非日常的なものまで見ることが出来るのであっていいものですが深い睡眠が得られず浅い睡眠ばかりになってしまうのはよくありません。

睡眠は私たちの健康を保つためには必要なもので、睡眠が浅い場合はすぐに改善をする必要があります。

自分の今までの考え方を変えてくれるのがフラワーエッセンスです。花の波動で考え方が変わるなんて、なんだか素敵じゃないですか?

もし、人生悩んでいることがあったら試しに使ってみませんか。

ここはそんな心に悩みを抱えている人の為のブログです。

こちらの関連記事もご覧ください。

睡眠が浅い様々な原因と改善方法