仕事が嫌になって転職を考える理由6つとは

仕事が嫌になって転職を考えている・または転職をした事はありますか?

仕事が嫌になる理由は様々でそれにより転職を考えるようにまでなるんです。転職を考える程の理由とはどんなものがあるでしょうか。

仕事が嫌になったらどうするためにフラワーエッセンスを使いますか?

1.仕事が嫌になるということ

転職をした事はある人はもちろん、転職をした事がない人も一度は仕事が嫌になった事があるのではないでしょうか

仕事は私たちが生活する上で欠かせないお金を稼ぐ手段の一つですが、一日の大半の時間を費やすために心がムリをしてしまったり、たとえ最初は好きな仕事だったとしても次第にストレスが溜まってきたり・・・

何かのキッカケで嫌になり転職して別のお金を稼ぐ方法を見つめ直すようになります

不平や不満・理不尽な事などどうしても納得のいかないこと、悲しいことなど複数の人が働く職場では仕事が嫌になってしまう可能性が出てきます。

私も何回か仕事が嫌になったり転職したりしたことがありますが、やはりストレスの蓄積だったり大きな出来事が決定打になったりしました。

「仕事は仕事」、「仕事はお金を稼ぐための手段」として割り切っている人もいますが、全ての人がこのように割り切れるわけではありませんよね。

これは人それぞれの性格からによるもので、割り切って考えようと思っても心のどこかでそう出来ない部分があるとその考えすらストレスの一因になってしまいます。

私たちは仕事が嫌になる場面に直面したときにどうすれば自分にとって一番良いのでしょうか?

2.転職の理由

転職するときの動機になる主な原因、6つを挙げてみました。

あなたは心当たりがありますか?

お金

給料やボーナス、また福利厚生など、仕事とお金は切っても切れませんよね。

交通費が出なかったり、給料にならない研修に行かせられる。アパレル店員は自社ブランドの服を新作が出る度にいつも着ていますよね。

仕事が好きだけではお金というハードルは高いものがあります。

人間関係

仕事の人間関係は一日の大半の時間を同じ空間にいることからも避けられない事ですよね。小さな出来事の積み重ねだったり、一気に仕事が嫌になるような多きな出来事が起こる場合もあります。仕事には人間関係が付き物で好きな人だけではありませんよね。だから不満やストレスが発生してしまい、嫌になって転職を考えるのかもしれません。

仕事内容

一日の業務の中で仕事内容に納得していない人はどのくらいいるでしょうか。

売れと言われてもお客さんには買う気がないなど、仕事を好きになれない人は苦痛になるのではないでしょうか。仕事はお金を稼ぐ手段と捉えるか、遣り甲斐や満足度を取るかで転職を考えるキッカケにもなるんです。

労働時間

労働時間に納得していない人はいますか?

平日は遅くまで仕事をしていたり、仕事が終わらなくて徹夜になると疲れて翌日ヘロヘロになっていませんか?休日は寝て起きたら夕方だった、普段睡眠時間があまりないから休みの日くらいは寝溜めするなんて場合もありますよね。多くの時間を仕事に費やしすぎていつの間にか友達がいなくなってたなんて事もあるのではないでしょうか。

忙しい分だけ仕事の経験やスキルは身に付いているのかもしれませんが、体力の限界や体調を悪くして転職を考える原因になるようです。

会社の方針

会社の方針やルールなど入社前には分からなかった事が入ってから見えてきたり経理や財務状況から会社の将来に不安を感じて転職を考えるようです。

職場の雰囲気がなんか合わないなーという気持ちもまた、転職の一因になるようです。

評価

自分の仕事ぶりが正当に評価されなかったり、パワハラやセクハラといった不当な扱いは自分の存在を否定されたような気になり、自分に自信が持てなくなったり過小評価にも繋がります。仕事への熱意や気力もなくなるなど評価は仕事を続けるか転職を考えるかに大きな影響を与えるものとなります。

3.転職の心得

転職をするのも転職するのを辞めるのも、どうするか決めるのには勇気がいりますよね。

転職したいと思ったらまずは自分が何に対して嫌になったのか気持ちを整理してみましょう。

仕事自体がなのか会社が嫌なのかなど何に対して不満を持って嫌になったのか。それによって自分が進む選択肢や方向性も違ってきますよね。

私の経験からすると、一度仕事が嫌になると何もかもが嫌になってしまい、最終的には何に対して怒りや不平不満を持っていたのか分からなくなってしまう場合があります。そのため、まずは原因を明確にしましょう。

たくさん悩んでもしどうしても転職の結論に至った場合にはそれもいいと思います。

大切なのはその場の思い付きや勢いに任せて辞めたり転職に走らないこと。

転職をするということは今の仕事を辞めて職を変えるため、今までと同じというわけにはいきませんよね。保険や雇用形態など勝手が変わってくるため多少なりともリスクはついてきてしまいます。

そんなときに転職したことを後悔してほしくありません。

転職した方が自分には良い選択肢なのか。

悩んで迷って転職すべきか自分で決める強い意志を持てるようになりましょう。

仕事の疲れに岩盤浴ボール。フラワーエッセンスとの併用も可能です☆

4.フラワーエッセンスのご紹介

フラワーエッセンスという花療法を知っていますか?

自然界の花や植物には波動というエネルギーが備わっており、それを水に転写しただけの食品なのですが、時に人の心を癒す働きがあります。

アロマのように成分は一切入っておらず副作用もないため、赤ちゃんやお子様、妊婦さんにも安心して使っていただけます。

仕事が嫌なときや転職したいと思ったときなど、フラワーエッセンスは心の問題に優しく作用し、これまでの考え方や捉え方が変わることがあるんです。

✳フラワーエッセンス初級講座パート1✳

フラワーエッセンスって何!?フラワーエッセンスを使うことで何が起こるの?など、花の波動水の魅力を分かりやすく解説しています。

最近では某コスメ雑貨店を中心に注目が集まり、悩める人の力にもなっています。詳しくはこちらのページをご覧ください⇒フラワーエッセンスについて

仕事が嫌になったら、「どうにかしよう↑」と捉えるか「どうして自分はダメなんだろう↓」と捉えるか。フラワーエッセンスが変えてくれるのが、こういった染み付いてしまっている自分の考え方なんです。

転職すべきか自分で決める強い意志を持つ

フラワーエッセンスは使う人の意志に反応します。

「~なりたい」という、思うのみの意思から「~なる」という、志す意志になったとき、フラワーエッセンスは精神面に穏やかに作用します。

例えば…

ブラックベリー(by Power of Flowers Healing Essences )

エネルギーを自分に定着させてくれ、思いの現実化のサポートをしてくれます。

決断力を持って行動出来るように、目標や理想を現実の活動に変えられるよう手伝ってくれます。

インスピレーションカクタス(by PHI  Essences  )

メンタルな領域での浄化に。

心を乱されるような考えや影響力から守ってくれ、物事を理解したり心の進むべき方向が見つかるようにサポートをしてくれます。

仕事が嫌になったときや転職するかどうか悩んだとき、フラワーエッセンスはあなたの意志に反応し、力になってくれますよ。

フラワーエッセンスに興味がある、使ってみたいという方はこちらをご覧ください。

フラワーエッセンスセッション

5.まとめ

いかがでしたか?

以上が「仕事が嫌になって転職を考える理由6つとは」でした。

仕事が嫌になったとき、転職するかもう少し頑張ってみるか誰もが悩みますよね(>_<)

悩んだときに私が気づいたのは、人に相談しても占ってもらっても転職するかどうかを決めるのは結局は自分なんだということでした。

相談するとアドバイスはしてもらえるでしょう。相談された側は話を聞いて自分なりの考えや占いの結果を一生懸命伝えてくれると思います。でも、人生は自分だけの道であって相談された人が歩むわけではないので、自分の未来を決められるのは結局自分だけでしかないんです。

仕事が嫌になっても、出来るだけ前を向いて転職するのが良い方法なのかキチンと向き合っていきたいですよね(^^)

自分の今までの考え方を変えてくれるのがフラワーエッセンスです。花の波動で考え方が変わるなんて、なんだか素敵じゃないですか?

もし、人生悩んでいることがあったら試しに使ってみませんか。

ここはそんな心に悩みを抱えている人の為のブログです。

 

こちらの関連記事もご覧ください。

仕事で泣くほど嫌な思いをするのはなぜ?会社・人間関係