休日まで残る仕事の不安感とは

せっかくの休日、なのに仕事の事を考えて不安感に襲われることはありませんか?

考えたくなくてもちょっと思い返すとどんどん不安感が募って仕事が頭から離れなくなる、休日出勤してしまうなど休日ならではの仕事に対する不安感とはなんなのかを知っていきましょう。

1.世界的に見ても日本人の休日は仕事で頭がいっぱい

今日は待ちに待った嬉しい休日

でも、仕事が頭から離れなくて不安感や焦りを覚えてしまう(–;)ことはありませんか?

きっかけは電話やメールなど。何か関連したキーワードを見たり聞いたりするタイミングで連鎖的に思い出してしまい、一度思い出すと不安感からかなかなか頭から離れてくれなかったり、自分でも気になると無意識の内に忘れないように記憶に留めてしまうのではないでしょうか。

ある調査に基づいた労働者意識データによると、「休日まで残る仕事の不安感」について気になると答えた国のトップ5は以下の通りとなっています。

  1. 日本     44%
  2. マレーシア  36%
  3. シンガポール 32%
  4. インド    27%
  5. 中国     15%

このように世界的に比較しても日本は休日まで仕事の事を考えてしまい不安感があるといいます。また、上記のトップ5からも分かる通り、これらの国はどこもアジア圏の経済的発展地で勤勉な社会人がたくさんいる国が多いようです。

アジア圏の気質なんですかね(^-^;

しかし、休日は仕事で疲れた心身をともにリフレッシュしてまた新たな気持ちで仕事に打ち込めるようにもうけられた「休むための日」です。

休日も仕事の不安感があるのならそれは仕事の延長戦、とても休日とは言えませんよね!?

どうして休日も仕事の事を考えてしまうのでしょうか。

また、不安感が残ってしまうのでしょうか。

2.休日まで残る不安感とは

休日は出来ることなら仕事の事なんて考えたくないですよね!?

仕事中は休日が待ち遠しくて次の休みまであと何日とか考えたり、休日前日になると就業時間まで時間が経つにつれカウントダウンをしていませんか(笑)

しかし、いざ休日になると考えたくもない仕事の事を思い出して不安感やストレス、プレッシャーを感じてしまいます。

あなたには以下で心当たりはありませんか?

仕事が終わっていない焦り

仕事が終わっていない不安感。休日明けでも間に合うだろう、大丈夫だろうと思ってもホントに終わらなかったらどうしようと焦ってしまう。

失敗を恐れる不安感や恐怖心

休みの間、昨日やった仕事に不備はないか、失敗していないかなど休日前に終わらせた業務について急に不安感や恐怖に思い頭から離れなくなる。

自分に自信がなくて不安感がある

常に自分に自信がないために自分が関わった仕事、何に対しても不安感があり休日は気が気ではない。

コミュニケーションや人間関係の不安感

上司や同僚、後輩、取引先など、自分の伝えたいことは言えたのか、仕事を円滑に進めるためのコミュニケーションは出来たかという不安感。人間関係が得意ではない人や話すのが苦手な人が抱える問題。

仕事の事を考えていないと不安感が募る癖がついている

休日に楽しむ様な趣味もなく、仕事が好き、仕事人間は休日でも仕事をしてしまったり仕事の事を考えていないと不安感がある。

一度不安を感じてしまうと不安感はなかなか消えてくれず、気持ちを切り替えるのは難しいですよね。

そこで後回しにしてしまうと忘れてしまい、思い過ごしなら良いのですが良くない結果に繋がる可能性も捨てきれません。

休日に仕事で不安に感じてしまう事とは「休日明けの自分への連絡事項をしていない不安感」なんじゃないでしょうか。

自分から自分へ連絡!?(・_・?)と思うかもしれませんが、休み明けに限らず人間というのはその日その日の体調やちょっとした心の変化から思考が違っていたりするものです。

休日前の自分と休み明けの自分も当然違います。そのため、休日まで仕事の不安感を残さないためには休日に入る前には帰宅前に自分への連絡や伝言が必要不可欠なんです。

3.仕事の不安感を解消するために

休日に不安感から仕事を考えないようにするために何が出来るでしょうか?

簡単で誰でも出来る事ではありますが以外にみんなやっていない様な事をピックアップしてみましたので、自分にも出来そうだなと思ったものから、良かったら試してみてくださいね(*^^*)

休日前にやることリストを作る

休日明けの仕事として、まずやることをメモして机に貼ります。休日に入る前にどんな仕事をしたか、締め切りがあるものは優先順位をつけて。その他にも心配なことや周囲に連絡したことなど、自分ではなく他人に連絡するようにメモしておくのがポイントです。そうすれば、すっかり忘れて出社しても思い出せますよね。

これを行うことで不安感や焦りからは解放されますしメモを書くことで頭の中も整理出来るんじゃないでしょうか。

ON/OFFを切り替える儀式を作る

部屋着という言葉があるように、実際に出掛ける時と家にいる時の服装を変えてみたり香りの違うアロマを炊いてみる、入浴剤を入れてみるなど暮らしにちょっと変化をつけてON/OFFを切り替える儀式を作ってみましょう。

休日ならではの儀式があると気持ち的にも「今日は休みだー!」と休日モードになるのでオススメです。

仕事に関係するものは見えないところへ

例えば仕事用ケータイがある人は電源を切って鞄の中へ入れておく、通勤バックや制服なども視界に入らないように隠しましょう。五感の中でも視覚から得る情報が全体の7割を占めます。

下手に見てしまうと連鎖的に仕事を思い出してしまい、考えなくても良いような不安感をあおる可能性があるので休日はケータイを見ない、電源や通知機能を切るなどして仕事に意識を向けないようにしましょう。

普段と違う場所へ

旅行に行くと日常を忘れ、心身をリフレッシュできると言われていますが、休日のたびに旅行へ行っていては大変ですし、お金もかかりますよね?なので、いつもと違う道から帰ってみる、買い物をして帰るだけでもずいぶん違うものです。近くに神社やお寺があれば仕事帰りに寄り道したり休日に行ってみるのもいいですよね。

自然のあるところは行くだけで気持ちが切り替わったりリフレッシュ出来るので特にオススメです(*^^*)

 

休日はしっかり仕事の日と切り離して心身ともにリフレッシュすることが大切ですよ(o≧▽゜)o

4.フラワーエッセンスのご紹介

フラワーエッセンスという花療法を知っていますか?

自然界の花や植物には波動というエネルギーが備わっており、それを水に転写しただけの食品なのですが、時に人の心を癒す働きがあります。

仕事に不安感があったり休日との気持ちの切り替えが出来ない人など、フラワーエッセンスは心の問題に優しく作用し、これまでの考え方や捉え方が変わることがあるんです。

✳フラワーエッセンス初級講座パート1✳

フラワーエッセンスって何!?フラワーエッセンスを使うことで何が起こるの?など、花の波動水の魅力を分かりやすく解説しています。

最近では某コスメ雑貨店を中心に注目が集まり、悩める人の力にもなっています。詳しくはこちらのページをご覧ください⇒フラワーエッセンスについて

休日に、「今日は休みだからしっかり休む↑」と捉えるか「仕事で心配事があって不安感が拭えない↓」と捉えるか。フラワーエッセンスが変えてくれるのが、こういった染み付いてしまっている自分の考え方なんです。

休日はリフレッシュする

フラワーエッセンスは使う人の意志に反応します。

「~なりたい」という、思うのみの意思から「~なる」という、志す意志になったとき、フラワーエッセンスは精神面に穏やかに作用します。

例えば…

アクアマリン(by ALASKAN   Essences )

頭が活性化し過ぎている人の助けになります。頭をオアシスのように静かにすることを助け物事をクリアに受け止め見ることができるように。

DNAクリアリング(by アンジェリックエッセンス)

細胞レベルで繰り返されるパターンから抜け出せる助けをしてくれます。リフレッシュやいつもと違う生活など新しい生き方をもたらしてくれます。

休日でも不安感から仕事の事を考えてしまう場合でも「変わる」と決めたとき、フラワーエッセンスはあなたの意志に反応し、力になってくれますよ。

フラワーエッセンスに興味がある、使ってみたいという方はこちらをご覧ください。

フラワーエッセンスセッション

5.まとめ

いかがでしたか?

以上が「休日まで残る仕事の不安感とは」でした。

私もOL時代は休日になると「あれをやり忘れた( ̄▽ ̄;)」とか、「休み明けに○○から連絡が来る(T-T)」とか「○○さんと仕事だ(;´д`)」と不安感からアレコレ考えてしまいリフレッシュというより嫌な事が延期になっただけという気分の日がたくさんありました。

だからこそ、休日の前の日はしっかり休み明けの準備をしておく事が不安感から仕事を思い出さないために大切なのかもしれませんね。

自分の今までの考え方を変えてくれるのがフラワーエッセンスです。花の波動で考え方が変わるなんて、なんだか素敵じゃないですか?

もし、人生悩んでいることがあったら試しに使ってみませんか。

ここはそんな心に悩みを抱えている人の為のブログです。

 

こちらの関連記事もご覧ください。

仕事の不安を解消しよう、未然にミスを防ぐには