人生も仕事も自分で選ぶ、辛いならムリする必要もないんじゃない?

仕事は人生の中で、生活したり税金を払ったり好きなことをするために欠かせないものです。

仕事をしないまま生きていくことは難しいですが、たくさんの人が働く場所だといろいろな問題が起きるため、辛い思いをしながら働いている人がたくさんいます。

1.人生で仕事は生きるためのツール

人生辛いなぁ…」と感じるのはどんなときですか?

人生が辛いと思う原因でもっとも多いのは仕事だといいます。

職場の利益や会社の決まり、人間関係など関わる人が多ければ多いほど嬉しいことや辛い事、問題もたくさん出てきます。

人生で仕事とは、やり甲斐や人との繋がり、そこから人生のパートナーが見つかることもあるため人生を大きく左右する転機ともいえるものですが、自分の意に沿わない事や問題が起きた場合、人生で仕事は辛いものでしかなくなってしまいます。

  • 仕事が終わらない
  • 仕事が出来ない
  • 仕事が出来るからいい様に使われる
  • 理不尽仕事
  • 無言の圧力
  • 仕事をなかなか休めない
  • 人間関係

このような悩みがあると仕事に行くこと自体が辛いと感じてしまい、辞めてしまう原因にもなります。

雇用形態もフルタイム、パート、アルバイトの他に最近では契約社員や派遣社員などもあります。労働環境や待遇、勤務形態以上の辛い仕事など社会で全ての人が納得して仕事をするのは難しいのが現状です。

実際、役所や法律が決めている事を守っていないところはたくさんあります。会社側はグレーゾーンといわれるギリギリのラインをうまく渡り歩いているんです。

そんなとき、人生は難しく辛いと考え込んでしまいますよね。

人生は誰のものでもない、自分のものですが、そこには仕事を初め多くの事が介入してきます。

自分の意見ややりたいことと周囲の意見に違いがあるとどうすればいいのか、仕事は辛いものでしかなくなるのではないでしょうか。

私も以前の仕事で便利に使われて体調を崩した事があります。本来、労災に当たるところを圧力がかかり手続きを断念しました。また、理不尽な言葉を浴びせられたことも八つ当たりに合うこともありました。

人生で仕事は常に会社側の都合にいい様に出来ていて、労働者に寄り添った環境にはならないんだなど思いました。

2.仕事が辛いのは

仕事は働いて給料を与えられ、それにより生活していくための物、欲しいものを買う事が出来ますよね。

旅行、結婚資金、マイホーム、養育費など仕事に人生がかかっているとも言え、たとえ辛い仕事であっても我慢してしまうことはよくある話です。

人生で仕事が出来ないときや終わりそうもないとき、辛いときなど、頑張りすぎてしまう事はないですか?

その原因として、子供の頃の教育にも関係しているといいます。

仕事が出来るようになれば、仕事が終われば認めてもらえる・辛いものではなくなるという発想は、幼少期の親の教育に似ています。

例えば…子供の頃、自転車が補助輪ナシで乗れるようになったとき、両親が褒めてくれましたよね?

テストで100点を取ったら褒めてくれましたよね?

出来たら褒める、頑張ったら褒めて認めるの「○○たら~」というのは条件付きで認めるのと同じこと。

結果を見て認めるかそうでないかを決めるのが当たり前の事のように育ってきた為、仕事が辛いときほど頑張りすぎてしまうんです。

仕事が出来ない→自分には価値がない→辛い→頑張り過ぎる→辛い

仕事が出来る→自分には価値がある→仕事が楽しい

仕事が辛いとき、悩んでいるときは自分には実力がない、価値がないと思い込んでしまいます。人は出来ないときほど頑張りすぎる傾向にあるため、余計辛いと思ってしまうんです。

人生、頑張りすぎてるなーと思うことはありませんか?

そんなときはおもいきって頑張ることを止めてみましょう。

頑張りすぎるのは自分をいじめてるのと同じ。その内に自己価値が下がり、自分に自信がなくなったり辛いと感じる原因にもなります。

人生で、成果が出ると人はそこで安定することはなく上にいこうとします。上に行くのも大切ですが成果が出たらそこでリフレッシュを挟むのも人生には大切ですよね。

3.人生で得るもの

人生で得るものは自己成長と自己実現、そして人との心の繋がりです。

その仕事はあなたを成長させてくれますか?

夢を実現させてくれますか?

心の繋がりが得られそうですか?

仕事をしていると、辛いと思っても自分の立場や周囲との関係の悪化を恐れるあまりつい自分が我慢をしてしまいがちですが、自分が我慢しないと居られない仕事をしていて楽しいですか?

人生は決して順風満帆ではなく辛いことはたくさんあります。

「辛い事なんて仕事をしていればいくらでもあるんだからそんなことも我慢できないで人生どうする!」

一昔前ならそんな時代でしたが、今はそんな会社が労働問題で弾かれる時代です。

仕事が辛いなら我慢する必要もないと思います。

仕事にいい様に使われる人生を送る必要もないと思います。

人生は大人へと成長するとそれで終わりというわけではなく、仕事でも人生でも常に内面は成長し続ける事が出来るんです。

それを仕事により理不尽に押し付けられて成長を止めたり辛い記憶にする必要はありませんよね。

人生も仕事も自分で選ぶもの。

辛いときは仕事よりも自分の人生を優先してみてもいいのでは?

 

✳フラワーエッセンス初級講座パート1✳

フラワーエッセンスって何!?フラワーエッセンスを使うことで何が起こるの?など、花の波動水の魅力を分かりやすく解説しています。

4.フラワーエッセンスのご紹介

フラワーエッセンスという花療法を知っていますか?

自然界の花や植物には波動というエネルギーが備わっており、それを水に転写しただけの食品なのですが、時に人の心を癒す働きがあります。

人生を変えたい人や辛い思いをしている人など、フラワーエッセンスは心の問題に優しく作用し、これまでの考え方や捉え方が変わることがあるんです。

最近では某コスメ雑貨店を中心に注目が集まり、悩める人の力にもなっています。

詳しくはこちらのページをご覧ください⇒フラワーエッセンスについて

人生で、「仕事でムリはしない↑」と捉えるか「仕事が辛い↓」と捉えるか。フラワーエッセンスが変えてくれるのが、こういった染み付いてしまっている自分の考え方なんです。

人生をクリエイトする

フラワーエッセンスは使う人の意志に反応します。

「~なりたい」という、思うのみの意思から「~なる」という、志す意志になったとき、フラワーエッセンスは精神面に穏やかに作用します。

例えば…

チェストナットバット(by PHI   Essences )

同じ間違いを繰り返しがちな人に。物の見方に柔軟性をもち、出来事に対し学習する助けに。

バイソン(by PHI   Essences)

経験から学び、未来のために結論を出すサポートに。

どんなに辛い気持ちになっても「変わる」と決めたとき、フラワーエッセンスはあなたの意志に反応し、力になってくれますよ。

フラワーエッセンスに興味がある、使ってみたいという方はこちらをご覧ください。

フラワーエッセンスセッション

5.まとめ

いかがでしたか?

以上が「人生も仕事も自分で選ぶ、辛いならムリする必要もないんじゃない?」でした。

仕事をしていると理不尽に辛い悩みを抱えている人は人生でたくさんいます。

好きな仕事に就けている人もそうでない人も実際に企業に入ってみないと実態は分からないもので、会社組織によって人生が決まることも考えられます。

私も入ってみて、求人内容と違う( ̄□ ̄;)!!と思ったことは何度もあります。

我慢をして辛い仕事をしていてもいずれ、気持ちのズレは生じてきます。

辛いと思ったら決してムリはしないでくださいね。

自分の今までの考え方を変えてくれるのがフラワーエッセンスです。花の波動で考え方が変わるなんて、なんだか素敵じゃないですか?

もし、人生悩んでいることがあったら試しに使ってみませんか。

ここはそんな心に悩みを抱えている人の為のブログです。

 

こちらの関連記事もご覧ください。

人生は辛い?楽しい?未来は自分で変えられる