人生に絶望したときに本を読む意味とは

本は好きですか?

どんなときに読みますか?

通勤通学の電車で、家で、人との待ち合わせ中に。今や当たり前のように手元にあってケータイがあれば何でも出来る時代ですが、帰宅ラッシュの駅に行けば、本屋さんはサラリーマンで賑わい、車中も本を読んでいる人がまだまだいます。

そんな中で人生に悩んだとき、絶望したときに本を読むことで気を紛らわせたり乗り越えたりする人もいます。

今日は人生の絶望したときに読む本について知っていきましょう。

1.本は人生の参考書

を最初に手にした記憶は残っていますか?

本は人生で一番最初に両親から与えられる参考書です。

仕掛けがしてあったり歌が流れてきたり、楽しみながら無意識の内に本は教えてくれるものであると認識します。子供の頃の知識や経験は大人になっても記憶として引き継がれます。そのため、大人になってからも人生で知りたいことがあるとき、本を手にするようになるんだと思います。何かに絶望したときも、仕事で恋愛で人生で、もう絶望しないように、変わりたいから本を読むんじゃないでしょうか。

ケータイは確かに便利ですよね。知りたいときに知りたい情報をすぐに調べることが出来る、持ち歩く本のようなもの。しかし、ネットの中には正しい情報と一緒に間違った情報も確かにあり、欲しい情報が得られない場合もあります。

本は著者が自分の想いや考え、知っていることを出版社を通して本にするので人の目が通っている安心感があります。

本は人生で悩んだとき、絶望したときに参考になるだけでなく、読んだ人に安心感を与えてくれるものなんだと思います。

絶望というと

「絶望」というと暗くて重いイメージにとらえてしまう人もいますがあくまでも自分のイメージの問題に過ぎず、文字にすると重く感じても言葉で聞くとそうでもなかったりするものです。

また、「人生で絶望したとき」と「人生で絶望した瞬間」のようにちょっとした言葉のニュアンスでも大きく違ってきますので自分の状態をどう捉えるかは自分次第といえます。

そのため、「自分が絶望した」と思ったらそれは絶望なんだと私は思います。

2.どんな本を読む?

人生に絶望したときに読む本といっても、どの本を読むかは人それぞれ。

ネットで検索するとオススメの本はありますが、それが自分にとって読みやすいとは限りませんし、心を打たれる本とは限りません。

人生は誰のものではない、自分の人生です。

オススメの本が自分の人生に必要と感じたなら読んで、人生に必要でないなら読まなくてもいいんじゃないでしょうか。

活字が苦手ならマンガ本でもいいと思います。

このマンガ本が読みたいと思ったら、それはあなたの人生にはマンガ本が必要ということ。マンガ本でも人生を考えさせられる本もたくさんありますよね。

結局、人生は自分で決めた道以外は納得しないもの。

それと同じように本も自分で選んだ方が読み終えたときに納得するものも多いのではないでしょうか。

3.絶望するのも人生には大切なこと

絶望すると本当に人生のどん底みたいな気分になりますよね。

仕事で絶望的な失敗をした、失恋して人生絶望的、試験に落ちて絶望、就職に失敗して絶望、料理が絶望的に不味いなどなど、人生は絶望だらけ。

でも、そういう絶望をすべて引っくるめて人生であり、絶望するとそこから何かを学べる事があれば、絶望することもときには大切なことなのではないでしょうか。

また、本を読むことで気づくこともたくさんあります。

その気づきを俗に希望といいます。

絶望で望みが絶えたなら空っぽになったところには希望が入るなら、絶望するのも悪くないんじゃないかと思います。

人生で絶望したならたくさん本を読んでみてください。

絶望して何も考えられなくなったら本を読めば心が落ち着くかもしれない。

絶望から立ち直るときに本を読めば、読んだ本の内容から希望が見つかるかもしれない。

本は人生で必要な情報の宝庫だと思いませんか?

✳フラワーエッセンス初級講座パート1✳

フラワーエッセンスって何!?フラワーエッセンスを使うことで何が起こるの?など、花の波動水の魅力を分かりやすく解説しています。

4.フラワーエッセンスのご紹介

フラワーエッセンスという花療法を知っていますか?

自然界の花や植物には波動というエネルギーが備わっており、フラワーエッセンスはそれを水に転写しただけの塩やブランデーが入ったただの食品なのですが、時に人の心を癒す働きがあります。

人生に絶望して何も手につかないときや本を読んで新たに希望が湧いたとき、フラワーエッセンスは心の問題に優しく作用し、新たな希望や考え、それを実現するための意志に作用してくれることがあるんです。

詳しくはこちらのページをご覧ください⇒フラワーエッセンスについて

「絶望だ↓」と捉えるか「絶望したら新たな希望が生まれる↑」と捉えるか。フラワーエッセンスが変えてくれるのが、こういった染み付いてしまっている自分の考え方なんです。

人生に希望をもって常に前向きに考えられるようになる

フラワーエッセンスは使う人の意志に反応します。

「~なりたい」という、思うのみの意思から「~なる」という、志す意志になったとき、フラワーエッセンスは精神面に穏やかに作用します。

例えば…

ファーストチャクラブレンド(by Power of Flowers Healing Essences)

地に足をしっかりとつけた考えが出来るようにサポートしてくれます。粘り強さや忍耐力にも。

フィフスチャクラブレンド(by Power of Flowers Healing Essences)

無気力のパターンを溶かし、輝きと生命力を目覚めさせます。マインドを浄化し進化を加速させます。

フラワーエッセンスを使ってみたいという方はこちらをご覧ください⇒フラワーエッセンスセッション

5.まとめ

いかがでしたか?

以上が「人生に絶望したときに本を読む意味とは」でした。

情報化社会といわれている今、スマホやパソコンで簡単に欲しい情報が手に入るようになりました。

とはいえ、絶望したときにおススメの本を探すように自分の人生で必要な情報は本に頼ってしまうところは本がそれだけ素晴らしい情報の宝庫なんだなと実感させられます。

しかし、そこから何を思って得るか、自分がこれからどうしていくかはあなた次第です。

もし、人生悩んでいることがあったら試しに使ってみませんか?

ここはそんな心に悩みを抱えている人の為のブログです。

 

こちらの関連記事もご覧ください。

死にものぐるいで頑張る人ほど、絶望は大きい。仕事は人生の分岐点。