不安は薬では解消出来ない

不安は常に心の中にある感情の一つで何かを成そうとするときや、挑戦している最中に不安にさせることで妨害してきます。

不安は薬で解消するのは難しく、私たちが出来るのは不安にならないように、もし不安になってもそれが自分の妨げにならないように願うだけではないでしょうか

1.不安の種

不安に思う事やシーンはたくさんありますよね。

仕事で趣味で日常生活で。自分の事や家族の事、恋人や友達の事など不安の要素は世の中の至るところにあって芽生えたり消えたりを繰り返しています。

不安は人間を含めたすべての生き物の心に常にあるもので、病気ではないため薬で解消されるものではありません。

不安な気持ちになってしまうと「何で不安はなくならないんだろう」、「不安に対する薬があったらすぐに使うのに」思う事はありますが、先ほども述べたとおり不安は病気ではありませんので特効薬のような薬はこれといって無いのが現状です。

不安はどうして、どのようにして生まれるのでしょうか?

不安はそもそもとして何なのかを知っていきましょう。

不安↔未来

皆さんは何故、不安が生まれたり芽生えると思いますか?

それは未来が分からないからです。

例えば…暗闇。(((・・;)

真っ暗のところでは何も見えないでしょう?

そこには何があるか分からない、危険があるかもしれないけど見えないから分からない。

何も見えないのは未来も同じです。

何も見えないと未来に何が起こるのか分からないですよね?

何も見えないから自分でコントロールが出来ない

不安は未来に対して感じるもの。

では、何故未来に不安を感じるのか?

それは、「目で見ることが出来ないから」、「自分でコントロールすることが出来ないから」です。

不安は自分のネガティブになっている心が勝手に作り出している妄想なんです。

2.薬とは、なぜ薬で解消出来ないのか

一方、薬は私たちが子供の頃から当たり前のようにあったものです。

薬は古くから病気や傷を治すための効能のある植物で、様々な進歩を遂げながらあらゆる治療に用いる化学物質です。しかし、その薬の多くは外傷や肉体に関する身体的症状に使われるものが一般的で心に使うものではありません。

ストレスなどが原因による病気が増えている近年では心診療といい、うつや精神疾患などの心に対応する精神安定剤などの薬も出てはいます。

しかし、不安は単なる妄想に過ぎず、病気ではないため薬なんてものはありません。

不安は自分の心がネガティブになっているときや自分に自信がないときに現れる、本来あって当たり前のもので、あって当たり前のものに薬なんて必要ないんです。

自分に足りないものがあると、薬があるとどんなにいいかと思う事はありませんか?

<想像してみてください。( ̄^ ̄)>

もし、不安を解消するような薬があるとしましょう。

薬は確かに足りないものを補う役割があります。

速効性もあるので早く薬が効いてくれるかもしれません。

しかし、何にでも薬に依存して頼ってしまっては自分の成長を妨げてしまう可能性もあるとは思いませんか?

不安になっても薬がある、不安になったら薬を飲めばいい。

風邪や外傷なら早く日常の生活に戻るために薬を飲めばいいかもしれません。しかし、不安というのは次から次へと現れるものでキリがありません。もし薬を飲んでもすぐにまた必要になると中毒になり、積極性を失い常に消極的な状態になってしまうかもしれません。

不安を解消するために必要なのは薬ではなく、積極性を取り戻すことなのかもしれません。

3.不安を解消するには

不安を解消する方法はたくさんあります。

しかし、自分にはどの解消方法がいいのか分からないときがありますよね?

それは不安になるときの場面により自分の状態が微妙に違うからだといいます。

不安になっているときというのは共通して自分に余裕がなくなっていたり、顔がひきつっている状態、呼吸が浅くなっている、手足がが冷えている場合があります。

不安や緊張を解消する上で一般的で一番多いのは音楽を聴いたり動画を見たりゲームをすることですが今回は道具を使わない基本的な解消方法をご紹介します(*^^*)

深呼吸

深呼吸は最も身近にあるのに実践する人が少ない解消方法です。

深く呼吸をすると脳に酸素が行き渡りリラックス効果が生まれます。頭がスッキリして発想力が高まるため物事をポジティブに捉え、不安の緩和や解消に。

笑う

笑いは脳にある意思や理性を司る所の血流を促し不安を解消したりリラックス状態にします。また笑うとき、腹式呼吸のような状態になるため血の巡りがよくなり新陳代謝が活発になるため緊張や不安による手足の冷えの解消にもなります。

アニマル浜口がやっているのは不安を解消するのに利にかなっているといえます(^-^;

妄想(イメトレ)

不安も妄想なので、不安とは逆の妄想をすればいいだけです。

うまくいっている自分を鮮明にくどいほど継続してイメージします。うまくいっている自分に不安なんか入り込む余地はありませんよね。これも立派な解消です。

ストレッチ

ストレッチは体の可動域を広げ怪我を予防するだけでなく、リラックスを促し不安な気持ち解消、安定させる意味があります。

青空を見る

青空の持つ「穏やかで若々しい空色」の効果は空間全体が心を開放し、自由を暗示し、時には元気づけてくれます。不安やネガティブなメンタルの部分を解消するのにも効果を発揮し、青空は毎日の生活で少しずつ私たちの目に入り心と体に自然と安らぎを与えてくれます。

 

その他にもフラワーエッセンスという方法もありますよ(*^^*)

4.フラワーエッセンスのご紹介

フラワーエッセンスという花療法を知っていますか?

自然界の花や植物には波動というエネルギーが備わっており、それを水に転写しただけの食品なのですが、時に人の心を癒す働きがあります。

悩みや不安を抱えている人など、フラワーエッセンスは心の問題に優しく作用し、これまでの考え方や捉え方が変わることがあるんです。

✳フラワーエッセンス初級講座パート1✳

フラワーエッセンスって何!?フラワーエッセンスを使うことで何が起こるの?など、花の波動水の魅力を分かりやすく解説しています。

最近では某コスメ雑貨店を中心に注目が集まり、悩める人の力にもなっています。詳しくはこちらのページをご覧ください⇒フラワーエッセンスについて

不安なとき、「不安を解消する↑」と捉えるか「不安だ、なにかいい薬はないの?↓」と捉えるか。フラワーエッセンスが変えてくれるのが、こういった染み付いてしまっている自分の考え方なんです。

不安にならないくらい前向きになる

フラワーエッセンスは使う人の意志に反応します。

「~なりたい」という、思うのみの意思から「~なる」という、志す意志になったとき、フラワーエッセンスは精神面に穏やかに作用します。

例えば…

フィアレスネス(by Pacific   Essences )

不安や恐れへの解放。ライオンのような勇気と力強さをもって現在に視点をおけるように。

ジニア(by Power  of Flowers  Healing  Essences )

遊び心、喜び、楽しむ心軽やかな無邪気さと冒険心を再発見する能力を高めてくれます。精神的な落ち込みによる喜びの感覚が欠如したりエネルギー不足を感じている人に力を貸してくれます。

仕事で失敗したら…という不安感も「変わる」と決めたとき、フラワーエッセンスはあなたの意志に反応し、力になってくれますよ。

フラワーエッセンスに興味がある、使ってみたいという方はこちらをご覧ください。

フラワーエッセンスセッション

5.まとめ

いかがでしたか?

以上が「不安は薬では解消出来ない」でした。

が世の中に便利に出回っている現代では何にでも薬に頼ってしまう状況ではあります。

確かに薬は簡単に楽になって便利なものですが、薬だけに頼っていては何の解決にもなりません。

薬で解消する事を考える前に私たちはもっと大切な根本の部分を見直さなければいけないのではないでしょうか。

自分の今までの考え方を変えてくれるのがフラワーエッセンスです。花の波動で考え方が変わるなんて、なんだか素敵じゃないですか?

もし、人生悩んでいることがあったら試しに使ってみませんか。

ここはそんな心に悩みを抱えている人の為のブログです。

 

こちらの関連記事もご覧ください。

もし失敗したら…仕事の不安感は自分のブレーキになる