ストレス過食、病院や薬について知る

ストレスで過食が止まらなくなったらどうしますか。

誰かに相談しますか。

そのままにしておきますか。

外傷はともかく心の問題、ストレスが原因だったりするとそのまま何もせずに放っておいてしまう人もいるのではないでしょうか。

ストレス過食は人によっては悪化すると様々な合併症を引き起こしかねません。そうならない為にも病院や薬について少し知っておきましょう。

1.ストレス過食になったら

過食とはどういう病気か知っていますか?

過食とはストレスが原因により食欲をコントロールする神経がおかしくなり、ひたすら食べ続けてしまう疾患の一つです。

「食欲が収まらない、自分は過食症なんだろうか」とお悩みの方はいますか?

過食の主な原因は外的ストレス、外部より受けたストレスによるもので、放置しておくと様々な合併症を引き起こし死にもつながります。

会社や学校、ご近所、友人などの上下関係や友人関係など、人間関係全般が円滑にならず、心にストレスが発生した場合に食べてストレスをまぎらわせたり解消したりする人や真面目な人がなりやすいといわれており、食欲をコントロールできなくなると食べずにはいられないと半ば中毒の様に食べ続ける人がいます。

過食と嘔吐を繰り返すようになると、様々な合併症により生活習慣病や低栄養状態にも陥り危険な状態にもなります。

では、ストレスで過食が止まらなくなったらどうすればいいのでしょうか。

食欲が抑えられないだけならそのまま放置したり様子を見る方もいると思いますが、あまりに過剰に食べ物に執着する場合や過食の後に嘔吐もするようになるのであれば、病院に行って診てもらうのも一つの手だと思います。

でも、診てもらうといってもどこに行けばいいのでしょうか?

2.病院や薬は、何科に行けばいいの?

摂食障害の治療にあたる場合、高い専門知識や実績が求められるため、専門の病院(メンタルクリニック)や総合病院の精神科医がいる病院をおススメします。

過食で病院にかかる場合、以下の治療法が挙げられます。

  • 心理療法
  • 栄養療法
  • 薬物療法

過食症そのものに効く薬は病院には存在しませんが身体的、精神的な合併症に対して緩和する薬はあります。

過食症になる要因には外からのストレス、精神的なものにあり、病院で対処するには、精神疾患の治療で活用される心理療法が有効と考えられ、専門のカウンセラーや精神科医がカウンセリングを行ったうえで判断します。

過食症患者のうつ病発生率は50%前後とうつ病を発生した人の割合3%~15%よりも明らかに高く、この治療のために抗うつ薬が使われることがあります。この薬は無気力感や悲観的、憂鬱、物事に集中できないなど過食運動を軽減させる効果がありますが、即効性がなく効果が出るまでに2~3週間かかります。また口が乾く、便秘や胃のムカムカ、吐き気、眠気などの副作用もあります。

抗うつ薬のほかに、抗不安薬や精神安定剤も処方されることもあります。

抗不安薬はイライラや不安、緊張からくる症状を和らげる働きがあり、効き目は早いといわれています。緊張をほぐしリラックス感が得られるため食欲も抑制されるといわれています。

精神安定剤は神経が高ぶっているときやイライラして落ち着かないなどの症状を和らげリラックスする働きがありますが、眠気、無気力さ、だるさ、手の震え、舌のもつれ、筋肉の硬直などの副作用があります。

患者によっては薬を自殺目的で過量服用することもあり注意する必要があります。

合併症に処方される薬として、

  • 胃排出能改善薬:胃から腸へ食べ物を移動させ、胃の不快感や吐き気、嘔吐を軽減させる
  • 緩下剤:便秘を改善させるための下剤
  • ホルモン剤:月経異常や無月経に対して産婦人科や婦人科で行われるホルモンを補う
  • ビタミン剤:栄養不足の解消に。鉄欠乏症や副腎疲労の改善
  • カリウム剤:低カリウム血症にがある人に
  • 胃腸薬:過食嘔吐による胃炎の緩和に
  • カルシウム:かしょくによる栄養不良が長引くと起こる骨粗しょう症の予防や改善に

また、過食症に処方される漢方薬として、防風通聖散や大柴胡湯、抑肝散、柴胡加竜骨牡蛎湯、加味逍遥散があります。

過食症そのものに効く薬は病院には存在しませんが身体的、精神的な合併症に対して緩和する薬があり、摂食障害は重症化する場合があるため、その時は薬物治療を行います。また、自己判断での薬物摂取や弾薬は危険とされているため、医師の処方を守ってください。

3.病院や薬出ないと治らないの?

過食を改善するには病院に行かないとダメですか?

精神科ってちょっとハードルが。。

自分は嘔吐までしたことないし、そこまでじゃないと思う。。。

過食そのものに対して効く薬があるわけではないので、必ずしも病院に行かなければいけないというわけではないと思います。ただ、過食している食べ物が特定のもので1回に食べる量が明らかに多かったり、上記の合併症に心当たりがある方は心配を1つ減らすためにも病院で一度見てもらうのも手段ですね。
✳フラワーエッセンス初級講座パート1✳

フラワーエッセンスって何!?フラワーエッセンスを使うことで何が起こるの?など、花の波動水の魅力を分かりやすく解説しています。

では、フラワーエッセンスでは何ができるでしょうか?

シーパーム(by PacificEssences)

このエッセンスは働き者と言われている人や休むことをせず、常に動いている人、食べることや何かに夢中になっていないと不安な人に忙しさを手放し、流れに身を任せることを教えてくれます。よく働くという点で言えば模範的とも取れますが、成功や人間関係への障害にもなりえます。このような人は拒食や過食などの問題で苦しむこともあります。

フォーシンシア(by PacificEssences)

外部との人間関係に関するメンタルや感情、拒食などの習慣化された中毒パターンを開放します。自分はどうすればいいのか、何をすればいいのかを直感的に認識し、その場所から出て希望の指し示す未来へ向かうという強い意志を助けてくれます。変化する強い意志を助けるエッセンスです。

 

フラワーエッセンスで出来るのは過食の原因となっているストレスを癒すことにより過食が起こらないようにサポートすることです。

過食しすぎて体重が増えたということであれば、ダイエットをサポートするエッセンスがありますし、過食しない様ストレスを浄化するエッセンスもありますので気になる方がいらっしゃいましたらお問い合わせくださいませ。

4.まとめ

いかがでしたか?

以上がストレス過食になったとき、病院やについて知るでした。

病院というと一般的に私たちに馴染みがあるのは、内科や外科、歯医者、眼科、皮膚科、整形外科位でしょうか。

精神科と言われると馴染みがないとかなりハードルが上がっちゃいますよね。

でも、ストレス社会の現代では一番必要な病院かもしれないですね。(あと、個人的に精神科医は優しいというイメージが・笑)

 

フラワーエッセンスはストレスや過食の人を癒すエッセンスがあります。

苦痛や副作用を与えることなく穏やかに作用するといわれています。

過食でお悩みの方に大自然の癒しの力が届きますように。

ルイボスティーはストレスの軽減や快眠、美容、老化防止、二日酔いにもオススメです☆
こちらの関連記事もご覧ください。

ストレスによる拒食と過食の違い