ストレスが原因の過食、その対策法

あなたはストレスが原因で、いつも以上に食べてしまったり、特定の食べ物ばかりを口にしていませんか?

そのときは一時的に満足するかもしれませんが、ストレスが原因の過食生活が繰り返し続くとどうでしょうか。ストレス社会の現代において心のバランスが崩れると病気の原因にもなりますし健康や生活習慣にも決して良いとは言えませんよね。 では、いったいどうすればいいのか。その対策法を考えていきましょう。

1.ストレスで過食しないための対策

私の友人にもストレスが原因で甘いものが手放せなくなった人がいました。

過食をやめたいと思っても欲してしまうんだとか。

「今日は嫌なことがあった。」

「明日も何か失敗するんじゃないか。」

「周りに迷惑をかけたらどうしよう。」

「仕事に行きたくない。」

ストレスから仕事の日は動悸が起こり、休みの日の夜は明日仕事だと思うと気が重くなるそうです。

あなたにもこんな経験はありませんか。または今まさにこの様な状態に陥ってませんか?

過食は心の栄養ともいわれてますのである程度なら起こりうることなのでしょうが、不安やストレスが蓄積されるたび、そこから解消されるために心の欲するままに食べ続けるのは心身共によくないですよね。

特に美容やおしゃれに敏感な女性には。

過食はお肌の大敵。

体重が増える原因にもなります。

でもストレスは増えるばかり。。

では、過食しないためには他にどんな対策があるでしょうか?

対策1. 友人や会社の同僚に愚痴をこぼす。

対策2. カラオケで大声で歌ったり叫んだりする。

対策3. 好きなものを好きなだけ買い物する。

対策4. 映画や音楽で落ち着かせる。

上記の方法はとても身近でいて実行しやすい対策かもしれません。

「過食」についてインターネットで検索すると頻繁に出てくるのは過食症や拒食症など摂食障害に関するものがほとんどで、”別にそこまでではないんだけど...”っていう状態に関する記事は少ないと感じました。

大抵の人は上記のいずれかの中で自分に合った対策を行うことで解消するのでしょうね。数少ないネット記事でストレスを感じた時の対策法としても上記の方法を薦めていました。

私もある対策法に出会うまでは仕事帰りに映画を観たり音楽を聴いたりして落ち着かせてきました。(それくらいしかないと思ってました。)

ですが、ストレスを感じたとき、すぐにその場で解消できる対策があったらどんなにいいでしょうか。帰り道にモヤモヤすることもなく絶望や喪失感を感じることもなく、過食をしなくても済みます。

 

ストレスが原因で過食しないための対策として、

私のブログではフラワーエッセンスについてご紹介していきたいと思います。

2.過食の原因はストレス?

そもそも「過食」とは、主に心にトラウマやストレスが発生したことが原因で心のバランスを整える神経伝達物質セロトニンの活動が鈍くなり、感情レベルで不安定になった自分を守るため、対策として食べてしまいます。

セロトニンは脳の機能を安定させる重要な役割があり、意欲神経のドーパミンや不安を感じるノルアドレナリンをコントロールすることによって精神状態の均衡を保つといわれています。

裏を返すと、ドーパミンとノルアドレナリンをコントロールできなくなると精神状態が不安定になり、過食の原因になるのです。

過食は心の栄養とも言われてるくらいですし、女子大生の6割は過食経験があると言われています。

社会人ともなればもっと多いかもしれませんね。

しかし、過食することが原因で肌荒れや口内炎のもとになります。

むくみや冷えの原因にもなりますし、便秘にもなりやすいです。

それに虫歯。歯医者にお世話になるくらいなら過食はしたくないですよね。(キーンという音にはいくつになっても慣れません(笑))

また、味も感じることなくたた食べ続けるようになると摂食障害にもなりかねません。

そうなる前にどう対策するべきか。

ストレスから過食に走ってしまうメカニズムがわかったところで、過食しないためのストレス対策についてご紹介します。

3.過食しないためのストレス対策

過食しないためのストレス対策として、1.の最後に触れたフラワーエッセンスについてどのくらいの方が知っているでしょうか。

フラワーエッセンスとは、1930年にイギリス人の医学博士により誕生した花療法で、自然界の花や植物の生命エネルギー(神社やお寺に行くと清々しい気分になりませんか?)をお借りして悩みやストレス、不安を穏やかに取り除き心を癒します。

代表される主なストレスとして①恐れ②不安③現実逃避・願望④孤独(寂しさ)⑤神経過敏⑥落胆と絶望(失望)⑦他人を気にしずぎる(自分本位・自己喪失)があげられます。

近年では動物やミステリーサークル、プラネットからもエネルギーをお借りすることができるので自然療法(ネイチャーエッセンス)ともよばれています。

花や植物それぞれにいわゆる「悩みの専門家」があり、今直面している問題を癒し、前に進むための力(対策)を貸してくれます。
✳フラワーエッセンス初級講座パート1✳

フラワーエッセンスって何!?フラワーエッセンスを使うことで何が起こるの?など、花の波動水の魅力を分かりやすく解説しています。

女性には嬉しい恋愛に特化したエッセンスもあって某コスメ雑貨店などではじわじわと広まりつつあるのですが、、この話はまた後日に。

さて、話を戻しますね。

前記のとおり花や植物にはそれぞれの特性があり、ストレスに関するものや過食に関係するものもあります。

これらは、ただストレスが発生したときにどう癒すかだけではなく癒してその後どうしていくか対策をサポートしてくれます。

どうやってストレスが発生したときに癒すだけではなく、その後どうしていくか対策をサポートしてくれるのでしょうか。

それは、フラワーエッセンスは潜在意識に働きかけていくからです。

潜在意識とは、自分の奥底にある無意識の自我(本能)ことです。例えば、ファミレスに行ったとしましょう。たくさんあるメニューの中でどれにしようか何種類かで悩んだことはありませんか?その中で一番最初にぱっと目についたものが潜在意識の中で食べたいと思った料理です。子供のころは何も考えずに自分の本能のままに食べたいものを選びますが、大きくなるにつれいろんな経験や感情を持つようになるのでそれが原因で「こっちも美味しそうとか予算的に~」とか本能に横やり(表面の感情)が入ります。

なので、ストレスを根本から癒すのです。

といっても言葉だけではわかりにくいですよね(笑)

では、少し実際のフラワーエッセンスをご紹介しましょう。

 

バランサー/緊急用(by Pacific Essences)

バランサーエッセンスとは、フォーシンシア・グレープヒアシンス・ナルキサスの3種類の植物をブレンドしたもので、主にストレスが溜まってしまっているときや何らかのトラウマにとらわれてしまった時などの緊急事態用に使用します。精神を静め、荒れ狂ったような感情を穏やかにしてくれます。「これはこういうもの」など、思い込んだ考えを変え、しっかりとしたものの見方を取り戻してくれます。精神や感情だけでなく肉体のバランスもとることを助け力強い生き方ををすることをサポートしてくれます。

ブライトゥン ユア デイ ブレンド(by Power of Flowers Healing Essences)

ブライトゥン ユア デイ ブレンドは、ワイルドローズ・マスタード・ゲンチアナ・ゴース・クラブアップルをブレンドしたエッセンスです。このエッセンスは絶望感や憂鬱感、物悲しさなどの落ち込む様な感情全般を和らげ、新しい希望や明るい気持ち、前向きな考えへつなげてくれます。このエッセンスのラベルはひまわりになっています。ひまわりは常に輝く太陽(希望)を見上げて花を咲かせますよね。気持ちをひまわりのように晴れやかにしてくれるエッセンスです。

 

2種類のエッセンスの違いは分かりやすくいうと、

バランサーがイライラしたり発表前の緊張用。ブライトゥンはズーン↓↓とした暗い気持ち用です。

人により適正エッセンスがあるので必ずしも上記のエッセンスがいいというわけではないのですが、

私自身、ストレスを溜めやすくブライトゥン ユア デイには何度も助けられました。

また、冒頭の甘いものが手放せなくなったという友人もこのエッセンスを使用しました。(職場でも自宅でも使用していたそうです。)

一言にストレスや過食といってもその中身は人それぞれです。ネットを開けばいろいろな対策法は分かるかもしれませんがそれがあなたに合っているとは限りませんし、ストレスを発散してもまたモヤモヤして発散して~~の繰り返し(一過性)になり発散した後、どう考えていくかまでは分からないし教えてくれませんよね。

そういった上ではフラワーエッセンスはとても画期的な対策だと思います。

スポイト付きの小瓶に入っていてポケットやポーチに入れて持ち運べるので、外出先や仕事先、学校でストレスを抱えてしまった場合、すぐに解消することができます(個人差あり)。飲み物に入れて飲んでもいいですし、握ったり眺めたりするだけでも違うのでんですよ。

副作用や常習性もなく誰にでも(未成年・乳幼児・妊婦・ペット)使えるのでエッセンシャルオイルやハーブティよりも使いやすいです。

4.まとめ

以上がストレスが原因の過食、その対策法でした。

いかがでしたか?

現代において病気の1番の原因はストレスといわれています。自分の意思や感情を表に出さず、抱え込む傾向にある日本人はストレスがない人の方が少ないと思います。ましてやなくすこと自体不可能といえるでしょう。その中で日々のストレスとどう向き合って対策していくか。過食したときはまず何が原因か(どんなストレスが原因か)を理解し、どうしたいかを考えましょう。

それが出来ればあとはもうあなたにあったフラワーエッセンスを取り入れるだけで気分も考え方も変わり、対策はばっちりだと思いますよ。

ルイボスティーはストレスの軽減や快眠、美容、老化防止、二日酔いにもオススメです☆

こちらの関連記事もご覧ください。

ストレスによる拒食と過食の違い