ストレスからの腸炎とは、治す薬はあるの?

ストレスと感じるとあなたはドコに来ますか?頭痛がする人、耳鳴りがする人、胃が痛む人など人によって症状が出る場所が違います。

腸に来る人はいますか?

大事なときにトイレが近くなる人、軟便だったりお腹を下しやすい人は必見です。

自分では自覚がなくてもこれから書く内容を読んでいるうちに知らず知らずの内、自分の身に起きていることが実は腸炎だったと思う人も少なくないハズ。

今日はストレスと腸炎、それを抑える薬について知っていきましょう。

1.腸炎とは、胃腸炎とどう違うの?

腸炎とはどんな症状か知っていますか?また、腸が体内でどのような働きをしているか知っていますか?

腸は摂取した食べ物の栄養分と水分を吸収し、不要な部分を体外に排泄します。健康な体の場合、毎日1~2回の排便をして体内は健康に保たれます。しかし、ストレスなど不測の事態が起こり腸がうまく機能しない場合があります。これが「腸炎」というものです。

腸炎は腸の粘膜に炎症が起きた状態で原因によって種類が挙げられますが、一番多く一般的に知られているのは急性腸炎です。しかし、近頃はストレス性腸炎も急増しているんです。

腸炎と胃腸炎との違い

急性腸炎や慢性腸炎、神経性腸炎、胃腸炎など腸炎の元となる原因や炎症の発生部位によって現れる症状が多少異なります。

主な症状としては「腹痛と下痢」があります。

急性腸炎を疑っても腹痛と下痢だけでなく、吐き気や嘔吐の症状がある時は「胃腸炎」の可能性もあります。また、発熱を伴う場合は感染症腸炎の可能性があります。下痢が続くことによる全身の脱力感や倦怠感といった症状があったりウイルス性の急性腸炎では咳や鼻水などの症状が出る場合もあるんです。

ウイルス性の感染症腸炎による腸炎は激しい下痢が特徴ですが、無理に下痢を止めるような薬は危険です。

下痢は体内のウイルスを大概へ排出する作用があるため、下痢を止めるとウイルスが体内に長く留まり治りが遅くなるんです。

2.原因はストレス?

ストレスからの腸炎とはどいうものなのか、ストレスは精神的なものなので肉体的に腸炎とどう関わっているのか知っていますか?

腸炎の原因は様々ですが特に大きな原因となっているのが精神的なストレスです。

腸の緊張を強める神経と弱める神経が腸内(大腸/小腸)にバランスよくあるのですが、そのバランスが乱れることで腸炎を発症します。良く試験前や会議でのプレゼン前になると、お腹が急に痛くなってトイレに駆け込む人はそのせいでストレス性腸炎といいます。

また、ウイルスや細菌が急性腸炎の原因となることも。これは感染性腸炎と言われ、腸炎ビブリオ菌やO-157が有名です。他にも腸管内の潰瘍や腫瘍、腸以外の病気として肝臓や胆のう、すい臓の病気、泌尿器系の炎症、糖尿病、アレルギーなどが原因になることもあるんです。

「病は気から」という言葉があるように気持ちや気力は体調と密接に関係していて、ストレスを感じると体調も崩しやすい事が言えます。その中で最も敏感なのが胃や腸で腸炎、胃痛、過敏性腸症候群という腹痛を発症します。体はストレスを感じると消化器系のバランスが乱れ、腸がうまく機能しなくなります。

ストレス社会で生活している現代人にとってストレスからくる腸炎はとても身近な病気です。

下は園児から上はサラリーマンまで腸炎はあるといいますが、そのほとんどは薬などの対処法を知らないといいます。

3.腸炎に効く薬

ストレスから腸炎になったとき、薬を飲んでいますか?

緊張する出来事に遭遇したとき、ストレスから腸炎になる人は真面目な日本人には珍しくありません。しかし、その中で薬を飲んでいるという人は驚くほど少ないんです。

薬は熱や重篤な症状や疾患、病気の時に飲むものという意識が日本人にはあります。いい意味でも悪い意味でも欧米ほど薬を飲む習慣がないことにありますが、ストレス性によるものだからとそのままにしていてはまたお腹が痛くなる可能性があったり、いつお腹が痛くなるのかと思うと気が気じゃないのではないでしょうか。

風邪薬とは違い、腸炎を抑える薬はお腹の調子を整え正常に働くよう作用する薬なので安心して使えると思いますよ。

  • 正露丸

下痢や吐き気を穏やかに抑える薬で腸内のバランスを調節し下痢や軟便を抑えます。過剰な大腸の動きを正常戻すことで腸内の水分を正常にします。

  • プスコパンMカプセル

ストレスによる胃痛や腹痛や胸やけに使う薬で腸の筋肉の動きを抑えるはたらきがある。

  • ストッパ下痢止め

ストレスなど精神的なことで起こる急激な下痢に有効で水なしで場所やタイミングを選ぶことなく服用できる。

  • 赤玉小粒腹薬

ストレスなど精神的なことで起こる急激な下痢に有効で腸を整え炎症を抑える。

 

ストレスによる腸炎では病院に行かない人の方が多いですがだからと言って市販の薬を頻繁に飲むのも良くありません。

頻繁に薬を飲むことで耐性がついてしまい、効かなくなる恐れもあるため、もしもの時を決めるのも重要になってきます。

4.フラワーエッセンスと腸炎

✳フラワーエッセンス初級講座パート1✳

フラワーエッセンスって何!?フラワーエッセンスを使うことで何が起こるの?など、花の波動水の魅力を分かりやすく解説しています。

ストレスで腸炎になったときお腹が痛くなったり下しそうになった時に助けてくれる薬代わりになるフラワーエッセンスを紹介します。

バランサー(by Pacific Essences)

強いストレスによって失った心身のバランスを整え落ち着きを取り戻してくれます。何かに囚われて固執してしまった注意をしっかりとしたものの見方が出来るようサポートしてくれます。

ミムラス(by Power of Flowers Healing Essences)

あらゆるレベルの恐れに対しとても役立つエッセンスで、勇気を出し恐れに立ち向かう強さを与えてくれます。

 

緊張する局面にきたとき、腸炎になったとき、フラワーエッセンスは時間も場所も頻度もタイミングも選ばずに飲むことが出来ますし、ポケットに入れておくと握るだけで効果があります。

薬を飲むことに抵抗がある方はフラワーエッセンスの方が合っているのかもしれません。

上記はあくまでも参考です。フラワーエッセンスは種類が豊富なので自分だけのエッセンスが他に見つかるかもしれませんよ。

5.まとめ

いかがでしたか?

以上が「ストレスからの腸炎とは、治す薬はあるの?」でした。

私も緊張したときや恐れがある時はお腹が痛くなるので腸炎という言葉を知ったときはストレスからくる病気なんだとびっくりしました。

熱が出たり重篤な症状でもない限り人はやり過ごしてしまう傾向にありますが対処法として市販でが売られているのでどうしようもないときは利用しない手はないですよね。

 

こちらの関連記事もご覧ください。

精神的ストレスが原因と診断された症状とは