育児のストレス太りを解消しよう、わが子の為に出来ること

育児って分からないことだらけですよね。

親兄弟や周囲の人に聞いたり、本を読んでいても「実際に経験してみたら大違いだった。」なんてこともあるのではないでしょうか。2人目以降の育児にしてもそれぞれ性別や個性というものがありますからね。わが子も小さな人間です。予習通りなんていかないですよね。

今回はストレス太りと育児について知っていきましょう。

1.育児は大変!ストレス太り

子供は可愛い、特にわが子は格別に可愛いし癒されますよね。

しかし、毎日の育児でストレス太りになってませんか?

夜泣きやご機嫌が斜めのとき、初めての育児で分からないことがあったり孤独感を感じると心にストレスを感じてしまいます。また、出産してから3か月位までは頻回授乳があるので寝不足になり、心だけでなく体力面でも疲れが出てきてしまいますよね。

また、やることは育児だけではありません。

掃除や洗濯、食事の支度に夫のことなど家のこともあるので休まる時がありません。出産後約1年間はホルモンバランスが崩れるので、体は疲れやすく、むくみやすい。心はイライラしたり精神が不安定になりやすい時期なんです。

お母さんの心身が限界に達してくると育児によるストレス太りはここから始まります。

人はストレスを感じると脳にあるドーパミンという摂食中枢を刺激するホルモンの活動が活発になり食欲が刺激されます。そして食欲抑制ホルモンがストレスを感じることによって満腹中枢の働きが鈍くなるので食欲を抑えるのが効かなくなります。また、脳はストレスを感じるとエネルギー源である甘いものに含まれるブドウ糖や脂っこいものに含まれる情報伝達や神経細胞、精神安定の働きを補うためといわれています。

つまり、ストレスを感じるとエネルギーを補うために脂っこいものや甘いものを食べるように脳が指令を出しストレス太りが生まれます。

赤ちゃんを連れての外出は大変です。おむつやミルク、おやつなど持っていくものが多いので、育児をしていると頻繁に外出らしい外出も出来ないですよね。せいぜい近くの公園を散歩くらいでしょうか。家の中での生活は行動範囲が限られて来るので運動不足にもなってしまいます。

「毎日の育児や家事でストレスが溜まる。」

「外出が思うように出来ない。」

ストレスが溜まってしまい、解消するために暴飲暴食していませんか。

育児中は休む時間もなく家事や育児に追われるので痩せやすいともいわれていますが、一方でストレスで食に走る傾向が高く、太りやすいともいわれているんです。

ストレスと運動不足が重なるとストレス太りする一方です。

育児による運動不足がストレス太りを加速させてるといえます。特に出産直後は、骨盤も開いて筋肉量も低下しているため、代謝が落ちてしまっているんです。

運動はダイエットだけでなく自律神経の活性化にもなるのでストレスの緩和にもなります。

天気のいい日は必ず少しでもお散歩をしたり、あやしながらスクワットをするなど、出来ることから始めるといいでしょう。

2.わが子と一緒にニコニコ育児

お母さんのストレスやイライラは子わが子に伝わるって知ってますか?

育児は簡単なものではありません。育児による不安や悩み、緊張や思うようにいかないイライラ、絶望感、孤独感、憂鬱といった気持ちは子供に伝わります。それは2,3歳児はもちろん、赤ちゃんにもです。言葉が通じない赤ちゃんは、感覚で分かってしまいます。

小さいうちは言葉でのコミュニケーションが十分に取れない分、感覚や直感力が研ぎ澄まされています。

ストレスを感じたとき食べることによってイライラは一時的に解消されます。わが子にあたってしまうよりはマシでしょう。ですが、それを繰り返しているとストレス太りになってしまいます。

また、お母さんのストレスも敏感に感じ取りますし、時にはお父さんとお母さんが喧嘩した場合にも敏感に感じ取ることができます。お父さんとお母さんの微妙な空気を感じると泣き出したり、おもちゃを持っていったり何とかして気を引かせようと仲良くさせようとします。

家庭内に微妙な雰囲気が漂ったまま子供が成長すると、子供は早くに自立心が芽生え、親の手のかからない子に成長するか、ネガティブな心を持つようになります。いずれにしても家がリラックスする場所ではないため、愛情に飢えた子になり、その子自身もストレスでストレス太りや様々な体調不良に悩まされることにもなります。

わが子をどんな風に育てたいですか?

どんな風になって欲しいですか?

親のストレスをなるべくわが子に与えることなく、愛情いっぱいに育てたいですよね。

わが子はお母さんのイライラやストレスだけでなく、嬉しい気持ちや楽しい気持ちも伝わるものです。

お母さんがニコニコしていたら、わが子もニコニコするんです。

思うように育児がいかないこともあると思います。それでもわが子のために一生懸命にやっていることは伝わると思いますよ。

3.育児とストレス太りのフラワーエッセンス

✳フラワーエッセンス初級講座パート1✳

フラワーエッセンスって何!?フラワーエッセンスを使うことで何が起こるの?など、花の波動水の魅力を分かりやすく解説しています。

育児をしていると買い物や運動、カラオケでストレス発散なんて出来ないですよね。

フラワーエッセンスはその場でストレスを解消できるので育児中のお母さんには特におススメです。

サラファンフリート(by PHI Essences)

心にに強く働きかけて深い愛を体験できるように。また、見返りを期待することなく子供を愛する事を学ばせてくれる。無邪気で純粋な心からの喜びのために。

ワイズマンエリクサー(by Power of Flowers Healing Essences)

育てることや賢さ、直感につながりたい女性や男性へ。芯の強さや心の深い所へアクセスし、女性の転換期を支えます。

 

ストレス太りを引き起こすのはストレスです。ストレスを解消すれば食に走ることもなくストレス太りをした分は自然に解消されていくと思います。あとは摂取カロリーより消費カロリーの多い食事や出来る範囲での運動で元の体に戻すといいでしょう。

フラワーエッセンスはストレスを感じた時、イライラしてると感じたときに手軽に飲んでいただくことによってストレス解消になるのでとってもおススメですよ。

4.まとめ

いかがでしたか?

以上が「育児のストレス太りを解消しよう、わが子の為に出来ること」でした。

赤ちゃんにとっては自分に栄養を与え、1番に守ってくれる存在はお母さんなんです。

ストレスを感じたら溜め込まずにその場で解消することで育児を楽しんでくださいね。

また最近、イクメンが増えている一方で、子供好きと言っては子供が出来ると自分の時間がとられるのが嫌だ、子供にお金をかけるのが嫌だなどと育児に不参加な人もいます。

子供好きと聞くと一見、子育てにも進んで参加してくれそうな印象もありますが、子供好きと子育ては違います。

子供好きは全体を可愛がる行為。

子育ては内側を育む行為。

単に可愛がるのと育てるのは別物です。

わが子はお父さんとお母さん2人の授かった命なので2人で一緒に育んであげてくださいね。

ルイボスティーはストレスの軽減や快眠、美容、老化防止、二日酔いにもオススメです☆
こちらの関連記事もご覧ください。

ストレス太りから悪循環へ