イライラを抑える市販の薬

最近、いつになくイライラしたり自分で自分を抑えることが出来なくなってしまう事はないですか?

病気ではないと思ってもあまりにイライラを抑えるのが難しいとき、それを放っておくとうつ病などの精神疾患に陥る人もいるんです。

では、どうしたらいいの?

市販の薬でもイライラを抑えるのに有効な薬があるのを知ってますか?

今回はイライラを抑える市販の薬について知ってきましょう。

1.イライラを抑える薬ってあるの?

イライラを抑える市販に売られている薬があるのを知っていますか?

何気ない事でもその時々によってイライラするときとしないときってありますよね。

いつもは素通りするのに今日は目が行ってしまうのと同じ感覚で同じ事、同じ動作、何でもない事や些細な事でイライラする。イライラのようなマイナスな感情は抑えることが出来ないと負の連鎖を起こし何をやってもうまくいかない1日だったりします。

自分にとってのストレス解消法はイライラを抑えるのに有効ですか?

ストレス解消法は嫌なことがあったり辛いことがあったときには有効かもしれませんがイライラを抑えるのに効果的かというとそうとは限りません。

自分だけならまだしも自分以外の他人を巻き込んでのイライラだった場合、人間関係にも悪影響が出てしまいます。

そんなときに市販に売られている薬でイライラを抑えることが出来るって言ったら試してみたいと思いますか。

薬局やドラックストアといった市販で売られていて手軽に購入出来、使用方法をよく読んだうえで市販の薬を飲むだけでいいんです。それだけでイライラを抑えることが出来ます。

イライラだって放っておくと自律神経失調症やうつ病になる怖れもあります。病気になってから治すよりはあらかじめ予防したい人もいます。病気になってから治しても心の病気の場合、一度発症すると完治するのは難しく再発の恐れもあります。

2.イライラのもと

イライラの原因はたくさんあります。イライラの原因によって購入する市販の薬も違うんです。

イライラする原因として、以下のことが考えられます。

  • 緊張や不安が高まっているとき
  • 人間関係で過度な緊張や不安が強いられるとき
  • 睡眠不足による自律神経の乱れ
  • 更年期障害や生理前のホルモンバランス
  • 環境の変化によるストレス

緊張や不安が高まっているとき

「絶対に失敗したくない」、「絶対に成功させなければ」など完璧を求めるあまり予期していない変化に対して神経が過剰になってしまうあまりイライラすることはないですか?

やる気があるのはいい事ですが、やる気も行き過ぎてしまうと神経が常に興奮状態に陥りイライラしてしまいます。そのままにしておくと緊張から倦怠感や頭が重い、うつ病になる恐れもあります。

この様な場合、神経過敏で興奮してしまうのを和らげる必要があります。

人間関係で過度な緊張や不安が強いられるとき

上司と部下、先輩と後輩、嫁姑問題など、人間関係のイライラは主に上下関係に主軸が置かれ、会ったことのない人への緊張や今後の付き合い方への不安、考え方の違いなどから起こります。

「十人十色」という四字熟語を知っていますか?人が十人もいれば個性も考え方も十通りあるという事です。

自分と他人は違う人間なのである程度の考え方が違って当たり前なのですが、自分の行きたい方向に相手の矢印も合っていないと理想と現実が合っていないギャップから交感神経が興奮するため、イライラしてしまいます。

睡眠不足による自律神経の乱れ

人は眠ることによって一日に起こった出来事や情報を脳で整理したり体の疲れを取ります。

睡眠不足でイライラしてしまうのは眠れない、あるいは睡眠時間が短いために上記の処理が十分に行えず疲れが取れていないのが原因で自律神経が乱れてしまうからです。

一度睡眠不足を経験すると癖がつきやすくなってしまうため、それが続くと集中力や免疫力が低下し、頭痛や吐き気の症状が出てきます。寝足りないと感じたときは、その日は早めに寝るなど何かしらの対策を考えた方がいいでしょう。

更年期障害や生理前のホルモンバランス

閉経を前後して約10年女性なら誰でも起こりうる更年期障害は、女性ホルモンが減少してホルモンバランスが乱れてしまう事で不眠や頭痛、倦怠感やイライラを引き起こします。

また、生理前のホルモンバランスは生理前の約1週間ホルモンバランスが乱れることによってイライラや気分の落ち込みが引き起こされます。

この2つは原因がともにホルモンバランスの乱れによるものなのでホルモンバランスを整えるようにしましょう。

環境の変化によるストレス

引っ越しや異動で今まで馴染みのあるところから突然、知り合いがいないところへ行ってしまったとき、どんな気持ちになりますか?不安や孤独、アウェー感から心にぽっかり穴が開いた気分になりませんか?

昔は人と人とのつながりが大切だといい、隣人に醤油を借りに行ける仲が当たり前でしたが、今はスマホやパソコンなど知りたい情報が人の力を借りなくても分かる世の中になり、都会では歩いて数歩の距離に当たり前のようにコンビニがある、隣人に醤油を借りに行かなくてもいい時代になりました。

そんな便利の世の中が孤独感をうみ、イライラする原因になりました。

3.オススメ市販薬

実際にイライラを抑える薬として市販に売られている薬を紹介します。

イララック

カプセルタイプの市販の薬で植物由来の生薬エキスから作られているため鎮静効果があり、イライラを抑えるのに有効です。また、カプセル状は手軽に飲める点から市販の薬を今まで飲んだことがない、初心者にぴったりの薬といえます。

  • 緊張や不安が高まっているとき
  • 人間関係で過度な緊張や不安が強いられるとき
  • 環境の変化によるストレス

上記の状態でイライラしているときに、そのイライラを抑えるために。

市販に売られている薬のため、薬局やドラッグストアの薬剤師さんに相談して決めるのもいいでしょう。

メチオンパール

植物生薬を5種類配合した市販の薬でイライラを抑えるのに有効な他、緊張を緩和させたいときや疲れを取りたいときにおススメの市販の薬です。

  • 緊張や不安が高まっているとき
  • 人間関係で過度な緊張や不安が強いられるとき
  • 睡眠不足による自律神経の乱れ
  • 環境の変化によるストレス

上記の状態でイライラしているときに、そのイライラを抑えるために。

市販に売られている薬のため、薬局やドラッグストアの薬剤師さんに相談して決めるのもいいでしょう。

伊丹製薬のウット

市販に売られている第2類医薬品の鎮静剤で、ストレスで興奮状態になった神経症状を抑えるのに有効。小さな錠剤で1回1錠、1日1~3回を自分の体調を見ながら飲む。この薬は興奮状態を抑える他、催眠効果があるため、不眠に悩んでいる人にもオススメの市販の薬です。

  • 睡眠不足による自律神経の乱れ
  • 更年期障害や生理前のホルモンバランス

上記の状態でイライラしているときに、そのイライラを抑えるために。

市販に売られている薬のため、薬局やドラッグストアの薬剤師さんに相談して決めるのもいいでしょう。

ゼリア新薬のプレフェミン

市販に売られている生理前の症状を和らげる要指導医薬品で、生理前によりイライラや胸のハリやむくみなどの症状に対応できます。

スイスやオーストリアなど多くの国々で使われており、副作用が少なく安全性が高いという利点から長期的な服用が可能です。

  • 更年期障害や生理前のホルモンバランス

上記の状態でイライラしているときに、そのイライラを抑えるために。

市販に売られている薬のため、薬局やドラッグストアの薬剤師さんに相談して決めるのもいいでしょう。

小林製薬の命の母A

市販の第2類医薬品で主に更年期障害による症状を改善する薬として使用されています。

更年期はイライラやだるさ倦怠感などの精神的症状や不眠や肩こりなど身体的症状の両方に対応し抑えることが可能です。更年期は女性ホルモンが減少してホルモンバランスが乱れてしまうことによりイライラしてしまうため、理由もなくイライラすると思ったときは更年期を疑いましょう。

  • 更年期障害や生理前のホルモンバランス

上記の状態でイライラしているときに、そのイライラを抑えるために。

市販に売られている薬のため、薬局やドラッグストアの薬剤師さんに相談して決めるのもいいでしょう。

 

市販の薬を飲む際には薬剤師の指導の下、注意点を守って服用してください。

イライラしたときに関するはたくさんあります。しかし自分の症状をよく考え、その症状によく合った市販の薬を購入するようにしましょう。

4.フラワーエッセンスは食品

✳フラワーエッセンス初級講座パート1✳

フラワーエッセンスって何!?フラワーエッセンスを使うことで何が起こるの?など、花の波動水の魅力を分かりやすく解説しています。

フラワーエッセンスは薬ではなく食品です。イギリスやオーストラリアのドラックストアでは他の薬と一緒に並んでいるんですよ。

では、イライラを抑えるフラワーエッセンスをご紹介します。

グレープヒヤシンス(by Pacific Essences)

事故や外部から受けたショックなこと、感情によるトラウマを乗り切り、本当の自分を見つめなおすサポートをしてくれます。絶望的な状況からから立ち上がって心身のバランスを整え、どんな困難にも立ち向かっていけるように助けてくれます。

ドルフィンブレッシング(by Jane Bell ESSENCES)

休息や遊び、愛、喜びが健康と幸福に向けて心身をどう調整していくかということをより深く感じるサポートをしてくれます。

 

フラワーエッセンスに大切なことはイライラや悩みを解決した後どういう気分になりたいか、なっているかその後のことを思い描くことが大切です。

あなたはイライラしなくなったらどうなっていると思いますか?

5.まとめ

いかがでしたか?

以上が「イライラを抑える市販の薬」でした。

日本人は危機管理能力が薄く、症状が出る前の予防として薬を飲むことを苦手としています。ましてやイライラなどの心的ストレスだと病気と認識せず、症状が出るまで放っておく人がほとんどです。

一度症状が出ると元通り完治するのは難しく、また症状が出るのではないかとの不安にも駆られます。

薬に関する医薬法も一部改訂され薬局やドラッグストアなど市販で扱う薬の種類も増え病院に行かずとも手軽に手に入れられるようになりました。

そんな今の世の中だからこそ、自分でイライラを抑えることや、ホルモンバランスを整えることをするべきなんじゃないでしょうか。

 

こちらの関連記事もご覧ください。

イライラは食べ物で抑える?驚きの食材