お腹がゴロゴロするのは、胃腸炎に注意!

胃腸炎になった経験はありますか?

胃腸炎といっても様々な胃腸炎があります。急性胃腸炎、慢性胃腸炎、神経性胃腸炎。これらはどう違うのでしょうか?

また、胃腸炎になる人の中にお腹がゴロゴロ鳴ったり感じたりする人がいます。

お腹がゴロゴロ鳴る理由は様々ありますが、胃腸炎の場合は何故ゴロゴロするのでしょうか。

今回はお腹のゴロゴロと胃腸炎について知っていきましょう。

1.胃腸炎とは

胃腸炎の種類がいくつかあるのを知っていましたか?

お腹がゴロゴロして急に発症することもあれば、慢性的に腹痛や下痢、嘔吐や便秘やガス溜まりが起こることも珍しくありません。

学校や職場で流行するような胃腸炎は感染能力が高く、あっという間に広まってしまいます。感染を予防したり広がらないようにするには胃腸炎に対して正しい知識を持ち、経路を塞ぐことが必要不可欠になります。

感染性のない胃腸炎は生活習慣を改善したり自分に合った対策が必要にもなります。しかし、いずれも正しい治療を行っていかないと誤ったやり方をすれば命の危険を伴う症状もあるので注意が必要です。

胃腸炎は急にお腹に激しい痛みとゴロゴロとした感覚が生じ、下痢や嘔吐の症状が発生します。

胃腸炎はウイルスや細菌による感染性急性胃腸炎が多いとされていますが、強いストレスや慢性的なストレスが原因となる神経性胃腸炎によってお腹に激しい痛みやゴロゴロとした感覚を伴います。

胃腸炎について正しい知識を得て対処していくためには急性感染性胃腸炎と神経性胃腸炎それぞれについて知っていく必要があります。

急性感染性胃腸炎

急性感染性胃腸炎とは、ウイルスや細菌による胃腸炎でとウイルス性胃腸炎と細菌性胃腸炎と言われています。

ウイルス性胃腸炎は、ノロウイルスやロタウイルスによるものがほとんどで、主に冬に発生しやすい病気です。ノロウイルスに関してはインフルエンザと共に猛威を振るうため知っている人は多いのではないでしょうか。

また、細菌性胃腸炎は病原性大腸菌やサルモネラ菌が有名ですが、これらが原因で食中毒になる事があります。主に夏に発生しやすい病気で病原性大腸菌O-157と言えば分かる人も多いのではないでしょうか。

主な症状は、吐き気や嘔吐、お腹がゴロゴロと痛くなり下痢になります。場合によっては熱を出す人も。胃の炎症から嘔吐する人と、腸の炎症からお腹が痛くなりゴロゴロと下痢や脱水症状を起こす人に分かれます。

ほとんどは2日もあれば回復しますが、原因や体の状態によって場合によっては下痢が残る場合もあります。

この胃腸炎は感染しやすいのが特徴のため普段から予防しておくのが重要となってきます。トイレの後や食事の前、帰宅後など、こまめに手洗いうがいをし、食品はしっかり過熱してから食べるようにしましょう。

神経性胃腸炎

ストレス性胃腸炎ともいい、胃や腸がストレスを感じる事から炎症を起こすと考えられています。お腹に痛みを感じるものの、内視鏡などで検査をしても何も以上がみつからないのが特徴で医者にかかっても判断しづらいといいます。

主な症状は胃のもたれやムカつき吐き気や胃酸が逆流してくることもあります。その際、胃酸なだけにすっぱさを感じるのが特徴です。

また、腸の運動機能が乱れる事でもお腹が痛くなりゴロゴロという音を立てた後に下痢になることもあります。脳と腸は神経を通じて繋がっており、脳がストレスを感じると腸にもダイレクトに伝わります。そのとき腸に痙攣が起きるために伸縮機能が過剰になり腹痛を起こします。形が整っていないうちに伸縮によって肛門まで促されるため腸内のに水分と一緒に下ってしまい、下痢になります。過剰な動きは腸内に炎症を起こしてしまいます。

お腹が痛くなる時にゴロゴロと腹鳴が鳴るのは消化されるとき、腸が過剰に伸縮している音とされています。

この胃腸炎はストレスが原因とされているため、ストレスを解消し溜めない事が一番の予防法となります。休日にリフレッシュしたりゆっくりすることはとても大切です。

気分の落ち込みやマイナス思考な考えは胃腸炎の原因になります。気持ちの切り替えやポジティブな考えを持つことは病気にならない一番の解決法といえます。

急性感染性胃腸炎と神経性胃腸炎の違い

急性感染性胃腸炎は予兆となるものがなく急に発症することが特徴です。急激な胃腸の痛みや吐き気、嘔吐、下痢の他に熱もある場合は病院に行って診てもらった方がいいでしょう。

神経性胃腸炎の場合は、胃腸の痛みやゴロゴロとした感覚、胃がムカムカしたり下腹部にガスが溜まり張るなどの特徴があります。ストレスを感じるとお腹が痛くなって症状が出始めます。

2.お腹がゴロゴロするしくみ

下腹部が張る、キュルキュルゴロゴロキューっという音がお腹から出ることはないですか?

お腹が鳴ることを「腹鳴」といいます。

良く知られているのは空腹時。仕事中や授業中にお腹がゴロゴロ鳴って恥ずかしい思いをした人も多いのでは?お腹の音は腸の伸縮や、消化器管の中を食べ物や消火液が移動することによって生じます。また、食事中に空気を飲んでしまったり話し中に空気を摂り入れてしまうことでも発生します。

空腹時は食べ物を受け入れるために胃で消化液を作ったり腸を伸縮させて蠕動運動が行われています。そのときの空気の移動が原因でゴロゴロとお腹が鳴ります。

また、食後は胃腸で消化吸収作業が行われています。胃で必要な栄養素を吸収分解し不必要なものを腸が伸縮する蠕動運動により体外へ押し出そうとします。その時にお腹がゴロゴロと鳴り便意の予兆の合図を出すのですが、ストレスを感じると蠕動運動が過剰になることで下痢になります。

また、空気を飲み込む事でゴロゴロすることがあります。食事の時、人は食べ物や飲み物と一緒に空気を飲み込んでいるのを知っていますか?特に早食いの人や話しながら食べる人は空気を飲む量も多く、それが胃腸を移動することでゴロゴロします。

緊張するとき息を飲むとも言いますよね。ストレスで緊張状態にあるとき、息を飲むことで空気が胃腸に入り移動することでお腹がゴロゴロします。

つまり、神経性胃腸炎でお腹がゴロゴロするのはストレスを感じた時に空気を飲み込むことが原因なんです。

3.胃腸炎を予防する為に

急性感染性胃腸炎

胃腸炎を予防するためには菌を体内に入れないことが大切です。

  • 帰宅後のうがい・手洗い
  • トイレ後の手洗い
  • 食事前の手洗い
  • 外出先でのマスクの着用

突然、激しい嘔吐や下痢、発熱の症状が現れたらすぐに病院に行く事が大切です。

神経性胃腸炎

胃腸炎に直結するのは大きなストレス。特に腸はストレスに敏感でお腹がゴロゴロと痛くなる恐れがあるため、過度のプレッシャーや辛い事は避ける必要があります。小さなものも常日頃から感じることはありますが、溜め込んでいては胃腸に影響を与える原因になります。大小関係なしにストレスを感じたら解消するようにしましょう。

リフレッシュしたりゆっくりすることは副交感神経を優位にし安らぎを与えます。仲間とワイワイ騒いだり趣味に没頭するだけでも違います。

真面目な人や繊細な人、後ろ向きな考えの人は胃腸を弱め、胃腸炎になりやすいといえます。細かな点に気が付けたり真面目に取り組むといった点から周囲からよく思われる傾向にありますが、逆に優しすぎたり繊細なため、ネガティブ思考になってしまい、ゴロゴロとお腹を壊すこともあります。

自分が思うより案外周囲は気にしていないものです。相手は相手、自分は自分と割り切ることも大切ですよ。

社会全体でサービス残業や過重労働が取りざたされてる今、一人当たりの仕事量が増加傾向にあります。人手が足りなかったり重要な案件だったりすると自分がやらないとと感じてしまう人は無理をしてしまいます。

しかし、これで病気になってしまっては仕事をするどころか給料をもらう事さえできません。

本当に自分しかいないのか、周囲に手伝ってくれそうな人はいないか確認してみましょう。作業の方法を改善することは自分が無理のない程度に作業が行える一歩となり、コミュニケーションや視野が広がって新しい発想に繋がる場合もあります。

また、体を温めることは血行を良くしたり精神を安らげることに繋がります。

血行が良くなれば臓器の動きが活発になったり、脳が安らげばお腹の運動機能が乱れる事はありません。特に仕事中は神経を張り詰めていることも多く、温かい飲み物飲んだりして仕事中に体を温めることを健康な状態を保つために積極的に行いましょう。

飲み物を飲むことでお腹がゴロゴロするかもしれませんけどね(笑)

4.フラワーエッセンスのご紹介

上記の予防法以外にも神経性胃腸炎にならないためにストレスをフラワーエセンスで解消するという方法があります。

フラワーエッセンスという花療法を知っていますか?

自然界の花や植物には波動というエネルギーが備わっており、それを水に転写しただけの食品なのですが、時に人の心を癒す働きがあります。

大自然の花や植物、動物や鉱物から作られたフラワーエッセンスは肉体に直接作用するわけではありませんが、お腹がゴロゴロと痛む原因であるストレスや心の問題に優しく作用し、癒したりこれまでの考え方や捉え方が変えることがあるんです。

最近では某コスメ雑貨店を中心に注目が集まり、悩める人の力にもなっています。

✳フラワーエッセンス初級講座パート1✳

フラワーエッセンスって何!?フラワーエッセンスを使うことで何が起こるの?など、花の波動水の魅力を分かりやすく解説しています。

詳しくはこちらのページをご覧ください⇒フラワーエッセンスについて

フラワーエッセンスは使う人の意志に反応します。

「~なりたい」という、思うのみの意思から「~なる」という、志す意志になったとき、フラワーエッセンスは精神面に穏やかに作用します。

クリアザオーラブレンド(by Power of flower Healing Essences)

ピリピリしているときや嫌なことがあったとき、自分の周囲の空気や雰囲気も悪くなってしまうものなのですが、このエッセンスは空間の浄化に長けているだけでなく、身体の内側と外側も浄化します。

ブラントゥンユアデイブレンド(by Power of flower Healing Essences)

辛い出来事や憂鬱感、絶望感など後ろ向きの感情全般を自然に和らげてくれます。ひまわりのように未来をみつめ、新しい希望や新たな思考へつなげ前向きになるためのサポートをしてくれます。

目標によっては合うエッセンスは違ってきますので、自分の目的にあったエッセンスは他にあるかもしれませんね。

フラワーエッセンスに興味がある、使ってみたいという方はこちらをご覧ください。

フラワーエッセンスセッション

5.まとめ

いかがでしたか?

以上が「お腹がゴロゴロするのは、胃腸炎に注意!」でした。

お腹がゴロゴロする原因は胃腸炎に対してだけではないため、お腹がゴロゴロするからといって必ずしもすぐに病院に行った方がいいという訳ではありません。しかし、どうしようもないくらいのお腹の痛さがある場合は迷わず医師に相談しましょう。

ストレスに対してだけでなく夏と冬は急性感染性胃腸炎も流行る季節です。自分のスケジュールに胃腸炎になる予定はありますか?健康であってこそ、好きな事ややりたいこと、癒される事が出来るものですよ。

フラワーエッセンスを飲み物に入れるなら、ノンカフェインがオススメ!!

 

こちらの関連記事もご覧ください。

妊婦のお腹はゴロゴロ忙しい、これって便秘?それとも…