お腹がゴロゴロしてるのに…出ないのはなぜ?

お腹がゴロゴロして出そうなのに出ない時ってありますよね。

「少しでもいい、下痢でもいいのに何で出ないんだろう?もうそこまで来てるじゃん!!」

その理由について考えるべく、今回のテーマはお腹のゴロゴロとどうして出ないのかについてです。

1.出そうで出ない

出そうで出ないということは便意があるのに出ないということ。

便意がある時、大腸が動くためお腹がゴロゴロするものです。

お腹がゴロゴロするとき、体内では胃腸で消化吸収作業が行われています。飲食物は胃や腸で必要な栄養素を吸収分解し不必要なものを腸が伸縮することで体外へ押し出そうとします。その時にお腹がゴロゴロと鳴り便意の予兆の合図を出します。

しかし、トイレに行っても出ないときは「しぶり腹」になっている可能性があります。

しぶり腹とは、便意があっても出ない、もしくは少量しか出ないといった症状で、この少量の便も下痢のような水分を豊富に含んだ柔らかい物であること、いつまでも腹痛と残便感が残ってお腹がゴロゴロしてしまうのが特徴です。

お腹の中に便が留まり続けると腸内で腐敗が進み、ガスが発生します。そのガスが発生することで余計にお腹をゴロゴロさせたり張る原因になるため、腸のあたりを押すと痛みさえあります。

また悪臭のするオナラばかりが出て肝心のモノは出ないのも特徴です。

お腹がゴロゴロするのに出ない!?

排便の時にお腹がゴロゴロする原因は食べ物を消化するときなど様々ですが、その一つとして腸内の腐敗ガスであることも挙げられます。

食べ物や飲み物が消化され、大腸に便として3日間留まることで腐敗が進みます。

通常、健康な人であれば3日間も腸に留まることはないのですが、腸の消化機能が何らかの原因で乱れたり鈍ったりしていると排出出来ず、腸内に留まり続けてしまうんです。

腐敗はガスが発生するようになると、腸内に充満し、ゴロゴロ腹鳴させながらお腹を膨張させます。更に腸を内側から圧迫するため痛みさえ引き起こしますが、排便をするときにお腹に力を入れようとすると腸の外側からも圧迫するため、痛みが激しくなり出ない事もあります。

2.病気の可能性

正常な排便の仕組みとして、健康な人は腸で形成された便は排泄される前、肛門の手前にある直腸というところでスタンバイし、そこで腸内の内圧を高め便を排泄する指令を出します。直腸の刺激によって排便意識がコントロールされているといってもいいでしょう。

しかし、お腹がゴロゴロしているのに出ないといったしぶり腹とは、直腸の誤った判断、誤発信により便が出ないのに何度も便意を感じてしまう事をいいます。

原因として一般的に考えられるのは直腸の炎症で、炎症を起こす病気として多いのは潰瘍性大腸炎とクローン病です。

どちらも消化管部分に潰瘍ができるためお腹で便が滞りゴロゴロと腹痛を起こします。遺伝性のある病気ですが、体内に侵入した病原体に対し抵抗しているときに免疫力が消化管に炎症を起こしている可能性もあります。

また、腸膿瘍もしぶり腹の原因で直腸と肛門付近にくぼみが出来、そこに便が入る事で便が出ない事があります。排便時に力んでしまう、事や筋肉の衰えも原因とされています。

また、ストレスで腸が痙攣にしてしまう場合、便秘薬の副作用で腸に下垂やくびれのような引っかかりが出来ても、そこに食べ物が溜まると炎症を起こすケースもあります。

3.出ないから出るへ

お腹がゴロゴロしてても出そうなのに出ないときは無理に出そうとするのは辞めましょう。

水分を摂る

冷たい物や身体を冷やす飲み物、カフェインは避けて白湯やココアハーブティーなど体を温めるものはお腹への刺激が少ないため、腸内に溜まった便を柔らかくしてくれます。またガスは水分に溶けやすい性質があるため、尿として一緒に排出されます。

食事は水溶性食物繊維

食事も溶けやすい水溶性の食物繊維(大根・カブ・じゃがいも・里芋・葉物など)を摂るようにし、肉類は極力控えるか少なめにしましょう。腸内でゴロゴロとスムーズに消化され、腹痛も減ります。オリゴ糖は腸内環境を整える善玉菌を増やす働きがあるため積極的に取るのもいいと思います。ゴボウや玉ねぎ、きなこ、にんにく、納豆などに含まれていますよ。

運動不足解消

また運動不足は消化機能を低下させ、血流を悪くしたり便秘の原因にもなります。お腹周りや足の付け根をよく動かすなどをして血行を良くし運動不足解消につなげましょう。お腹を温め、お腹全体を時計回りにさすることも効果がありますのでぜひやってみてくださいね。

4.フラワーエッセンスのご紹介

フラワーエッセンスという花療法を知っていますか?

自然界の花や植物には波動というエネルギーが備わっており、それを水に転写しただけの食品なのですが、時に人の心を癒す働きがあります。

肉体に直接働きかけるものではありませんが、フラワーエッセンスは心の問題に優しく作用し、これまでの考え方や捉え方が変わることがあるんです。

最近では某コスメ雑貨店を中心に注目が集まり、悩める人の力にもなっています。

✳フラワーエッセンス初級講座パート1✳

フラワーエッセンスって何!?フラワーエッセンスを使うことで何が起こるの?など、花の波動水の魅力を分かりやすく解説しています。

詳しくはこちらのページをご覧ください⇒フラワーエッセンスについて

フラワーエッセンスは使う人の意志に反応します。

「~なりたい」という、思うのみの意思から「~なる」という、志す意志になったとき、フラワーエッセンスは精神面に穏やかに作用します。

例えば、「腸内環境を整えたい」という意思から「腸内環境を整える」という意志になるとどのようなエッセンスが合うでしょうか。

ペティコートダッフォディル(by PHI Essences)

先の見えない闇に包まれていると感じた時に辛い状況にいても自信を取り戻し、喜びを感じられるようになります。

オールドマンバンクシア(by AUSTRALIAN BUSH FLOWER ESSENCE)

何かによって気弱になっていたり、いら立っていたり無気力になっているときに、人生に対する情熱や興味が湧いてくるエッセンスです。

目的や目標によっては合うエッセンスは違うものである可能性もありますので自分にあったエッセンスは他にあるかもしれませんね。

「変わる」と決めたとき、フラワーエッセンスはあなたの意志に反応し、力になってくれますよ。

フラワーエッセンスに興味がある、使ってみたいという方はこちらをご覧ください。

フラワーエッセンスセッション

5.まとめ

いかがでしたか?

以上が「お腹がゴロゴロしてるのに…出ないのはなぜ?」でした。

お腹がゴロゴロするのは空腹時や食後、腹痛、下痢、便、ガスが挙げられるのでお腹がゴロゴロしているからといって便が溜まっているとは限りません。

そのため、自分で判断せず、早めに病院に行く事も悪い病気であるときに早期発見となるカギになるんです。

出そうで出ないときはお腹のゴロゴロにご注意くださいね。

フラワーエッセンスを飲み物に入れるなら、ノンカフェインがオススメ!!

 

こちらの関連記事もご覧ください。

お腹のゴロゴロと下痢を起こす原因とは