妊婦のお腹はゴロゴロ忙しい、これって便秘?それとも…

妊婦の身体はとってもデリケート。特に赤ちゃんがいるお腹周りはちょっとした変化でも気になりますよね。

妊娠中、お腹がゴロゴロ鳴ることがあります。

それは母になる準備で、赤ちゃんが生まれるための準備でもあります。

今回は妊婦のお腹のゴロゴロと便秘について知っていきましょう。

1.妊婦のお腹はグルグルゴロゴロ

赤ちゃんが育まれる場所はちょうどお腹の辺り。

成長に従って外見的にお腹のふくらみも目立つようになりますが一方で内側にも広がっているため、腸も圧迫しているのを知っていますか?腸の圧迫はお腹をゴロゴロさせたり便秘や下痢にさせてしまうことがあります。

妊娠すると妊婦さんの体にはある変化が生まれます。

妊娠初期は女性ホルモンの影響で妊婦は便秘になりやすい

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロテステロン(黄体ホルモン)というホルモンがあり、妊娠すると妊婦さんは黄体ホルモンが急激に増えてお腹の赤ちゃんのために子宮を柔らかくし成長に備えます。

そして、黄体ホルモンが増えると同時に腸の働きが鈍くもなります。

腸の動きが鈍くなるとガス溜まりでお腹がゴロゴロ鳴るようになり、妊婦さんは妊娠初期からお腹が張ったり便秘や下痢に悩まされるようになります。

お腹がゴロゴロぎゅるぎゅる鳴るのは黄体ホルモンの影響なんですね。

黄体ホルモンが増えている間はお腹がゴロゴロして便秘になりやすいですが、後期に入るとこれも減少するため便秘の妊婦は解消されますが、逆に便秘ではない妊婦は下痢になりやすいといいます。

中期に妊婦のお腹がゴロゴロするのは

妊婦さんのお腹も妊娠中期に入るとふくらみ出し、今度はお腹の下辺りでわずかにゴロゴロと感じるようになります。

この、お腹の下辺りのゴロゴロは赤ちゃんの胎動によるものです。

妊娠初期のお腹のゴロゴロと似ているため最初は分かりにくい人も多いのですが、一日一日と過ごすうちにお腹の赤ちゃんも元気に動くためはっきりと分かるようになります。

お腹がゴロゴロ鳴ることで心配になり病院に行く妊婦さんもいるようですが、初期のゴロゴロは腸内でガスが発生しているだけですし、中期は赤ちゃんが元気に動いているだけなので安心してくださいね。

2.妊婦の便秘解消法

便秘は、排出されるべき不要なものが腸機能の低下により腸内に停滞している状態の事です。

妊婦が便秘になると生まれてくる子供がアレルギーやアトピー持ちになりやすいって知ってますか?

腸内細菌に含まれる善玉菌はアレルギーを抑える作用があり、発酵食品や野菜中心の和食には善玉菌を作る要素がたくさんあるのですが、欧米の食生活が定着している現代では善玉菌の摂取量が少ないため、妊婦が便秘の場合、腸に便が詰まっていることで悪玉菌が増え、生まれてくる子供がアレルギーやアトピーになりやすいんです。

また、腸は第2の脳といわれ、脳がストレスを感じると腸の働きにも影響を及ぼします。

妊娠中、妊婦さんはホルモンバランスが乱れやすく、精神的不安定になると脳がそれを察知して神経を通して腸に伝わり腸機能を過剰にして下痢にしたり、鈍らせて便秘にしたりしてしまうんです。

妊婦さんが精神的に安定していれば赤ちゃんも安心した気持ちになります。

お得な5本セットでマタ友と分け合ったりギフトにも最適です☆

便秘を解消するには

黄体ホルモンが増える事で腸機能が鈍ると腸にガスが溜まります。

このガスは食べ物から発生する他に食事や会話中に飲み込んでいる空気の場合もあります。お腹がゴロゴロなっているのはお腹にガスが溜まっている証拠。便秘を解消するためにも軽くスクワットや歩くなどして腸を刺激して便やおならとして排出してあげましょう。

また、便秘にならないようにするためには以下の事を心がけるといいですね。

  • 水溶性食物繊維を多く摂る(じゃがいもや里芋、葉物野菜、大根やカブなど)
  • 水分を多く摂る(カフェインや炭酸、アルコールはNG)
  • 善玉菌を増やす(乳酸菌飲料やヨーグルトなど)
  • 適度な運動

3.妊婦の過敏性腸症候群

過敏性腸症候群は妊婦の間でもなる人が増えており、その原因はホルモンバランスなどの影響によるストレスです。

妊婦になるとホルモン変化によりストレスが溜まりやすくなります。

過敏性腸症候群になると、腸の働きが低下するため便秘になったり、腸の働きが過剰になるため下痢になり、女性はウサギのようなコロコロとした便になり残便感があるといいます。その他にもお腹がゴロゴロと鳴る、お腹が急に痛くなるなどといった症状もあり簡単に書き出すだけでも以下の通りとなります。

  • 妊婦になったら毎日お腹が張っている
  • お腹がゴロゴロと鳴る
  • お腹が急に痛くなることがある
  • 何度もトイレに行きたくなる
  • 吐き気や嘔吐がある
  • 食後にゲップをすることが多くなった
  • オナラがよく出る
  • 偏頭痛がある
  • 食欲がわかない
  • よく汗が出て動悸がある

妊婦になるとストレスにより自律神経の乱れて便秘や下痢が起こりやすくなります。

妊婦のストレスとなる主な原因として、人間関係や旦那の言動、睡眠不足や運動不足、やることが溜まっているのに思うように進まない事や食生活が不規則である事も挙げられます。

内臓は脳から張り巡らされた自律神経によってコントロールされていますが、腸に関しては脳と直接神経でつながっておりストレスを感じ緊張や興奮する作用のある交感神経が優位になるとそれが腸に直接伝わり、痙攣させ伸縮する機能を乱します。その結果、便秘にも下痢にもなってしまうんです。

妊婦の過敏性腸症候群はストレスの影響で腸が弱っている可能性があるため、ストレスを解消したり生活習慣を改善することでよくなることがあります。

4.フラワーエッセンスのご紹介

フラワーエッセンスという花療法を知っていますか?

自然界の花や植物には波動というエネルギーが備わっており、それを水に転写しただけの食品なのですが、時に人の心を癒す働きがあります。

成分や副作用がなく妊婦さんでも赤ちゃんにも使える自然の力です。

妊娠中の不安や動揺、戸惑いなどフラワーエッセンスは心の問題に優しく作用し、これまでの考え方や捉え方が変わることがあるんです。

✳フラワーエッセンス初級講座パート1✳

フラワーエッセンスって何!?フラワーエッセンスを使うことで何が起こるの?など、花の波動水の魅力を分かりやすく解説しています。

最近では某コスメ雑貨店を中心に注目が集まり、悩める人の力にもなっています。詳しくはこちらのページをご覧ください⇒フラワーエッセンスについて

妊娠中のストレス解消のサポートをしてくれるエッセンスを紹介します

ボトルブラシ (by オーストラリアンブッシュフラワーエッセンス)

これから生まれてくる新しい命との絆を強化するエッセンスです。初めての妊娠や出産といった転機に感じる心身の動揺にも役立ちます。

パイナップルウィード(by アラスカンエッセンス)

妊婦に起こりがちな心身の動揺など様々な問題への対処をサポートしてくれます。

5.まとめ

いかがでしたか?

以上が「妊婦のお腹はゴロゴロ忙しい、これって便秘?それとも…」でした。

以前に便秘や下痢気味だった人が妊婦になると復活したり、もともと便秘や下痢の人が妊婦になることで悪化する人もおり、妊娠中は気をつける事がたくさんあると思います。

病院に行って薬を処方してもらう人もいます。

とはいえ、あまり過敏になるとかえってストレスとなりますのでゆったりと構えることも必要ですね。

胎動によるお腹のゴロゴロは赤ちゃんが元気だと教えてくれている証拠なので会える日を楽しみに一日一日を過ごしましょう。

フラワーエッセンスはハーブティーに入れてもオススメです!

こちらの関連記事もご覧ください。

お腹がゴロゴロしてるのに…出ないのはなぜ?